2013-08-28 20:11:00

VFがグローバルイノベーションセンター3カ所を設立し、技術革新プラットフォームを推進

プレスリリース発表元企業:VF Corporation

VFがグローバルイノベーションセンター3カ所を設立し、技術革新プラットフォームを推進

(米ノースカロライナ州グリーンズボロ)- (ビジネスワイヤ) -- VFコーポレーション(NYSE: VFC)は本日、グローバルイノベーションセンターを設立すると発表しました。機能性アパレル、フットウエア、ジーンズ市場の流れを変える製品イノベーションに重点を置くセンターの設立は、アパレル業界を大きく変革する行動です。

センターには科学者、技術者、テクニカルデザイナー、重要人材からなるチームが集まり、消費者のニーズと技術や新素材への深い見識に基づいて得られた独自の洞察を提供します。期待される成果は、ブランド価値の拡大と長期的な成長を促す画期的な製品の創出です。

会長兼最高経営責任者(CEO)のエリック・C・ワイズマンは、次のように述べています。「3カ所のグローバルイノベーションセンターは、VFの成長を加速させる機会を触発し、アパレルとフットウエアの未来を形作る役目を果たすでしょう。革新的な『必携の』製品を開発し、大衆市場からニッチ市場まで、そして米国から南米、アジア、欧州まで、幅広い消費者に提供します。」

ワイズマンは、さらにこう述べています。「消費者は高くても、目新しくて他とは異なる付加価値の高い製品を求めています。当社は、当社製品への購買意欲を高める活動を行い、その結果としての売上高と収益力の拡大を目指します。」

また、ワイズマンは、イノベーションセンターはVFの技術革新プラットフォーム構築における重要なステップだと述べています。「2010年に初めて、VFの成長で技術革新が果たす役割に関する構想を策定しました。センターの開設は、当社にアパレル業界での競争上の優位性を与え、当社の事業運営を推進する上で重要な意味を持ちます。30強の全ブランドでイノベーションセンターから得られた結果を共有し、学んだことを存分に活用していきます。」

機能性アパレルイノベーションセンターは、カリフォルニア州アラメダに開設されます。ジーンズセンターはノースカロライナ州グリーンズボロに、フットウエアセンターはニューハンプシャー州ストラサムに置かれます。センターはすべて、2014年上半期の運営開始を予定しています。

VFについて

VFコーポレーションは、30以上のブランドを有するブランド・ライフスタイル・アパレルとフットウエアの世界的リーダーです。The North Face®、Vans®、Wrangler®、Timberland®、Lee®が、当社の上位5ブランドです。その他の傘下ブランドには、7 For All Mankind®、Bulwark®、Eagle Creek®、Eastpak®、Ella Moss®、JanSport®、Kipling®、lucy®、Majestic®、Napapijri®、Nautica®、Red Kap®、Reef®、Riders®、Splendid®、SmartWool®があります。詳細については、www.vfc.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本リリースおよび付記に含まれている特定の記述は、連邦証券法が規定する「将来予想に関する記述」です。将来予想に関する記述は、VFに影響を与える将来の出来事に関する当社の予測と意見に基づいており、それゆえに多くのリスクと不確定要素を含んでいます。こうした記述は、「だろう」や「予測する」などの表現、類似する意味を持つ他の表現や用語、または将来の日付の使用により特定することができます。将来予想に関する記述は保証ではなく、実際の結果は、将来予想に関する記述で明示または暗示されている結果とは大幅に異なる可能性がある点にご注意ください。本リリースの将来予想に関する記述により明示または暗示された結果と大幅に異なるVFの実際の経営成績または財務状況をもたらし得るリスクおよび不確定要素には、アパレルに対する消費意欲のレベルおよび全体的な消費者需要のレベル、価格変動、原材料および委託製品の入手可能性と品質、VFの流通システムの中断、世界の資本および信用市場の中断および変動、VFが少数の大手顧客へ依存している状況、VF顧客の財務力、変化し続けるファッショントレンドへのVFの対応、利幅に対する圧力の増大、成長戦略を実行するVFの能力、国際事業および直販事業を拡大するVFの能力、ティンバーランドの買収を含む統合を成功させ買収を拡大するVFの能力、情報技術システムの能力と安全性を維持するVFの能力、季節を外れた悪天候、VFの製造施設および海外サプライヤーの安定性、VFのサプライヤーの倫理的な取引慣行の継続、製品需要を正確に予測するVFの能力、VF経営陣の継続性、商標および他の知的財産権を保護するVFの能力、VFのライセンシーと販売業者によるVFブランド価値の維持、外貨の変動、税債務の変動、国際市場の法的・規制上・政治的・経済的リスクが含まれますが、これらに限定されません。VFの財務的結果に影響を与える可能性のある要因の詳細については、フォーム10-KによるVFの年次報告書およびフォーム10-Qによる四半期報告書を含むVFの証券取引委員会に提出される公的報告書に随時含まれています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





連絡先
VF Corporation
Carole Crosslin, 336-424-7836
Director, Corporate Communications
or
Lance Allega, 336-424-6082
Director, Investor Relations

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク