夢を応援したい人、夢を叶えたい人が集まるシェアリングサイト『GIVE AND GIVE』のiOSアプリをリリースしました!

プレスリリース発表元企業:株式会社ディソナンス

iPhoneユーザーの皆様、お待たせしました!iOSアプリをリリースしました!

株式会社ディソナンス(本社:三重県 松阪市 代表取締役:湊 常)は、“夢を応援する人” と“夢を叶えたい人”が集まる夢の応援社会、金銭ではなく本気度が優遇されるサイト「GIVE AND GIVE」のiOS版アプリをリリースしました。

「GIVE AND GIVE」は、夢を応援する人(ギバー)と夢を叶えたい人(ドリーマー)で、夢の応援社会を作るマッチングサイトです。
「GIVE AND GIVE」では、与えることから始める・与えてそして与える・夢の応援社会をテーマに、夢への第一歩を踏み出し、夢の応援社会の一員になるサポートを行うサイトです。
金銭支援だけでなく、知識や情報の共有もサイトを通じて応援を行えるようなサイトになっています。

iOSアプリ
インストールはこちらから
https://apps.apple.com/jp/app/give-and-give/id1518175952



[画像: https://prtimes.jp/i/55239/8/resize/d55239-8-644793-0.jpg ]

 


「GIVE AND GIVE」サービス立ち上げの背景

・一部の人たちだけが優遇される現実

何かを教わったりする際、教える側が何かを教えた対価として、教えてもらう側からお金をもらいます。

これでは、お金を持っている人だけが教えてもらえる、一部の人たちだけが優遇されるシステムとなってしまいます。

しかし、金額を下げてしまうと教える側のメリットがなくなってしまいます。そこで、教える側も教えてもらう側もどちらもメリットがあり、全ての人が平等になるシステムをと考えたことが、このサービス立ち上げの背景です。


「GIVE AND GIVE」の特徴

【教える側が支払う新しいサービス】

〈教える側〉

・教えてもらう人を選べる

お金を支払って教えるので、教える側が教えてもらう人を選べます。金銭面でなく熱量が優遇される新しい仕組みのサービスです。

・経験が少なくても安心

教える側がお金を支払う事で、専門家、資格等なくても、教える側として気軽に参加できます。また、お金を支払っているので、内容についてのクレームになりづらいという利点もあります。


〈教えてもらう側〉

・参加しやすい環境

一般的な習い事とは違い、お金をもらって教えてもらうので、様々なことに挑戦できます。最後までできるかどうか、自分に合っているかどうか・・・お金を払うとなると悩むことでも、気軽に参加することができます。


【テーマは「応援社会」】

「教える側」がお金を払うシステムにすることで、「教える側」も「教えてもらう側」も本気度が上がりWIN-WINな関係を気づくことが出来ます。また、金銭支援だけでなく、知識や情報の共有もサイトを通じて応援する仕組みで構築しております。


■「GIVE AND GIVE」のサイトはこちら
URL:https://give-n-give.com/

iOSアプリ
https://apps.apple.com/jp/app/give-and-give/id1518175952

Androidアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.give_n_give.customedia&hl=ja

株式会社ディソナンスとは
「自分をもっと好きになる。」という企業理念のもと、インターネット付随サービス業やシェアリングエコノミー業を行っております。1人でも多くの人の自己肯定感を高め、「自分大好き」と、心から言える人を増やすために「GIVE AND GIVE」を中心とした事業運営を行っています。
運営母体:株式会社ディソナンス
設立:2019年7月10日
URL:https://www.dissonance.co.jp/
事業内容:インターネット付随サービス業、シェアリングエコノミー業

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告