スッキリ耳掃除できると好評の「至福の360度耳かき綿棒」シリーズに待望の黒色が登場!「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」を販売

プレスリリース発表元企業:株式会社山洋

配信日時: 2021-06-24 09:00:00

スッキリ耳掃除できると好評の「至福の360度耳かき綿棒」シリーズに待望の黒色が登場!「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」を販売


耳かきのかき心地と綿棒の優しい触感を兼ね備えているため、360度ぐるっと効率よく耳垢をかき出し、仕上げに綿球で耳を拭える“耳かき綿棒”に新色が登場。「耳垢をしっかりキャッチしてかき出すので使いやすく、耳掃除の後もスッキリ爽快」という評価をいただいた白色に続き、通常の綿棒でも人気の黒色が加わりました。

お客様に喜ばれるモノづくりを目指して“綿棒一筋50年以上”の綿棒メーカー、株式会社山洋(本社:大阪府富田林市、代表取締役社長:日比 努)は、耳かきのかき心地と綿棒の優しい触感を兼ね備えた“耳かき綿棒”「至福の360度耳かき綿棒」シリーズの新作として、黒い綿を使用した「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」を、2021年4月1日(木)より販売開始いたしました。

▼「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」商品ページ:https://www.sa-n-yo.co.jp/360-swab/#kuro

▼「至福の360度耳かき綿棒」シリーズ特設webページ:https://www.sa-n-yo.co.jp/360/


■耳かきのかき心地と綿棒の優しい触感を兼ね備えた新しい形状の綿棒
「至福の360度耳かき綿棒」は、耳かきのかき心地と綿棒の優しい触感を合わせ持つ、新しい形状の綿棒です。先端部分が綿でできているため、竹やプラスチック、金属の耳かきよりも柔らかい感触でありながら、耳垢をしっかりとかき出すことができます。耳掃除は「綿棒より耳かき派」という方にもぴったりの商品です。


■「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」3つの特徴
<「至福」と「国産」を表現したパッケージ>
商品のパッケージに「至福」の文字を入れ、“心地よさ”や“快適さ”を前面にアピール。黒を基調としたデザインに、高級感を連想させるゴールドを入れることで「最高のリラックス」を表現しました。山洋が製品イメージとしてこだわる「国産」を想起させる、落ち着いた色合いのパッケージに仕上げています。

<商品名にも「至福」のキーワード>
「耳掃除の時間を、“ほっ”とリラックスできる時間に」との願いを込めて、商品名に心地よいリラックスタイムを連想させる「至福」のワードを入れました。

<360度かき出せる形状>
「至福の360度耳かき綿棒」は、片方がエノキ茸のような円盤型の耳かきに、もう片方はスタンダード型の綿球となっています。360度ぐるっと効率よく耳垢をかき出し、仕上げに綿球で耳を拭えるので、機能的で使い心地のよい商品です。


■「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」製品概要
商品名:黒い至福の360度耳かき綿棒 100本
入り数:100本
寸法(ミリ):横68×奥行68×縦83
重量:63グラム
価格:オープン(参考価格:275円/税込)
原材料:綿、紙軸、抗菌剤:キトサン(綿表面)
JAN:4936613072751
GTIN:14936613072758


■黒綿棒の高い人気を受け、新色として展開
ユーザーの皆様から、「耳垢をしっかりキャッチしてかき出すので使いやすく、耳掃除の後もスッキリ爽快」という評価をいただいてきた「360度耳かき綿棒」シリーズ。発売から3年が経った2020年9月、「より心地よさが伝わるパッケージに、見た目からも“ほっ”と落ち着ける綿棒にしたい」との想いから商品のパッケージをリニューアルしました。

まずは一般的な白い綿を使用した「360度耳かき綿棒(至福) 100本」を発売しましたが、通常の綿棒においても黒色の人気が高いことから、この度、新色として黒い綿を使用した「黒い至福の360度耳かき綿棒 100本」を開発しました。

創業より50年以上の歴史を有する山洋では、一般向けの綿棒や、工業用・医療用・検査用などの、各分野における綿棒を研究・開発し、生産してきました。今後も、「お客様に喜んでいただける商品」を作り続けてまいります。


【株式会社山洋について】
本社:〒584-0022 大阪府富田林市中野町東2-2-6
代表者:代表取締役社長 日比 努
設立:1980年5月
電話番号:0721-24-3376
URL:https://www.sa-n-yo.co.jp
事業内容:綿棒・綿球の製造、販売


【一般の方向けのお問い合わせ先】
企業名:株式会社山洋
担当者名:営業部 企画開発G 上田 智也
TEL:0721-24-3376
Email: ueda@sa-n-yo.co.jp



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress