西宮市のNPOがコロナ禍で海外に行けない高校生、大学生向けのオンライン国際交流イベントを開催します。

プレスリリース発表元企業:特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティー
西宮市のNPOがコロナ禍で海外に行けない高校生、大学生向けのオンライン国際交流イベントを開催します。


特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーでは、新型コロナウイルスの影響で海外渡航が難しくなった現状を鑑み、海外とつながり、学ぶ機会を確保するために、オンラインにて、日本の若者とミャンマーやタイの若者をつなぐ交流イベントを開催します!

特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティー(所在地:兵庫県西宮市 理事長:松本 学)は、コロナ禍においても、海外交流を通じた学びの機会を確保するために、高校生、大学生を対象に オンライン国際交流イベント『おうちde国際交流』を実施いたします。現在、参加者をホームページで募集中です。

▼おうちde国際交流
https://www.brainhumanity.or.jp/international-exchange/

■海外に行くことができない。でもオンラインでつながることはできる
「おうちde国際交流」では、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、留学や海外ワークキャンプ等の海外へ行く機会がなくなった高校生・大学生のための企画です。

<プログラム概要>
〇『おうちde国際交流』
・日時 2021年1月25日(月)、2021年1月27日(水)、2021年2月2日(火) (3日間開催)
・内容 オンラインでミャンマーやタイの同世代の若者とつながり、
    今、自分たちの身近でおこっていること、コロナ禍での過ごし方等を含めて、
    ディスカッションをおこない、交流を深めていきます。 
・場所 Zoomにて開催いたします。
・費用 5,000円


■約20年に渡る海外ワークキャンププログラムの経験
私たちは、これらの国際的課題に対して、日本の高校生や大学生などの若者達が目を向け、その視野や価値観を広げていくことが大切であると考えています。そのため、これらのプログラムの企画や運営は大学生ボランティアが中心となって主体的に行っており、同年代やさらに若い世代の高校生などに向けて、様々な情報発信を行っています。

○海外でプログラムを実施した国々(実施年度順)
・フィリピン共和国(ドゥマゲッティ市・タグビララン市・セブ市)
・アメリカ合衆国(ニューメキシコ州サンタフェ)
・インド共和国(グジャラート州カッチ県)
・タイ王国(コンケーン県ノンソンブーン)
・カンボジア王国(ポイペト)
・イラン・イスラム共和国(バム市)
・マレーシア(マレーシア領ボルネオ・サバ州)

■“旅”を通じて、多様な価値観が身につけられる機会、交流の場を届ける取組み
共催団体である、HOME Myanmarは、ミャンマー東北部のシャン州、インレー湖ニャウンシュエに拠点を構えるちょっと変わった旅行会社です。
現地の暮らしや文化に触れる旅を地元の人たちと一緒に作っています。ミャンマーという地を学びのフィールドに、スタディツアーなどの教育プログラムも企画しています。
2019年からは地産地消をテーマとしたHarvest Cafe & Dineをニャウンシュエにて運営しています。

【特定非営利活動法人ブレーンヒューマニティーについて】
所在地:〒662-0832 兵庫県西宮市甲風園1-3-12 カミヤビル3階
代表者:松本 学
電話番号:0798-63-4442
URL:https://www.brainhumanity.or.jp  

【HOME Myanmar mm Co., Ltd.について】
所在地:No.139, Kan Thar Quarter (4), Nyaung Shwe, Shan State, Myanmar.
代表者:鈴木 俊良
URL:https://home-mm.com/


 




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク