LINEを活用した販売活動のDXを支援 京王百貨店の「Keio BEAUTY」「京王百貨店 新宿店」LINEミニアプリを開発支援

プレスリリース発表元企業:株式会社アイリッジ

配信日時: 2021-06-17 15:00:00

160万人の京王パスポートカード会員に向けたOne to Oneマーケティングを実現

 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、東京証券取引所マザーズ:3917、以下「アイリッジ」)は、株式会社京王百貨店(本社:東京都新宿区、取締役社長:駒田 一郎、以下「京王百貨店」)が2021年3月29日に提供開始した「Keio BEAUTY LINEミニアプリ」ならびに2021年6月17日に提供開始した「京王百貨店 新宿店LINEミニアプリ」を開発支援したことを発表します。両アプリはいずれも京王パスポートカード会員のお客さま向けに、会員限定の情報発信や特別優待などを提供し、売場の“ファンづくり”を行うLINEミニアプリです。京王パスポートカード会員情報とLINEアカウントの紐付けにより、お客さま一人ひとりに合わせたコミュニケーションを実現し、販売活動や顧客サービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援します。開発には、会員証機能を持つLINEミニアプリ開発を低コスト・短納期で実現するアイリッジの「FANSHIP for ミニアプリ」(旧・LINEミニアプリ構築プラットフォーム)を使用しています。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11255/264/resize/d11255-264-555739-0.png ]




「FANSHIP for ミニアプリ」でのLINEミニアプリ開発の背景

 京王百貨店では、ショッピングや電車・バスなどの利用で京王グループ共通ポイントをためたり使ったりできる会員サービス「京王パスポートカード」を提供しています。京王百貨店新宿店においては、友だち登録者数5万人を超えるLINE公式アカウントも運営していますが、LINE公式アカウントでは自社会員情報と紐づけた施策は行えないため、これまで会員情報に基づくお客さまへのサービスやアフターフォローは、主にアナログで行われてきました。しかし、昨今のデジタル化の加速により多様化するお客さまの購買行動や、コロナ禍で高まるECの購買需要への対応として、デジタルでの顧客接点拡大と顧客一人ひとりに合わせたサービス提供の必要性が急務となったことから、今回、会員情報と紐づけた施策の行えるLINEミニアプリのスピーディーな開発が可能なアイリッジの「FANSHIP for ミニアプリ」が選ばれました。


「Keio BEAUTY LINEミニアプリ」と「京王百貨店 新宿店LINEミニアプリ」の特長

 「Keio BEAUTY LINEミニアプリ」と「京王百貨店 新宿店LINEミニアプリ」は、京王パスポートカード会員向けに、デジタル会員証発行、アプリ会員限定のアップポイント優待、会員限定サンプルクーポンの発行、新商品発売情報や特集ページの閲覧などを提供するLINEミニアプリです。会員証機能を通じたLINEアカウントと京王パスポートカード会員情報の紐付けにより、お客さまとのOne to Oneコミュニケーションを実現し、販売活動や顧客サービスのDXを支援します。

 「Keio BEAUTY LINEミニアプリ」は好調領域である化粧品専用ミニアプリで、コスメ関連ニュースや店舗で利用できるクーポン、アプリ内で告知する商品が購入出来るECサイトへのリンクなどを提供します。また「京王百貨店 新宿店LINEミニアプリ」は京王百貨店新宿店専用ミニアプリで、催事情報やキャンペーン情報をはじめとした京王百貨店新宿店のニュースや、クーポン、ECサイトへのリンクなどを提供します。京王パスポートカードをお持ちのお客さまは、京王百貨店店頭などに設置されたQRコードからそれぞれのミニアプリ登録画面にアクセスし、京王パスポートカード会員情報を入力することで、会員限定の特別優待や自分に合ったサービスが受けられるようになります。


今後の展望

 先行して提供開始している「Keio BEAUTY LINEミニアプリ」では、会員限定ポイントアップやサンプルクーポン発行、コスメカレンダーやビューティー情報発信などの施策により、提供開始から3ヶ月弱で約1万人にデジタル会員証を発行しており、お客さまとの新たなタッチポイントを広げてきています。今後は、京王百貨店新宿店全館の情報を扱う「京王百貨店 新宿店LINEミニアプリ」にてより幅広いお客さまへのサービス提供を行い、顧客利便性の向上と購入機会増を目指します。アイリッジでは今後も、アプリの拡張開発や活用提案、マーケティング支援を通じて、京王百貨店のファンづくりを支援してまいります。


「Keio BEAUTY LINEミニアプリ」について

・提供開始日
2021年3月29日

・主な提供機能
デジタル会員証発行、京王百貨店 新宿店1・2階 化粧品売場を対象とした アプリ会員限定のアップポイント優待、会員限定サンプルクーポンの発行、新商品発売情報や特集ページの閲覧など

・LINEミニアプリ登録画面URL

[画像2: https://prtimes.jp/i/11255/264/resize/d11255-264-683045-1.png ]

https://liff.line.me/1655698551-JQbL77eB


「京王百貨店 新宿店 LINEミニアプリ」について

・提供開始日
2021年6月17日

・主な提供機能
デジタル会員証発行、京王百貨店新宿店全館を対象とした アプリ会員限定のアップポイント優待、会員限定サンプルクーポンの発行、新商品発売情報や特集ページの閲覧など

・LINEミニアプリ登録画面URL

[画像3: https://prtimes.jp/i/11255/264/resize/d11255-264-309931-2.png ]

https://liff.line.me/1655991647-lz6DGX5B


FANSHIP forミニアプリとは

 アイリッジの「FANSHIP forミニアプリ」とは、アイリッジが提供するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」の機能を活用したLINEミニアプリ開発プラットフォームです。会員証機能やクーポン機能を持つLINEミニアプリを短期間かつ安価に開発可能で、店頭顧客への手軽なオンラインタッチポイントを持ちたい企業向けに展開しています。また、ご要望に合わせてカスタマイズや機能拡張にも対応しています。
https://fanship.jp/miniapp/


FANSHIP(ファンシップ)とは

 「FANSHIP」は、顧客を優良顧客へと育成し売上・利益を最大化するファン育成プラットフォームです。顧客のオンライン行動履歴とオフライン行動履歴、CRMデータを取得・分析して結び付きの強さ(ファンレベル)ごとにセグメンテーションでき、分析後は、自社アプリでの施策に加え、LINEを通じたコミュニケーションが有効な顧客にはLINE公式アカウントでのプッシュ通知やOne to Oneトーク等での施策も可能です。金融機関での導入事例も多く、メガバンクを始めとして約50の機関をご支援しています。
https://www.fanship.jp/


LINEミニアプリとは

 LINEミニアプリは、「LINE」アプリ上で企業の自社サービスを提供可能にするウェブアプリケーションです。「アプリダウンロードや煩雑な会員登録が不要」「LINEアプリ内外からクイックな起動」「重要なお知らせをLINEのトークで確実に通知」など、LINEミニアプリならではの特長で“快適なサービス体験”をユーザーに提供できます。また、LINEミニアプリを提供する企業は、利用するユーザーのLINEアカウントに紐づいたユーザーデータを取得し、サービスの改善や「LINE公式アカウント」「LINE広告」等を通じたマーケティング施策に活用いただけます。
詳細は公式サイトをご確認ください。
https://www.linebiz.com/jp/service/line-mini-app/


株式会社アイリッジ

 株式会社アイリッジは、「Tech Tomorrow:テクノロジーを活用して、昨日よりも便利な生活を創る。」という理念のもと、スマートフォンを活用した企業のO2O(Online to Offline)/OMO(Online Merges with Offline)支援を軸に、フィンテック、不動産テック、VUI(音声インターフェース)等、幅広い領域で事業を展開しています。O2O/OMO支援ではアプリの企画・開発における業界トップクラスの実績に加え、アプリのマーケティング施策にも強みを持ち、ユーザーごとに結び付きの強さを判断し優良顧客へと育成するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」を通じて、購買促進やCX改善の支援を行っています。
https://iridge.jp/

PR TIMESプレスリリース詳細へ