業界最小(※1) 車載用カメラ/アンテナ接続診断用 ハイサイドスイッチ「S-19682/3 シリーズ」発売

プレスリリース発表元企業:エイブリック株式会社

配信日時: 2021-06-22 10:00:00

S-19682_3_NR

S-19682_3_Limit-current-accuracy_NR

s-19682_3_Ultra-small-package_NR説明あり

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/263504/img_263504_3.png

エイブリック株式会社(社長:石合 信正、本社:東京都港区、以下:ABLIC)は本日より、車載用ハイサイドスイッチ「S-19682/3シリーズ」の販売を開始しました。

自動車業界はCASE(コネクテッド化、自動運転化、シェア/サービス化、電動化)を軸とした技術革新が急速に進んでおり、100年に一度の大変革時代と言われています。CASEの中の「自動運転化」に必要な先進運転支援システム(ADAS)や自動運転(AD)システムがあります。こうしたシステムに対してより高い堅牢性が求められる中、ADAS/ADシステムを制御するユニット(ECU: Electronic Control Unit)と、車載用カメラをはじめとする様々なカメラ/センサ/アンテナから発する外部情報との接続の確からしさが大変重要です。
通常、ECUと車載用カメラなどのカメラ/センサ/アンテナは、各々離れた位置に配置されることが多いことから、間をつないでいるハーネスの短絡や断線、過電流による誤動作や破損といったリスクがあり、何等かの対策が求められます。こうしたトラブルにつながる異常を検出した際に、カメラ/センサ/アンテナとECUとの接続を遮断し機器の安全を確保するために、ハイサイドスイッチの需要が高まっています。

ハイサイドスイッチは外部からの信号で回路のON/OFFを行うことができる半導体で、スイッチのON/OFFにより通電/遮断を制御します。今回発売する接続診断用ハイサイドスイッチ「S-19682/3シリーズ」は電流モニタ機能を有するため、ECU側でカメラ/センサ/アンテナに流れる電流を簡単にモニタすることができます。これにより、カメラ/センサ/アンテナの接続状態を診断でき、接続エラーや異常を検出した際には「S-19682/3シリーズ」側のスイッチをオフすることで負荷を切り離すことができます。さらに、電流リミット機能も備えており、設定電流以上の電流が流れることを防止できるため、より安全な設計を実現します。
また、ハイサイドスイッチには、1パッケージあたり多チャネルのものと1チャネルのものがあり、一般的に多チャネル品の方が1チャネル当たりの面積が小さくECUの小型化には重宝される一方で、基板上の配置に制約が付くなど、設計の自由度に課題が残りました。
「S-19682/3シリーズ」は、1パッケージ1チャネル品として業界最小(※1)のHSNT8(2.0×3.0×t0.5mm)パッケージを採用し、多チャネル品と比較した際の1チャネル当たりの専有面積でも業界最小を実現しています。これにより設計自由度が向上したことに加えて、既述の通り接続診断用としての機能を備えているため、ADAS/ADシステムに対応する昨今の車載用機器のニーズに応える製品となっています。

(ハイサイドスイッチ イメージ図)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/263504/img_263504_2.png

なお、「S-19682/3シリーズ」はPPAP(Production Part Approval Process: 生産部品承認プロセス)に対応しており、車載ICの品質規格AEC(*)-Q100 Grade1(*Automotive Electronics Council: 車載電子部品評議会)にも対応予定です。


【主な特長】
1. 業界最小!超小型パッケージ「HSNT-8(2030)(2.0×3.0×t0.5mm)」を採用
「S-19682/3シリーズ」は、36V動作、600mA出力のハイサイドスイッチとして業界最小パッケージサイズを採用。車載カメラモジュールや各種車載コントロールユニットの小型化に貢献できます。
さらに従来品に比べて周辺部品を削減可能な構成にすることにより、周辺部品を含めたフットプリント面積も業界最小サイズを実現することが可能です。

2. リミット電流のバラつきが小さい
「S-19682/3シリーズ」は、リミット電流の精度が±10%(ILIM≧200mA)と高精度です。電流監視及びリミット電流設定に必要な周辺部品が不要となる構成であるため、周辺部品によるバラつきがなくなります。これにより、周辺部品を含めたトータルの電流リミット精度の高精度化を実現しています。


3. 様々なアプリケーションで柔軟な接続診断を実現
「S-19682/3シリーズ」は、高出力電流600mA(S-19683シリーズ)、高精度リミット電流±10%(ILIM≧200mAのハイサイドスイッチ)で、負荷電流に比例した電圧を出力するCSO端子を備えています。CSO端子は状態出力端子も兼ねるため、MCUでCSO端子電圧をモニタするだけで、カメラ/センサ/アンテナ等の電流モニタと接続状態(オープン/通常/地絡/天絡)の診断が可能です。
多機能化が進む車載カメラ、ADASロケータなど様々なアプリケーションの接続診断をシンプルな構成で実現できます。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/263504/img_263504_1.png

4. 各種保護機能でお客様に安全・安心を提供
「S-19682/3シリーズ」は、電流モニタ機能に加え、サーマルシャットダウン、電流リミットの2つの保護回路も内蔵。さらに過電圧検出及びUVLO(Under Voltage Lock Out)回路も内蔵しています。
「S-19682/3シリーズ」なら、シンプルな回路構成で車載機器の更なる安全性向上に貢献します。

5. 36V入力/45V定格
「S-19682/3シリーズ」は、入力電圧36V、定格45Vの高耐圧製品のため、直接12V鉛バッテリーに接続することが可能です。


【主な仕様】
・入力電圧 : 4.5 V ~ 36.0 V
・制限電流 : 100 mA ~ 300mA (S-19682 シリーズ)
: 300 mA ~ 600mA (S-19683 シリーズ)
・制限電流精度: ±10 % (S-19683 シリーズ)
: ±10 % (S-19682 シリーズ、ILIM≧200mA)
: ±12 % (S-19682 シリーズ、150mA≦ILIM<200mA)
: ±15 % (S-19682 シリーズ、ILIM<150mA)
・オン抵抗 : 0.6 Ω typ.、 1.0 Ω max.
・消費電流 : 55 μA typ. (動作時)
: 0.6 μA typ. (停止時)
・サーマルシャットダウン回路を内蔵(ラッチ方式、ヒステリシス方式)
・過電圧検出回路を内蔵
・UVLOを内蔵
・鉛フリー(Sn 100%)、ハロゲンフリー
・AEC-Q100進行中(※2)

【用途例】
・車載カメラモジュールの接続診断
・車載サラウンドカメラECU
・GPSアンテナなどのリモートLNAファンタム電源
・ADASロケータ
・e-call
・カーナビゲーションシステム
・カーオーディオシステム

【車載用接続診断IC ラインナップ】
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/263504/img_263504_4.jpg



【製品詳細】
https://hub.ablic.com/ja/products/s-19682-19683

【Web サイト】
https://www.ablic.com/

(※1)36V動作600mA出力の車載ハイサイドスイッチとして。2021年6月 当社調べ
(※2)詳細は、弊社販売窓口までお問い合わせください。

エイブリック株式会社は、2020年4月30日付でミネベアミツミ株式会社の100%子会社となりました。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press