小金井市、東京学芸大学、NTT Comによる、「GIGAスクール構想による個別最適化された深い学び等の実現に関する連携協定」の締結について

プレスリリース発表元企業:東京都小金井市 国立大学法人東京学芸大学 NTTコミュニケーションズ株式会社
連携のイメージ

東京都小金井市(以下 小金井市)、国立大学法人東京学芸大学(以下 東京学芸大学)、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下NTT Com)は、「GIGAスクール構想による個別最適化された深い学び等の実現に関する連携協定」(以下 本協定)を2021年4月20日に締結しました。
本協定は、小金井市の小中学校に導入された、1人1台のパソコンおよびクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」(※1)などを活用し、児童生徒1人1人に最適化された学習、協働学習による学び合い、遠隔授業の実現など、全国でも先進的な教育モデルの構築を目的としています。

1.背景および本協定の概要
小金井市は、ICTを活用することで情報リテラシーを身に付けつつ、知識獲得に要する時間を効率化し、熟考・対話・体験活動の時間へとシフトさせることで、児童生徒が自分らしく生きていく力をつける教育の実現を目指しています。新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校措置時にも、いち早くWeb会議システムや「まなびポケット」を活用した遠隔授業を実現し、全国的にも注目を集めました。
一方で、これらの教育を実現するためには、ICT環境の整備だけでは十分でなく、教員のICT技能の向上や、授業設計の在り方の研究など、さまざまな変革が必要となります。

この課題を解決するため、小金井市と、教員養成大学として教科教育に強みをもつ東京学芸大学、「まなびポケット」を提供し教育のICT化に強みをもつNTT Comが各々の人的、物的、知的資源を持ち寄り連携協力します。

主な協力事項
・教育委員会に設置される推進体制への助言、サポート
・優良成功事例やノウハウを情報発信、横展開
・「まなびポケット」を活用した教育実践による効果検証
・小中学校におけるICT機器の研修および利活用のサポート
・小中学校が取り組む研究テーマ(※2)への連携・協力

<連携のイメージ>
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/256368/img_256368_1.png

なお、小金井市は、「まなびポケット」上で多種多様な学習コンテンツが利用可能になる定額制コンテンツサービス「まなホーダイ」(※3)を全国で初めて導入し、多様な授業形態に対応していきます。

2.今後の展開
本協定に基づき三者は、優良成功事例「小金井モデル」を確立し、その事例やノウハウを他の自治体にも共有していきます。
また、授業に留まらず学校運営全般のICT活用にも取り組むことで、教職員の働き方改革に寄与していきます。


(※1):「まなびポケット」は、NTT Comが提供するクラウド型教育プラットフォームです。ブラウザでどこからでもアクセスできるクラウド上において、提携するさまざまなサービス(授業支援システム、学習コンテンツ、授業記録システムなど)を提供します。既に500以上の自治体、5,000校以上の学校、180万人以上の児童生徒・教職員の方々にご利用いただいています。https://manabipocket.ed-cl.com

(※2):小金井市内の小中学校より研究テーマを募集し、取り組みます。例えば「社会とつながり未来を創る子供の育成」「主体的に考え学びの場を教師とともに創る児童の育成〜まなびポケットの活用をとおして〜」などの研究テーマが計画されています。これらのテーマに基づき、ICTを活用して効果的に学習を進め、対話、熟考、体験学習を増やすことや、個々の認知特性などに合わせた学習を行い、全ての児童生徒の可能性を伸ばすことなどの研究を行っていく予定です。

(※3):「まなホーダイ」は、「まなびポケット」上で提供する多種多様なサービス(19サービス・順次追加予定)をご利用いただける定額制・使い放題のプランです。児童生徒・教職員の方々が日々の学習・授業の内容に応じて教材を自由に選択することを可能にするとともに、学習コンテンツ事業者の皆さまに定量・定性両面でのフィードバックを実現する機能を提供します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告