電子メール暗号化の市場規模、2026年に118億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
電子メール暗号化の市場規模、2026年に118億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「Eメール暗号化の世界市場 (~2026年):コンポーネント (ソリューション・サービス)・タイプ (エンドツーエンド・ゲートウェイ・ハイブリッド・クライアントプラグイン)・展開区分 (オンプレミス・クラウド)・組織規模・産業 (BFSI・IT&ITeS・通信)・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月10日より開始いたしました。

電子メール暗号化の市場規模は、2020年の34億米ドルからCAGR23.1%で成長し、2026年には118億米ドルに達すると予測されています。市場を牽引する主な要因としては、BEC詐欺やスピアフィッシングの増加、電子メールユーザー数の増加、クラウドベースの電子メール暗号化サービスへの需要の高まり、データ保護指令への対応義務化などが挙げられます。電子メールの暗号化は、暗号化キーを用いてデータを暗号化することで、電子メールで伝達する必要のある情報を保護することができます。企業や個人間のコミュニケーションにおける電子メールの使用が急増しているため、機密情報が不特定多数の人に知られる可能性があります。そのため、企業はデータの盗難や紛失を防ぐために電子メール暗号化ソフトウェアを導入するようになりました。さらに、これらのソリューションは、スパム、マルウェア、ウイルス、BEC(Business Email Compromise)攻撃、ゼロアワー・マルウェア、その他企業の重要な情報やインフラを危険にさらす可能性のある侵入など、サイバー攻撃の防止にも役立ちます。

COVID-19による電子メール暗号化市場への影響

COVID-19パンデミックの影響で、オンラインビジネスへの依存度が著しく高まっています。BFSI、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造業、自動車、小売、運輸・物流などが、インターネットを活用して消費者に必要なサービスを提供しています。COVID-19パンデミックの危機の中、様々な政府や規制当局は、官民双方の企業に対し、在宅勤務やソーシャルディスタンスの確保という新しい慣行を取り入れることを義務付けました。それ以来、デジタルな方法でビジネスを行い、ホームサーバーで電子メールを使用することが、様々な組織の新しい事業継続計画(BCP)となりました。世界中でモバイル機器やインターネットが普及したことで、個人が電子メールの暗号化、電子メールのセキュリティ、DLP(Data Loss Prevention)などのデジタル技術を利用する傾向が高まっています。フィッシングや電子メール詐欺の発生率はパンデミックの中で急増しており、企業は電子メールサーバに保存されている機密データの保護に関して、より慎重になっています。電子メール暗号化ソリューションは、電子メールのデータを暗号化することで、サイバー攻撃から企業のリソースを守ることができます。

牽引要因:BEC詐欺とスピアフィッシングの増加

ここ数年、電子メールを使ったフィッシング詐欺やBEC詐欺などの巧妙なサイバー攻撃により、企業は莫大な金銭的損失を被っています。BEC詐欺で、犯人は企業の電子メールアカウントを利用して、顧客や従業員、パートナーになりすまして、犯人の口座への振り込みを承認するなどの行為を行います。また、データを盗むスピアフィッシングなどの不正行為も増加しています。メールデータを保護するためには、メール暗号化ソリューションやサービスの利用が有効です。機密情報を盗み出すスピアフィッシング行為や、標的となるユーザーのデバイスにマルウェアをインストールするなどの攻撃が、COVID-19パンデミックの不安材料を利用して、さらに増加しています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama998617-email-encryption-market-by-component-solutions.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 日産アリア limited(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • (c) 2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
 

広告

ピックアップ 注目ニュース