究極の機能美を追求するライフスタイルブランドDUENDEより芦沢啓治氏デザインのSHELF『Marge shelf(マージシェルフ)』シリーズが発売!

プレスリリース発表元企業:株式会社マークスインターナショナル

“日常をより豊かにする” ビジョンを掲げ、インテリア・キッチン・ライフスタイル商品の卸売及び販売を 行う株式会社マークスインターナショナル(本社:東京都渋谷区恵比寿西2-21-1、代表取締役:大谷正人)は、同社が展開するインテリア・ライフスタイルブランド「DUENDE(デュエンデ)」より、建築家・芦沢啓治氏デザインによるSHELF『Marge shelf(マージシェルフ)』シリーズを、2021年3月10日(水)より販売を開始いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/50227/19/resize/d50227-19-775358-0.jpg ]


「DUENDE」は、機能美を追求したオリジナルのインテリア・ライフスタイル商品を取り揃え、全国のインテリア・ライフスタイルショップ及びマークスインターナショナルが展開するECサイト(DUENDEデュエンデ|https://www.duende.jp)で販売を展開しているブランド。生活の舞台となる部屋や空間で、ずっと一緒に生きる家具を提案しています。

今回新たに販売される新商品は、業界で注目を浴びる建築家・芦沢啓治氏により、DUENDE のオリジナル商品としてデザインされたもの。使いやすさと、そこに置くモノを主役に引き立てるステージ『Marge shelf』は、現代のインテリアに違和感なく馴染み、落ち着きがあり、3色からなる淡い色合いの棚板はそれぞれの配色が組み替えできる構造になっています。

新生活の準備にむけて、また、自宅で過ごす空間を快適にしたいといったニーズのなか、日々の暮らしを少し豊かにしてくれるインテリアで、ぜひ日常の価値を愉しんでみてはいかがでしょうか。


■新商品販売概要

商品:Marge shelf
発売:2021年3月10日(水) 10時~
販売元:株式会社マークスインターナショナル
販売店:全国のインテリア・ライフスタイルショップ、及びDUENDE.jp(デュエンデ|https://www.duende.jp


■ Marge shelf(マージシェルフ)商品概要

『Marge shelf』は、DUENDEのコンセプトでもある極限までミニマルな構造にし、究極の機能美を追求するシェルフとして誕生しました。収納するモノとして存在するだけでなく、物を整理し、しまい、並べておく、など使う人のあらゆる用途を想定し、構造からデザインまでを考え抜いて作られています。
デザインは、DUENDEでオリジナル商品を数多く手がける建築家・芦沢啓治氏によるもので、薄くても頑丈なスチール構造材の要素と、自然で優しい印象のオーク無垢材のバランスにより、まるで置くモノを引き立てるステージのようでもあります。
棚板の後部を直角に45ミリ折り曲げ、立ち上がらせたことで強度を保ち、背板としての役割をもたせています。45ミリの背板はさりげない存在感で、収納した本や置いた物を整頓しながらも、それを引き立てるような佇まいを演出してくれます。
また、今回のシェルフの特徴でもある棚板は異なる3色の組み合わせで、インテリアの雰囲気やお好みに応じて棚板の並びを変えることで、さまざまなグラデーションを楽しむことができます。

棚としての機能とミニマルなデザインが融合した『Marge shelf』。
あらゆる空間で生活を引き立てる洗練されたデザインをお部屋に取り入れてみてはいかがでしょうか。


[画像2: https://prtimes.jp/i/50227/19/resize/d50227-19-175223-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/50227/19/resize/d50227-19-833059-2.jpg ]


Marge shelf 3 / 3-SHELVES
売価: 35,000円(税抜)
サイズ:W800*D350*H723mm
棚から棚の間隔:下段310mm / 上段242mm
重量:13.6kg
マテリアル:スチール / オーク無垢材
カラー: Light Grey / Beige / Dark Greenデザイン:芦沢啓治

Marge shelf 4 / 4-SHELVES
売価: 45,000円(税抜)
サイズ:W800*D350*H946mm
棚から棚の間隔:下段310mm / 中段242mm / 上段 198mm
重量:17.6kg
マテリアル:スチール / オーク無垢材
カラー: Light Grey / Beige / Dark Greenデザイン:芦沢啓治


芦沢啓治 / あしざわけいじ
1996年横浜国立大学建築学科卒業。architecture WORKSHOPにて建築家としてのキャリアをスタートし、super robotでの2年間にわたる家具制作を経て、2005年芦沢啓治建築設計事務所設立。また、2011年東日本大震災を受け地域社会自立支援型公共空間、石巻工房を創立。2014年石巻工房を家具ブランドとして法人化。建築、インテリアだけにとどまらず、カリモク、IKEAなどの家具ブランドとの協業や、Panasonic homesとのパイロット建築プロジェクトなど幅広い分野で活動を行っている。建築、リノベーションから照明・家具デザインに一貫するフィロソフィー「正直なデザイン/Honest Design」から生み出される作品は、国内外から高く評価されている。


■ DUENDE(デュエンデ)について

[画像4: https://prtimes.jp/i/50227/19/resize/d50227-19-423899-3.jpg ]


家具は、ずっと一緒に生きるものだから。
機能する、美しさを。

【DUENDE】とはスペイン語で “心を魅了する” という意味。機能美を追い求めて辿り着いたそのフォルムは、言葉にはできない光る魅力を放ち、美しく、シンプルに、さまざまなライフスタイルに馴染みます。
木材とスチール。素材の特徴を生かして描く独特な曲線。 ひとの心に残る、他にはない趣(おもむき)。 曲げる。つなげる。磨く。時には、あえて手を加えないのもDUENDEの技です。
生活の舞台となる部屋に、空間に、こだわりの家具があったなら。
あなたの毎日は、もっと光り輝きます。
https://www.duende.jp

[画像5: https://prtimes.jp/i/50227/19/resize/d50227-19-638149-4.jpg ]



■marcs International co., ltd について
日常をより豊かにする。
日々の生活の中で我々はあらゆる“もの”に囲まれて暮らしています。
我々のなにげない生活の中で毎日使うもの、毎日目にするものが、
なんとなく気に入っていたり、好きなデザインであることが、
日々の暮らしを、少し豊かに感じる手伝いをしてくれているのだと思っています。
そんな想いから、世の中の誰かに素敵だな、と感じていただけるようなプロダクトを
みなさまにご紹介していくのが、我々の使命です。


■会社概要
社名:株式会社マークスインターナショナル
所在地:〒150-0021東京都渋谷区恵比寿西2-21-1
電話:03-6861-4511
設立:平成9年1月6日
代表者:大谷正人
資本金:2,000万円
取扱商品:インテリア商材、ファニチュア、キッチン&テーブルウェア
URL:https://www.marcs.co.jp


■商品に関するお問い合わせ先
株式会社マークスインターナショナル:digima@marcs.co.jp
DUENDE(同社ECサイト):store@duende.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース