ハイパーEV向け電動モーターユニットの試作開発受託を開始 ~最大出力350kWクラスの電動モーターを新たに開発~

プレスリリース発表元企業:ヤマハ発動機株式会社






 ヤマハ発動機株式会社は、このたびハイパーEVをはじめとした高出力帯のモビリティ向けに業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始します。

 当社は2020年より四輪車をはじめとするモビリティ向け電動モーター(35~200kW)の試作開発を受託していますが、新たにハイパーEVなど高出力帯モビリティへの搭載を想定した最大出力350kWクラス(動作電圧800V)の電動モーターユニットを開発しました。
 今回開発した電動モーターの主な特長は、ギア、インバーターを一体化したコンパクトな機電一体型の電動モーターユニットで、車両へ複数ユニット搭載する用途を想定しています。

 試作開発受託にあたっては、モーターサイクルをはじめ幅広い製品群に柔軟に対応してきた鋳造・加工・組立を中心とした生産技術、試作設備等を活用し、顧客要望に沿った試作モーター開発を短期間で実現します。

 なお、350kWクラスをはじめとする電動モーター試作品を2021年5月26日~28日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021横浜」に出展する予定です。

[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1619/46617/450_300_20210409114641606fc011e3774.jpg

電動モーターユニット試作品(350kWクラス)




[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1619/46617/400_250_20210409114648606fc0187ebc7.jpg

ユニット活用イメージ (350kWクラス×4基)


<ハイパーEV向け電動モーターユニット 試作品の概要>




[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1619/46617/600_95_20210409114648606fc018bc78b.JPG


※開発中につき、数値は変更となる可能性があります。



※「最大出力」「冷却方式」はお客様のニーズに合わせて対応します。

・電動モーターサイト https://www.yamaha-motor.co.jp/e-motor/

■報道関係者からのお問い合わせ先
ヤマハ発動機株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報グループ
(本社)TEL:0538-32-1145 FAX:0538-37-4250
(東京)TEL:03-5220-7211 FAX:03-5220-7233

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース