ALCURE空気清浄機を大阪府と奈良市に寄贈しました。

プレスリリース発表元企業:株式会社 ドゥエルアソシエイツ

令和3年奈良市成人式会場に11台貸出設置しました。



               
2020 年 12 月 8 日

レッドハザードの大阪へ安心な環境を
空気清浄機を大阪府へ贈呈

株式会社ドゥエルアソシエイツ(本社:大阪府大阪市、社長:綱澤正泰)は、株式会社フジ
タカ通商(本社:奈良県大和郡山市、社長:田端隆紀)および株式会社プラス・オン(本社:
奈良県磯城郡、社長:玉井清貴)とともに、大型空気清浄機 ALCURE を大阪府に対して寄
贈、感謝状を受け取った。
この空気清浄機は、紫外線 UV-A を照射光とする新コンセプトの紫外線/光触媒ハイブリ
ッドフィルタを搭載した大空間用の空気清浄機で、窓を開放するいわゆる“換気”に近い室内
空気の清浄化が可能な新型機。
感謝状授与式では冒頭で、株式会社ドゥエルアソシエイツ綱澤正泰社長が「新しい技術で
広い範囲を空気清浄できるようになった。これからの季節閉め切ることも多い中、換気して
いるのと同じ状態を創り出すことができる。大阪府に所在する弊社として、大阪府に貢献し
たい。大阪府で働く医療従事者の皆様方のお役に立てて欲しい。」と挨拶、空気清浄機
ALCURE を贈呈。これを受け、前述三社三代表者に対し、吉村洋文大阪府知事からの感謝
状が藤井睦子大阪府健康医療部長によって授与された。
また、株式会社ドゥエルアソシエイツ顧問で大阪大学電気電子情報系招聘教授の阪部重
一や同社環境事業本部執行役員本部長瀧野浩より空気清浄機 ALCURE やデバイスの説明
を受け、藤井部長は「新型コロナウイルス感染症大阪モデルが赤信号となってしまった今、
医療現場は逼迫し、医療従事者も精いっぱいの状態。この状況下、大阪府の為に新しい技術
の新しい製品を寄贈してもらえ心より感謝、必ず活用する。」と述べた。
その後、設置場所である大阪コロナ重症センターへ移動。ここは、新型コロナウイルス感
染症の重症患者が急増した場合に備えて、大阪市住吉区の大阪急性期・総合医療センターの
敷地内に臨時の医療施設として大阪府が整備を進めてきた。2020 年 12 月 15 日からの運用を受け、昨日 12 月 7 日にマスコミ公開、吉村大阪府知事が視察したというタイミングだった。大阪コロナ重症センター内の会議室へ ALCURE を設置、株式会社フジタカ通商田端隆紀社長より、使い方や注意事項などが大阪急性期・総合医療センター担当者に対して詳しく説明された。


                 
2021年1月12日


古都奈良へ安心な環境を
空気清浄機を奈良市へ贈呈


株式会社ドゥエルアソシエイツ(本社:大阪府大阪市、社長:綱澤正泰)は、アゲイン株式会社(本社:奈良県大和郡山市、社長:黒岩俊晴)とともに、大型空気清浄機ALCUREを奈良市に対して寄贈、感謝状を受け取った。
感謝状授与式では冒頭で、アゲイン株式会社黒岩俊晴社長が「新しい技術で広い範囲を空気清浄できるようになった。これからの季節閉め切ることも多い中、換気しているのと同じ状態を創り出すことができる。そして奈良で生まれ育ち地元に何か恩返しがしたかった。我が故郷である奈良をもっと暮らしやすく幸せを感じたいと奈良で働く医療従事者の皆様方のお役に立てて欲しい。」と挨拶、空気清浄機ALCUREを贈呈。これを受け、前述二社二代表者に対し、仲川げん奈良市長からの感謝状が授与された。
また、株式会社ドゥエルアソシエイツ社長綱澤正泰や同社環境事業本部執行役員本部長瀧野浩より空気清浄機ALCUREやデバイスの説明を受け、仲川げん市長は「新型コロナウイルス感染症において対策が必要で有り、医療現場・医療従事者も精いっぱいの状態。この状況下、市民が安心、安全に暮らしていく為、奈良市の為に新しい技術の新しい製品を寄贈してもらえ心より感謝、必ず活用する。」と述べた。同市長はこの時、近く開催を予定している奈良市主催の成人式でも、この空気清浄機を活用できないかと質問され、黒岩社長もドゥエルアソシエイツと協議の上で全面的なバックアップをしたいと約束した。
その後、設置場所である市立奈良病院に製品及び特徴を説明し製品を引き渡した。ここは、新型コロナウイルス感染症の重症患者が急増した場合に備えて、今後予想される「フェーズ3」の医療体制を先取りすることにより、新型コロナウイルス感染症患者の治療体制に万全を期している。アゲイン株式会社黒岩俊晴社長より、使い方や注意事項などが私立奈良病院担当者に対して詳しく説明された。
[画像1: https://prtimes.jp/i/68661/7/resize/d68661-7-664181-0.jpg ]



令和3年奈良市成人式

令和3年1月11日 奈良市コンベンションセンターで行われた成人式会場に大型空気清浄機A240Dが11台設置され、新成人の門出を祝う環境整備の一翼を担った。

今回の空気清浄機設置は1月6日に行われた奈良市への中型空気清浄機A100C贈呈式に際し、奈良市職員の「今年の成人式をコロナ禍にあっても感染リスクをなるべく減らした環境で執り行いたい」との意向に、アゲイン株式会社(本社:奈良県大和郡山市)の代表黒岩俊晴氏が全面協力を決断、大型空気清浄機ALCURE(メーカー:株式会社ドゥエルアソシエイツ、本社:大阪市)A240Dを11台無償レンタルする事となった。仲川げん奈良市長もこの申し出には大変感謝の意を示し、北谷雅人教育長と共に奈良コンベンションセンターへの導入を決定した。
当日は午前午後の2部、それぞれ1,200名、900名の新成人の門出を祝う会場は全ての出入り口を開放。大型ファンで空気の入替を行うと共に通路に2台と会場内に9台の空気清浄機ALCURE A240Dが設置され、取り入れた外気を会場内でA240Dがフル稼働で洗浄、外へ向けたファンで排出するという環境下で新成人の感染リスクを下げていた。
午前と午後の間の時間には奈良市職員が全ての座席をアルコール消毒するなど、万全の対策が施されていた。
コロナ禍での成人式開催は他の自治体で中止や延期が決定される中、奈良市議会内でも反対意見もあったと聞き及ぶ。関係者総出で出来うる限りのリスク管理下の開催決行は、新成人及びその家族にとって大きな思い出となり、今後の大型イベント開催に大きな可能性を示す事となったはずである。
[画像2: https://prtimes.jp/i/68661/7/resize/d68661-7-649212-1.jpg ]


PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
  • Photo:GAZOO Racing 86/ BRZ Race
 

広告

ピックアップ 注目ニュース