トルクセンサーの市場規模、2026年に90億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

配信日時: 2021-05-10 17:00:00

トルクセンサーの市場規模、2026年に90億米ドル到達予測


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「トルクセンサーの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):タイプ (回転型・反応型)・用途 (自動車・検査&測定・工業・航空宇宙&防衛)・技術・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を5月7日より開始いたしました。

トルクセンサーの市場規模は、2021年の68億米ドルからCAGR5.7%で成長し、2026年には90億米ドルに達すると予測されています。磁気弾性体から表面弾性波(SAW)まで、さまざまな技術に基づくさまざまなタイプのトルクセンサーが世界中で導入されています。これらは、広く使われているストレインゲージ技術よりも優れているだけでなく、様々なニッチアプリケーションに最適です。

COVID-19のトルクセンサー市場に対する影響

COVID-19パンデミックは、トルクセンサー市場にも影響を与えています。このパンデミックの影響は、トルクセンサーの種類によって異なります。産業機器の多くは固定式であり、リアクショントルクセンサーが装備されています。リアクショントルクセンサーは、主に試験・計測や産業用アプリケーションで使用されています。したがって、これらのセグメントの成長は、他のセグメントに比べて影響が少ないと予想されます。一方、自動車や航空宇宙・防衛用途に使用される他のタイプのトルクセンサーの市場は、パンデミックが産業の運営に大きな影響を与えるため、より大きな影響を受ける可能性があります。回転式トルクセンサーの主なエンドユーザーは、自動車産業と航空宇宙・防衛産業です。これらの産業はいずれも、旅行規制や消費者心理の低下により、自動車需要の減少や航空機の発注数の減少など、悪影響を受けています。

牽引要因:トルク計測の重要性の高まり

トルク計測は、エンジンやトランスミッションのテスト、タービンテスト、ポンプテスト、推進システム内のパワー計測などの技術的なアプリケーションにおいて重要です。内燃機関や産業用モーターの開発において、トルクは重要なパラメータの一つです。また、薬瓶のスクリューキャップやエンジンなど、角運動量を得るほとんどの機械では、機械性能を向上させるためにトルク計測が必要となります。トルクセンシングは、機械やエンジン、組み込みシステムの効率を上げるための手法の一つです。さらに、トルクセンサーは、モーター、電動工具、タービン、発電機などの監査ツールとしても使用されています。そのため、トルクセンサーの需要はここ数年で増加しており、今後もその傾向は変わらないと考えられます。

抑制要因:ハイエンドアプリケーションにおけるトルクセンサーの信頼性の低さ

航空宇宙、船舶、レースなどの最も要求の厳しいアプリケーションでは、スムーズで信頼性の高い計測のために、最高の精度と信頼性を備えたトルクセンサーが必要とされます。しかし、抵抗膜方式やピエゾ抵抗膜方式のストレインゲージでは、シャフトの回転に伴う温度変動による誤差が発生することが知られており、これが問題となっています。航空宇宙分野で採用されるセンサーには、燃焼室のすぐ近くに組み込むことができるよう、高温耐久性が求められます。最近では、既存のトルク計測技術を改良して精度を向上させる試みが成功していますが、大規模なアプリケーションではまだ問題が残っています。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama999050-torque-sensor-market-covid-impact-analysis-by-type.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。


【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress