グローバル・リンク・マネジメント、東京日商エステムなど不動産営業の育成に特化したオンライン研修『リノトレ』を導入。受講者数は累計200人を突破!

プレスリリース発表元企業:株式会社GA technologies




〜コロナ禍中導入進むオンライン研修、在宅だからこそオンラインを通じて従業員育成〜


 株式会社GA technologies[GAテクノロジーズ](本社:東京都港区、代表取締役社⻑ CEO:樋⼝ ⿓、 証券コード:3491、以下「当社」)のグループ会社である、不動産取引の新しいかたちを創造する株式会社RENOSY X [リノシー クロス](本社:東京都港区、代表取締役:清水 雅史、以下「RENOSY X」)は、 2020年6月より提供を開始した不動産営業の育成に特化したサブスク型のオンライン研修『リノトレ』受講者数が、累計200人を突破したことをお知らせします。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1889/46906/600_400_2021041616264160793c314bcbb.jpg

本件のポイント
•不動産営業育成に特化したサブスク型オンライン研修『リノトレ』受講者数が累計200人を突破
•7割以上の人々がコロナの影響で従来の集合研修が実施できなくなったことを実感(※2)
•オンライン研修を通じて不動産営業における継続的な能力向上に貢献


◆背景
2020年は新型コロナの影響で、不動産業界でもテレワークの導入やオンライン面談が一気に加速しました。総務省が2020年7月29日~8月24日に実施した「テレワークセキュリティに係る実態調査(※1) 」のアンケート結果によると、新型コロナ第2波流行時の不動産業におけるテレワーク導入率は47.7% で、新型コロナ流行前と比較して約7倍となり、増加率は全業種でトップとなりました。

また、多くの企業では対面での研修が困難となり、「新型コロナウイルスの感染拡大による人材育成への影響と、オンライン研修の実施状況について(※2)」のアンケートでは、 72.3%がコロナの影響で従来の集合研修が実施できなくなったと回答しています。

このようなニューノーマル時代における労働環境の変化に伴い、不動産営業を今日から強化する 『リノトレ』は2020年6月にサービスを開始し、現在10社以上の不動産会社に導入、累計受講者数は200人を突破しました。

なお、本件が当社の業績に与える影響は軽微です。

※1 総務省ホームページ 令和2年度10月テレワークセキュリティに係る実態調査 (1次実態調査) 報告書
※2 株式会社デジタル・ナレッジ 2020年12月「 コロナ禍における企業のオンライン研修に関する調査報告書 」の調査から


◆不動産営業における継続的な能力向上を目指す
  『リノトレ』は、不動産営業の育成に特化したサブスクリプション型のオンライン研修で、 不動産営業における継続的な能力向上をサポートするサービスです。 「不動産投資のメリット」、「税務知識」、「リスク説明」、「アポイントプロセス」などの営業ノウハウを、項目ごとに5〜30分前後の動画で提供しています。当サービスは、不動産営業研修をオンライン化し、すべての営業社員が同一のトレーニングプログラムを学習することで環境によるレベル差を是正し、平均水準の高い営業組織の構築に貢献します。


◆導入企業様の声
 コロナ禍中に『リノトレ』を導入いただいた企業様から、「人材育成・社員の意識統一が出来た」「営業の根幹を成している」などの声をいただいております。

<株式会社グローバル・リンク・マネジメント様>
 今までは配属された担当課の先輩上司による指導・研修が主だったため、配属先によりお客様へのアプローチや提案方法に統一性がなく、知識にばらつきがあるのが課題でした。不動産投資営業に関する知識の統一や営業方法の再現性を高めることにより、組織のスケールを図るため『リノトレ』を導入しました。動画研修のため隙間時間を有効活用でき、自信がない部分は反復して視聴できることに魅力を感じています。 『リノトレ』の成果もあり、若手営業社員がオンライン商談での成約を前年比2倍に増やすなど、結果にも表れ始めています。

<株式会社東京日商エステム様>
 昨春からのコロナ渦中、新入社員をはじめ営業社員を対象にした集団研修が実施できず、頭を悩ませていました。そんな中、 『リノトレ』は時間・場所も選ばず、オンラインで質の高い研修を行えるところが魅力で導入を決めました。当初は、扱う商品の種類や販売方法が異なる会社が開発した研修ツールを、当社でどれだけ活用できるのか、一抹の不安がありました。しかし、 『リノトレ』の受講を重ねることで、不動産投資営業に関する知識レベルの向上が図れ、現に当社の強みである源泉営業の強化をはじめ、紹介営業や新機軸とも言えるオンライン商談を補強することができ、着実に結果として効果が表れました。


◆導入企業様一覧(五十音順)
株式会社グローバル・リンク・マネジメント
株式会社シュアーイノベーション
株式会社TAPP
株式会社東京日商エステム
株式会社ボンズ・ジャパン
株式会社リコルディ

その他多数導入中(企業名非公開)


◆ 『リノトレ』 概要(https://renosy-x.co.jp/service/rinotore.html

 月額定額制の不動産オンライン研修サービスで、「不動産投資のメリット」 「 税務 」「 リスク 」 「ローン 」など、営業のノウハウを、項目ごとに5分〜30分前後の動画にて提供しており、毎月新しいコンテンツが追加されています。2020年10月には顧客から質問が多い「今不動産は買い時なのか」「今不動産高いのでは」に関する回答・カウンタートーク集をデータと共に解説、研修コンテンツとして提供を開始しました。また、営業の方におすすめの電卓やその他ツールなども紹介しています。オプション機能では、企業ごとにトレーニング内容をカスタマイズし、専属コンサルタントによる月3回のKPI測定と効果検証もサポートします。研修をオンライン化することで、全国から誰でも受講することができ、マネジメント層においては、これまでの研修時間を自身の顧客と向き合う時間などに充てることも可能になります。


主な研修内容:
不動産投資に関するメリットと仕組み
不動産投資に関するメリットを住宅ローン、一括返済支払い、年金対策・保険の視点から説明しています。

リスク説明
不動産投資における「リスク」に関して、7つのチャプターにて(2021年2月10日時点)コンテンツを提供、リスク全体像の解説から金利・修繕・天災・売却など幅広く説明しています。また物件購入後の管理会社の倒産リスクや、その際の対応方法、顧客への説明テクニックも紹介しています。

その他
- フィールドセールスのプロセスに関して
- アポイント取得までのプロセスに関して
- 契約書に関して
- ローンに関して
- カウンタートーク集など




[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1889/46906/600_400_2021041616264460793c34d8235.jpg



◆ RENOSY X 会社概要
社名:株式会社RENOSY X(株式会社リノシー クロス)
代表者:代表取締役 清水 雅史
URL:https://renosy-x.co.jp/
本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー42F
設立:2019年11月
資本金:5,000万円(2021年3月末日時点)
事業内容:
・不動産取引業におけるIT活用コンサルティング
・テクノロジーを活用した不動産仲介の営業支援システムの開発、運営
・住宅ローン申し込みプラットフォームサービス
「MORTGAGE GATEWAY by RENOSY(モーゲージ ゲートウェイ バイ リノシー)」の運営


◆ GAテクノロジーズ 概要
社名:株式会社GA technologies
代表者:代表取締役社長 CEO 樋口 龍
URL:https://www.ga-tech.co.jp/
本社:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー40F
設立:2013年3月
資本金:72憶859万9831円(2021年3月末日時点)
事業内容:
・PropTech(不動産テック)総合サービス「RENOSY」の運営
(不動産情報メディア、不動産売買仲介、不動産販売、設計施工、不動産管理)
・SaaS型のBtoB PropTechプロダクトの開発
・AIを活用した不動産ビッグデータの研究
・中国⼈投資家向けプラットフォーム「神居秒算」など海外PropTech事業の運営
主なグループ会社:イタンジ株式会社、株式会社Modern Standard、株式会社神居秒算など他4社






本件に関するお問合わせ先
株式会社RENOSY X 広報担当
MAIL:pr@renosy-x.co.jp


関連リンク
株式会社GA technologies
https://www.ga-tech.co.jp/
株式会社RENOSY X
https://renosy-x.co.jp/
リノトレ
https://renosy-x.co.jp/service/rinotore.html

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告