使い捨て手術器具の市場規模、2021年から2028年にCAGR7.8%で拡大見込み

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
使い捨て手術器具の市場規模、2021年から2028年にCAGR7.8%で拡大見込み


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「使い捨て外科装置の世界市場規模:製品別(外科用縫合糸およびステープラー、電気手術装置)、アプリケーション別(一般外科、形成・再建外科)の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」 (Grand View Research, Inc.) の販売を4月15日より開始いたしました。



使い捨て手術器具の市場規模は、2020年に52億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)7.8%で拡大すると予想されています。神経疾患、心血管疾患、感染症、泌尿器科疾患などの慢性疾患の増加が、市場の成長を促進すると予想されています。また、糖尿病や癌などの疾患やその他の自己免疫疾患が世界中で多発していることも、外科手術の件数を増加させる大きな要因となっています。国際糖尿病連合(IDF)の推計によると、2017年には世界で4億2500万人以上が糖尿病に罹患していました。このうち、3億2,700万人が20~64歳の年齢層で、9,800万人が65歳以上の年齢層でした。II型糖尿病は最も一般的なタイプで、糖尿病患者の90%がこのタイプの疾患に苦しんでいます。

また、外科手術の増加も、市場全体を牽引すると予想される重要な要因の一つです。OMICS International Conferenceによると、2015年、年間約2億3400万件の外科手術が行われています。さらに、American Society of Plastic Surgeonsが発表した2017 Plastic Surgery Reportによると、2017年には1,750万件の低侵襲性外科手術が行われ、前年から2%の増加を示しています。これらの事実は、今後数年間、形成外科手術に対する安定した需要があることを強調しています。その結果、使い捨ての手術器具の使用率は、予測期間中に増加することが予想されます。

医療業界では、殺菌が重要な役割を果たしています。クリニック、病院、研究所などの医療現場では、感染症やウイルスの影響を受ける可能性が高くなります。使い捨ての医療機器を使用することで、処置に使用する機器の滅菌に直面する課題を克服することができます。患者は、外科手術のために病院などの医療現場を訪れる必要があります。COVID-19は、このような医療現場への患者の訪問に悪影響を与え、外科手術の導入を妨げる可能性があります。しかし、外科手術の件数は、予測期間中に徐々に増加することが予想されます。今回のパンデミックでは、多くの人々がウイルスの感染を避けるために、使用時だけでなく、治療時にも使い捨ての器具を好んで使用しています。そのため、人々の健康意識の高まり、病院への来院数の増加、入院期間の長期化などが、予測期間中の市場の成長を後押しすると考えられます。

ディスポーザブル機器には様々な利点があり、需要が拡大しているにもかかわらず、市場の成長を制限する要因もあります。外科用縫合糸やステープラーは、主に創傷閉鎖手術に使用されます。しかし、これらのデバイスは痛みを伴い、取り外しのために病院や診療所に頻繁に通う必要があります。また、これらの機器を使用することで、感染症や組織の炎症を引き起こすこともあり、採用にはマイナスの影響があります。傷口を塞ぐ手術を受けようとする人は、感染や痛みを避けるために、接着剤やシーラントなどの侵襲性の低い、あるいは非侵襲的な方法を好むことがほとんどです。使い捨ての手術器具には、より低侵襲または非侵襲の代替品があるため、予測期間中の市場成長の妨げになると考えられます。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi996517-disposable-surgical-devices-market-size-share.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告