自動車用データロガーの市場規模、2026年に43億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-06-22 10:00:00

自動車用データロガーの市場規模、2026年に43億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「自動車用データロガーの世界市場 - 業界分析と予測:2020年~2026年」(KBV Research)の販売を6月21日より開始いたしました。

自動車用データロガーの市場規模は、2020年~2026年にCAGR6.6% で成長し、2026年には43億米ドルに達すると予測されています。データロガーは、一定の期間の事象を記録する電子機器のことをいいます。また、人や車の安全を確保するために、自動車用データロガーとして車に搭載されています。自動車用データロガーの需要は、技術の進歩と道路交通量の増加に影響を受けています。同時に、厳しい排出ガス規制や多種多様な高級車、複雑な電子構造など、現代特有な機能に対応する必要性があります。

自動車のさまざまな機能の最適化に、技術の進歩は役立っています。自動車用データロガーは、単純な性能評価から新しいアプリケーションの複雑な開発まで、さまざまな目的で使用されています。自動車の振動、温度、衝撃、加速度などの要因を観測するために、業界では高度なソリューションの導入が進んでおり、自動車や人の安全性を最適化しています。また、先進的な電子回路を利用した自律走行試験の需要も、自動車用データロガー市場を押し上げています。しかし、データ収集システムのコストの高さや、データロガーの設置やメンテナンスに必要な熟練した技術者不足が、今後の市場の成長を制限しています。

エンドユーザー別見通し

市場はエンドユーザー別に、サービスステーション・政府機関とOEMに分けられます。規制機関のカテゴリーは、業界が自動運転車や環境に配慮した自動車の製造を優先していることから、急速に拡大することが予測されます。そのため、古い規制を更新し、新しい法律を作る必要があります。規制機関は最新の自動車の動作を理解する必要があり、そのデータを得るために、データロガーは規制機関のテストセンターで広く活用されています。

アプリケーション別見通し

市場はアプリケーション別に、ポストセールスとプリセールスに分けられます。ポストセールスアプリケーションは、さらにADAS・セーフティ、フリートマネジメント、自動車保険、その他に分けられます。プリセールスアプリケーションのセグメントの増加は、自動車業界では、主に販売前にデータロガーが使用されていることに起因しています。データロガーは、実験室や実車でのテストにおけるOEMの労力を大幅に軽減し、最新の製品や技術の市場投入までの時間を短縮します。

接続タイプ別見通し

市場は接続タイプ別に、USB & SDカードとBluetooth/Wi-Fiに分けられます。現在、今後有望な成長を示すのは、Bluetooth/Wi-Fiカテゴリーです。しかし、SDカードカテゴリーも、安価、かつデータ損失の可能性を減らすことができるため、需要を伸ばすと推定されています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/kbv988548-global-automotive-data-logger-market-by.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress