IIoTプラットフォームの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
IIoTプラットフォームの市場規模、2026年に137億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「IIoTプラットフォームの世界市場 (~2026年):プラットフォーム (デバイス管理・アプリケーションの有効化・コネクティビティ管理)・サービス・用途 (予知保全・プロセス最適化・自動化制御)・産業・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月10日より開始いたしました。

IIoTプラットフォームの市場規模は、2020年の60億米ドルからCAGR14.8%で成長し、2026年には137億米ドルに達すると予測されています。IIoTプラットフォーム市場の成長を促進する主な要因としては、資産の集中監視や予知保全ニーズの高まり、産業界における自動化の需要の高まり、IoTデバイスの普及、費用対効果に優れたインテリジェントな接続デバイスやセンサーの増加、IoTに関連する研究開発活動に対する政府の取り組み、IPv6の登場などが挙げられます。

COVID-19のIIoTプラットフォームの市場に対する影響

COVID-19パンデミックでは、ヘルスケア、公益事業、製造業、輸送・物流など、さまざまな業種でIoTデバイスの導入が進みました。そのため、これらの産業分野では、IIoTプラットフォームの需要が高まっています。例えば、ヘルスケア分野では、遠隔患者モニタリング、遠隔診断などの遠隔医療ソリューションや、コネクテッド・アンビュランス、コネクテッド・ワーカーなどのソリューションを含むアプリケーション分野で、IIoTプラットフォームの利用が増加しています。COVID-19の感染者数の増加に伴い、患者や医療機関のスタッフの状況を改善するためのIoTベースのソリューションの需要が高まっています。さらに、COVID-19によるエネルギー産業への深刻な影響から、ビジネスリーダーたちは、インフラにおける現場作業員の手作業に代わるものとして、IIoTプラットフォームを考えるようになりました。企業は、遠隔監視、警告・通知、遠隔サービス・制御、予測分析・予防保守などのインテリジェント資産管理ソリューションを検討し始めています。これは過去のデータやリアルタイムのデータ分析を用いて潜在的な故障に対処するものです。

IIoTプラットフォームは、様々なデバイス、センサー、機械、ルーター、コントローラー、ゲートウェイ、エッジコンピューティングシステムを一元的に接続し、ビジネスプロセスを合理化し、業務効率を向上させます。IIoTプラットフォームは、テクノロジースイートとして消費される場合と、オープンな汎用アプリケーションプラットフォームとして消費される場合があり、また両方を併用する場合もあります。IIoTプラットフォームは、産業用資産とその運用環境に関連する安全性、セキュリティ、ミッションクリティカル性の要件をサポートするように設計されています。さらに、IoTエンドポイントとイベントストリームを監視し、さまざまなメーカーや業界独自のプロトコルをサポートします。さらに、IoTエッジやクラウド上のデータを分析します。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama998614-iiot-platform-market-by-platforms-device.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース