バーレーン/iSEE : 国際持続可能エネルギーイベントで、JHS海外事業部マネージャーの Dr.バセムが講演!!

プレスリリース発表元企業:JHS株式会社
バーレーン/iSEE : 国際持続可能エネルギーイベントで、JHS海外事業部マネージャーの Dr.バセムが講演!!


2021年3月23日(火)・24日(水)の2日間、"Sustainability for a Brighter Future"   「明るい未来への持続可能性」について話し合うことを目的として中東の国・バーレーンに於いて開催されます。 
この大きなイベントで栄誉なことに、再生可能エネルギー関連事業などを手がけているJHS(ジェイエイチエス)株式会社(福山本社:広島県福山市、代表取締役:有吉彰英)の、海外事業部マネージャーであるDr. Eng. Basem Abdullah(博士:アブドゥーラ・バセム)が主題発表者として講演します。


JHSの海外事業部マネージャーであるDr. Eng. Basem Abdullah(博士:アブドゥーラ・バセム)が2021年3月23日・24日にバーレーンの首都マナマ(※1)で開催される、iSEE(International Sustainable Energy Event 2021・国際持続可能エネルギーイベント)(※2)で主題発表者として講演します。

タイトルは「電力購入契約(PPAs)の実施成功例」

「バーレーンやその他のGCC諸国(※3)におけるNetミーティング政策の開発・実施は、独立系発電事業者(IPP)や再生可能エネルギープロジェクト開発者のビジネスの扉を大きく開くことになりました。
IPPやプロジェクト開発者(売り主)と電力購入者との関係は、電力購入契約(PPA)によって管理されなければなりません。
今回のプレゼンテーションでは、電力購入契約(PPA)を成功させるために必要な情報を提供します。また、PPAの構造についても説明します。」


今年のiSEE 2021のテーマは "明るい未来へのサステナビリティ(持続可能性)"で、
COVID-19が流行する中で開催されるiSEE 2021では、メインフォーラムでハイレベルなパネルディスカッションが行われた後、テーマ別のセッションが行われます。

※1)マナマ( Manama : バーレーンの首都。 3月の平均最高気温は24.7°)
バーレーン国民全体の1/4に相当する約15万の人口をもつ国内最大の都市であり、中東有数の世界都市である。マナマの経済基盤となっているのは石油、精油、帆船の建造、漁業、真珠などの産業であり、これはバーレーン全体の経済とほとんど同じ状況である。
※2)iSEEは、バーレーン王国エネルギー庁主催。2019年に続き今年2回目。
※3)GCCとは、1981年に、防衛・経済をはじめとするあらゆる分野における参加国間での調整,統合,連携を目的としてサウジアラビア,アラブ首長国連邦(UAE),バーレーン,オマーン,カタール,クウェートによって設立された国家間の連携体制です。
Gulf Cooperation Council(GCC)
日本語では「湾岸協力理事会」という略称が用いられることが多いです。


【後援者メッセージ】
HE. Dr. Abdul Hussain bin Ali Mirza
President - Sustainable Energy Authority, Kingdom of Bahrain
HE. アブドゥル・フセイン・ビン・アリ・ミルザ博士
バーレーン王国 持続可能エネルギー庁長官

バーレーン王国は、2016年から「国家エネルギー効率化行動計画(NEEAP)」と「国家再生可能エネルギー行動計画(NREAP)」に取り組んでおり、この明るい鉱石の持続可能な未来に向けて大きく前進しています。今日、私たちは持続可能なエネルギー分野の専門家を招集し、明るい未来を築くためにステークホルダーの皆様とお会いし、交流します。

持続可能なエネルギー庁(SEA)は、iSEE 2021がGCC地域と世界の両方で重要なプロジェクトをもたらし、すべてはこれからの時代のエネルギーのクリーンな未来のためになると確信しています。

第2回目のInternational Sustainable Energy Event : iSEE 2021は、バーレーン王国のマナマで開催され、バーチャルなイベントと対面式のイベントが融合したものとなります。

【会議議長からのメッセージ】
Fouad Al Shaikh
フアード・アル・シャイフ氏

2019年の第1回イベントは大成功を収め、参加者全員が持続可能な世界に向けて示した情熱と熱意により、組織委員会は2021年、第2回イベントの開催を決定しました。
本イベントは、バーレーン王国のSustainable Energy Authority(SEA:持続可能なエネルギー機関)とBahrain Society of Engineers(BSE:バーレーン技術者協会)が主催しています。

持続可能性とは、水や化石燃料などの貴重な天然資源の管理、再生可能なエネルギー技術、慎重な技術革新を重視し、倫理観や社会的責任を盛り込んだ広義の意味で使われています。

今回のイベントでは、国連の17の開発目標に沿って、再生可能エネルギー(RE)とエネルギー効率(EE)の両方の取り組みを取り上げます。今回のイベントでは、国連の17の開発目標に沿って、再生可能エネルギー(RE)とエネルギー効率(EE)のイニシアティブ(政策、技術、資金調達、持続可能性)を国際的、地域的、地方的な開発状況の中で取り上げます。

Covid-19の現在の状況を鑑み、本イベントはカンファレンスと展示会を融合させた形で実施します(物理的にも、バーチャルなプラットフォームを通じても)。イベントが物理的に開催されない場合、公共の安全を維持し、大規模な集会を行わないという当局の方針に従い、イベントはバーチャルで行われます。


【会社概要】
商号 : JHS株式会社(2020年3月に日本住宅サービス株式会社から社名変更)
設立:2007年(平成19年)9月
代表者:代表取締役社長 有吉彰英(ありよし・あきひで)
所在地:〒720-0824 広島県福山市多治米町1丁目16-20
事業内容:建設業、不動産業、通信ネットワーク事業、再生可能エネルギー推進事業、
エネルギーコンサルティング事業、海外事業


【本件に関するお問い合わせ先】
JHS株式会社    広報担当 : 山本
Tel :  084-981-5333
Mail : info@japan-hs.jp


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク