大阪の昆布と富山のお米のコラボレーション「うまみせんべい」を1月28日より販売開始 

プレスリリース発表元企業:株式会社小倉屋山本
イメージ(1)

パッケージ 箱入り

パッケージ 袋入り

大阪市中央区南船場の昆布加工品メーカー 株式会社小倉屋山本(本社所在地:大阪市中央区南船場4丁目7番21号、代表取締役社長:山本 博史、URL: http://ogurayayamamoto.co.jp/ 、以下 当社)は、1月28日(木)から大阪の主要土産店にて新ブランド「うまみせんべい」を販売いたします。
消費者ニーズが多様化する現代、老舗メーカーの「伝統を守りつつ革新を続ける」という想いのもと創業以来初の「お土産米菓」の開発にいたりました。多くの国内外のお客様に日本人が培ってきた独特な第五の味覚「うまみ」を知っていただきたく、繊細な昆布の旨味を誰もが召し上がりやすい「せんべい」という形で表現いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/244477/LL_img_244477_1.jpg
イメージ(1)

URL: http://umamisenbei.com


■「うまみせんべい」とは ~大阪土産の新定番~
当社は創業以来170余年、大阪の地から全国の消費者様に昆布加工品を中心とした商品を提供させていただいております。しかし昨今の食卓事情の変化により昆布の消費量減少など環境の変化を日々感じております。このような状況下におきまして、老舗企業だからと胡坐をかくのではなく常に「お客様に求められるものは何か」を問うてまいりました。そこで昆布の旨味をより多くのお客様に届けるべく、北前船の寄港地である富山県の米菓メーカー 日の出屋製菓産業株式会社とのコラボレーションにより“せんべい”の開発に至りました。
北前船は江戸時代に栄えた大阪と北海道を結ぶ貿易船であり、明治30年代まで活躍いたしました。
その北前船が航海を始めてから400年。
「天下の台所」大阪の小倉屋山本と米どころ富山の日の出屋製菓が“大阪の昆布”と“富山のお米”で作り上げた「うまみせんべい」です。

◆「旨味」にこだわった出汁味
日本食の「旨い!」には不可欠である出汁。
うまみせんべいは、そんな旨い出汁をイメージしたせんべいです。
「昆布」「しろえび」「鰹節」「煮干し」「塩」等を使用し、和の香り際立つだしせんべいが誕生しました。

◆「旨」の文字が目を引く大胆なデザイン
パッケージには大きく「旨」の文字を表現し、さりげなく昆布、しろえび、北前船のイラストを散りばめました。北前船の輝かしい功績をイメージした金色のデザインとあわせて、お土産に最適なパッケージに仕上げました。

◆うまみせんべい販売店(2021年1月25日時点)
1月28日 グランドキヨスク新大阪
2月1日 アントレマルシェ新大阪中央口店
2月5日 おみやげ街道アルデ新大阪店

◆日の出屋製菓産業株式会社とは
大正13年創業。広大な田園広がる富山県南砺市を拠点とする米菓メーカー。
「類ありて比なし」の社是から、富山のお米と高品質な原料、昔ながらの伝統的な製法による他が真似できない米菓づくりを続けてきました。メイン商品のしろえびせんべいは、地元で愛される富山を代表する銘菓です。
富山県は一世帯あたりの昆布消費量が日本一の地域(総務省統計局家計調査年報より)。
昆布の加工メーカーである小倉屋山本と日の出屋製菓産業は出会うべくして出会うことになりました。


■商品ラインナップ
(1)「うまみせんべい」箱(24枚入り) 1,200円(税別)
(2)「うまみせんべい」袋(12枚入り) 600円(税別)


■「小倉屋山本」について
1957年に発刊され、ベストセラーとなった小説『暖簾』。モデルとなったのは小倉屋山本であり、著者は三代目山本 利助の実妹、山崎 豊子でした。昆布を通して描かれていたのは、一刻を惜しんで働き、懸命に暖簾を守り続けた、大阪商人の生き様そのもの。
かつて日本の商人は大阪が代表し、大阪商人は船場が代表したと言われていました。
そのため、船場商人は日本を代表する商人としての誇りを持っていたと聞きます。
商人ですから、一から十まで算盤づく。しかし暖簾を守るためには、採算を度外視してでも信義を貫くという心意気がありました。代表商品『えびすめ』は、そんな商人気質を持った先代の意地が生みだした逸品です。
このように暖簾には、先代より受け継がれてきた伝統が染み込んでいます。そして、暖簾は伝統として守るものではなく、今の暖簾をどう創り続けていくかが重要であると思うのです。小倉屋山本の味は、熟練した職人の手作業によってのみ生み出されます。これは私たちにとっての財産であり、絶対に守るべきもの。
私たちは職人であると共に商人です。時代に応じて、お客さんに喜んで買ってもらえる商売をしなければなりません。暖簾に胡坐をかいて飽きられてしまってはおしまい。
文字通り、商(あきな)いをし続けること。いつまでもくぐっていただける暖簾を掲げ続けること。
それこそが、高級真昆布を大阪庶民の味にしてきた小倉屋山本の暖簾です。


■企業概要
法人名 : 株式会社小倉屋山本
屋号 : 小倉屋山本
所在地 : 大阪市中央区南船場4丁目7番21号(オーガニックビル)
代表者 : 代表取締役社長 山本 博史
事業内容: 食品製造・販売業
店舗 : 全国28店舗
URL : 小倉屋山本公式HP
http://ogurayayamamoto.co.jp/
小倉屋山本公式オンラインショップ
https://ogurayayamamoto.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース