2021-03-02 13:00:00

死角を減らすバックモニターシステムに、「人」を認識、危険を速やかに警告する機能を組み込んだフォークリフト用「人身事故防止AIカメラシステム Q4」を発売

プレスリリース発表元企業:株式会社INBYTE
死角を減らすバックモニターシステムに、「人」を認識、危険を速やかに警告する機能を組み込んだフォークリフト用「人身事故防止AIカメラシステム Q4」を発売


株式会社INBYTEは、独自のAIアルゴリズム技術により「人」を認識し、危険な状況をモニター画面とブザー音で知らせ、作業中の事故など労働災害を予防することに最適な、モニター、カメラ、ブザーなどがセットになったオール・イン・ワンソリューションの「人身事故防止AIカメラシステムQ4(キュー・フォー)」を3月8日(月曜日)より発売します。

車載用安全装置の企画・開発・販売をおこなう株式会社INBYTE(東京都港区、代表取締役社長:李泰湖)は、左右、2つのカメラで広範囲のバックモニターシステムに、「人」を正確に認識、危険を速やかに音と画面で警告する、モニター、カメラ、ブザーなど各種パーツがセットになったフォークリフト用「人身事故防止AIカメラシステムQ4(キュー・フォー)」を3月8日(月曜日)より発売します。


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=w8zjStOohyQ ]


本製品は、カメラからの映像を、ディープラーニングにより「人」の姿形を学習させ、「人」だと見分けることができる独自のAIアルゴリズムを搭載しています。さらに映像分析を高速のCPUで処理し、リアルタイムで「人」を認識することができ、遅延なく危険状況を警報することにより、作業中の事故をはじめ様々な労働災害を防止することが可能になります。

また、視野角が約170°、認識距離が約10mまでの広範囲で人を認識することができ、その範囲内なら危険警報を通知する距離設定も可能であり、現場の状況(通路の幅や作業範囲)に合わせて調整することができます。さらに、危険警報を通知する条件として、バックギア信号車やブレーキ信号との連動する機能が内蔵され、より効果的な使い方が可能になります。

本製品では、7インチカラーモニターの画面と最大100dBの高音量ブザー音で危険を警報・通知します。警報音と同時にモニター画面には、赤枠の点滅フラッシュで一目で危険を認識できるように警告を表示します。さらに、モニター画面にはタッチパネルを搭載し、カメラことに画面切り替えや各種設定も指先で簡単に操作できます。

なお、普及版の1カメラモデルQ5も同時発売します。カメラが1つで、水平視野角が約111°の広角カメラを採用、後方視野を十分確認することができます。 広角バックモニターとしての活用はもちろん、「人」認識技術は上位機種のQ4と同様にAIアルゴリズムを採用し、安全対策ソリューションとして十分活用できます。


●株式会社INBYTE AIカメラ Q4商品ページ
http://inbyte.jp/q4.php

■製品の特長
1.高い検出率を誇る独自の映像解析技術
本製品には、ディープラーニング技術を適応した独自のAIアルゴリズムにより、カメラ映像をリアルタイムで解析し、的確に「人」を認識します。「立っている人」をはじめ「しゃがんでいる人」、「横向きの人」、「後ろ姿の人」や「一部の身体が隠れる」など、様々なシチュエーションに対応し、危険な瞬間を知らせます。

2. IP65の防水・防塵対応耐久性能に優れたモニター採用で過酷な現場にも対応
本製品では、フォークリフトへの搭載を考慮し、IP65の防水・防塵対応、耐久性の高いモニターを採用しています。また、カメラはIP68、ブザーはIP65相当の防水・防塵対応になっており、雨やホコリなどが侵入しやすい、過酷な作業現場でも安心して使用することができます。

3. 2つの赤外線LED付きカメラで両側面、後方及び暗闇をカバー
本製品では、水平視野角88°のカメラを左右に取り付け、側方視野及び後方視野を広範囲でモニターに表示することができます。また、各カメラには赤外線LEDが搭載され、暗い場所にも対応しており、明かりの少ない状況でも「人」を認識することが可能です。

4.高音量出力のブザーを採用
本製品では、最大100dB(電車が通るときのガード下の音量相当)の高音量出力可能なブザーを採用しています。騒音の多い作業現場でも、作業員などに危険を知らせることができます。

5.反応する距離設定が可能
危険警報を通知する範囲を長距離(約7m)、中距離(約5m)、近距離(約3m)から選択できますので、現場の状況(通路の大きさなど)に合わせて調整することができます。

■主な仕様
品名:AIカメラQ4(エーアイカメラ・キュー・フォー)
型番:Q4
発売日:3月8日(月曜日)価格:オープン価格
カメラ解像度:HD画質 1280 x 720
カメラ画角:水平88°/垂直63.4°/対角118°
寸法:モニター 200mm x 137mm x 43 mm、カメラ 58mm x 40mm x 54 mm
重さ:モニター 約880g、カメラ 約120g
動作温度:モニター -20℃ ~ 80℃、カメラ -20℃ ~ 70℃
電源: 12V / 24V 車対応

■製品画像
http://inbyte.jp/data/pr/pr_q4_01.jpg
http://inbyte.jp/data/pr/pr_q4_02.jpg
http://inbyte.jp/data/pr/pr_q4_03.jpg
http://inbyte.jp/data/pr/pr_q4_04.jpg
http://inbyte.jp/data/pr/pr_q4_05.jpg
http://inbyte.jp/data/pr/pr_q4_06.jpg

■会社概要
会社名 :株式会社INBYTE(インバイト)http://inbyte.jp/
代表  :代表取締役 李 泰湖(イ・テホ)
設立  :2005年9月26日
所在地 :東京都港区麻布台2-4-2 保科ビル4F
事業内容:電化製品の企画・開発・販売、部品販売、OEM・ODM

 



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告