三菱電機と東工大、需要家の取引ニーズに応じてP2P電力取引を最適化するブロックチェーン技術を開発

プレスリリース発表元企業:Mitsubishi Electric

TOKYO, Jan 18, 2021 - ( JCN Newswire ) - 三菱電機株式会社(以下、三菱電機)と国立大学法人東京工業大学(以下、東京工業大学)は、P2P(※1)電力取引を最適化する独自のブロックチェーン(※2)技術を開発しました。余剰電力の融通量を最大化する取引など、需要家の取引ニーズに柔軟に対応可能な取引環境を提供し、余剰電力の有効活用に貢献します。

開発の特長

最適な組み合わせを探索するブロックチェーン技術により、柔軟な電力取引を実現
- 売り注文と買い注文の最適な組み合わせを探索する、計算量の少ないブロックチェーン技術の開発により、需要家の取引端末などの小型計算機でもP2P電力取引が可能
-(1)余剰電力を最大限に活用したい時は需要家(電力の売り手)の余剰電力の融通量を最大化、(2)需要家の利益を優先させたい時は需要家全体の利益を最大化するなどの売買注文の最適な組み合わせを探索することで、さまざまな取引ニーズに柔軟に対応できるP2P電力取引を実現

今後の展開

2021年4月から、開発したブロックチェーン技術を用いたP2P電力取引システムの性能評価と探索処理の改良を行い、早期実用化を目指します。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2021/0118.pdf

概要:三菱電機株式会社

詳細は http://www.mitsubishielectric.co.jp をご覧ください。

スポンサードリンク