マンホール内の水位情報をLPWA無線によりクラウドへアップロードすることに成功

プレスリリース発表元企業:株式会社フォレストシー

株式会社フォレストシーの「里山通信」は、愛媛県久万高原町の協力のもと下水用マンホール内に水位センサーを設置しました。計測した水位データは、弊社が町内全域に構築したLPWA通信網の中継機を経由してクラウドシステムへアップロードされ、専用の管理画面から水位を確認することができます。



[画像: https://prtimes.jp/i/72988/3/resize/d72988-3-203985-2.png ]

マンホール内の調査は、従来は人の手による調査、もしくは専用の通信機能付きマンホールを使用する調査が一般的でした。弊社はLPWA通信規格の中でも920MHz/250mWと高出力のため遠距離通信が可能な「GEO-WAVE(ジオウェイブ)」という独自の無線規格を採用することで、電波が地面やアスファルトを通り抜け、近くに設置した中継機へ届くことにより、既設のマンホールをそのまま使用してのLPWA通信による水位データの取得に全国で初めて成功しました。

■町まるごとIoTネットについて
https://www.kumakogen.jp/soshiki/2/9598.html#sp_headline_5
■里山通信の独自技術「GEO-WAVE」について
https://satoyama-connect.jp/geowave/

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク