2021-01-27 21:30:00

2020年度トップ3の国民健康医療ブランドが発表された よく使っているのがあるか

プレスリリース発表元企業:JCN

TOKYO, Jan 27, 2021 - ( JCN Newswire ) -

25日、読売新聞によると、中国では3割り以上の若手公務員の残業時間が過労死ラインを超えた。

実は、このような状況は公務員だけではなく、大部分のサラリーマンは毎日仕事と健康からのダブルプレッシャーを受けている。大正製薬株式会社はホワイトカラーの健康状態を調べたことがある。その調査によると、体と精神がすべて健康だと思っているホワイトカラーが5%に足りなく、94%のホワイトカラーがいつも全身がだるくて、肩が凝り、ひどいとき手足がしびれると表示した。体が長期的に痛いのため、多くの人が自分の健康状態を見直すようになった。BDCの消費データによると、家庭医療における消費の割合は年々高くなり、今年の新型コロナウイルスの影響を加えて、健康消費はだんだん生活の中で欠かせないものになっている。

ニーズが拡大するにつれて、メーカー達は競争が激しい健康市場では、どうやって消費者の信頼を得て市場シェアを占めることができるかと考えている。

もちろん、すでに対策があるブランドはいくつかがある。野沢智庫は健康消費をめぐって調査を行い、2020年の健康医療類の販売額を整理したと同時に愛着度、信頼感、買い戻し率など多方面からアンケートをした。さらに、市場シェアとブランドの影響力を総合して国民レベルの健康ブランドのトップ3を探し出し、これらの成功の原因を分析して、ほかの健康ブランドの発展に参考を提供する。

1.久光製薬
元老級ブランドとして、久光製薬は健康市場での地位は一貫して安定している。そのサロンバスの鎮痛シートは長年にわたってパッチ類の売上トップを占めており、そして、2020冬季オリンピック選手の指定用品になる。二代目の鎮痛シートから冷感と温感の区分を行い、そして材質改良を行い、適用範囲がもっと広く、体験感がもっとよくになり、久光製薬は製品に対して絶えずに最適化するからこそ、より多くの消費者がお支払いしたいと思っている。



2.小林製薬
小林製薬は日化製品から医療健康分野まで進出し、「"あったらいいな"をカタチにする」という最初のスローガンを真に実行している。消費者のニーズを中心に、複数の産業線で多品種製品を生産して国民の日常健康生活の各方面を覆う。全面かつ人間化的な製品とサービスは小林製薬の勝利の秘密だ。



3.Dr.Rotus
第三位はここ数年で大人気のDr.Rotusだ。久光と小林の長期的な市場沈殿とは違って、Dr.Rotusは早く有名になる秘訣は、強い洞察力だ。例えば、痛みケア製品を開発する時、多くの人が伝統製品を拒否しているのはその匂いと外観が社交的で気まずいからだと気づて塗るタイプの製品を出し、その透明な液体とあっさりした味は、使用場所の制限を破って、消費者の「仕事と健康を両立させる」ニーズに合ってサラリーマンに好かれた。消費者の好き嫌いを早く把握するDr.Rotusも健康消費の波に乗った。



三つの国民レベルブランドは発展の中でそれぞれ特徴があるが、ユーザー体験という同じ核心的なポイントを堅持している。今、健康消費はすでに広く認められ、新興ブランドであろうと、伝統ブランドであろうと、より強い競争力を持ちたいなら、そのポイントに立つべきだと思っている。

伊原, foxhwh@gmail.com

スポンサードリンク