自律走行車市場は2035年には9450万台になると予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション

株式会社グローバル インフォメーションは、市場調査会社Navigant Research (formerly Pike Research)が発行した報告書「Autonomous Vehicles: Self-Driving Vehicles, Autonomous Parking, and Other Advanced Driver Assistance Systems: Global Market Analysis and Forecasts (世界の自律走行車市場分析・予測:自動運転カ―、自律駐車およびその他の先進ドライバーアシストシステム)」の販売を開始しました。

高級車を中心に様々なドライバーアシスタンス機能が実現されていますが、重要な変化は2012年に普通乗用車に実用化されたアダプティブクルーズコントロール (車間距離自動制御) や車線逸脱警告システムが挙げられます。こういった様々な機能が2014年モデルに導入されて半自律的な運転システムを実現するでしょう。生産量の増加と技術の進歩により、このようなシステムを実現する大量のセンサーを車体に装備する事が可能となっています。

産業の共通認識として自律走行車は2020年には可能となると考えられていますが、まだハードルは残っています。問題点は技術的な側面にあるのではありません。コンピューティングパワーとソフトウェアが進歩したことにより高度な画像処理やセンサーフュージョンが可能となっています。問題点はむしろ、法的責任や法制度などです。

発行元のNavigant Researchによりますと自律走行車市場は今後20年間で徐々にシェアを獲得し2035年には年間9540万台となると予測しています。

当レポートでは主要なメーカー・サプライヤーの企業プロファイルや市場要因の検討、販売台数及び売上の予測、また主要技術の分析などを御提供します。

市場調査レポート: 世界の自律走行車市場分析・予測:自動運転カ―、自律駐車およびその他の先進ドライバーアシストシステム
Autonomous Vehicles: Self-Driving Vehicles, Autonomous Parking, and Other Advanced Driver Assistance Systems: Global Market Analysis and Forecasts
http://www.gii.co.jp/report/pike278813-autonomous-vehicles-self-driving-vehicles.html
出版日: 2013年08月18日
発行: Navigant Research (formerly Pike Research)

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:http://www.gii.co.jp/topics/AM01_jp.shtml
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


News2uリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース