仮想通貨P2PマッチングプラットフォームBattle Choiceサービス開始。

プレスリリース発表元企業:W.L Ltd
仮想通貨P2PマッチングプラットフォームBattle Choiceサービス開始。



ブロックチェーン・テクノロジー関連事業を展開する株式会社W.L Ltd (代表取締役CEO Mark Twein、以下W.L Ltd )は、ブロックチェーン技術を活用した次世代取引サービスをリリースすることをお知らせいたします。 
 本サービスでは、仮想通貨を用いた個人間取引の一元的な自動執行を可能にしつつ、投資家の権利保全も併せて実現する基盤の提供(以下、本サービス)に向けた開発を行いました。着実に、ユーザー数を増やしつつ、引き続き世界中の個人間取引を希望するユーザーへのサービス提供を目指します。

仮想通貨を使ったP2Pマッチングサービスを米国発でリリースします。個人間取引をさらに発展させるため仮想通貨を用い世界中の人とマッチングできるようにしました。独自通貨(LoTCoin)の開発も完了しており、取引所への上場も決まっております。またオンラインカジノサイトとの提携予定になっております。これらのベースとなるプラットフォームをW.L Ltdが提供致します。

現在、ブロックチェーンという言葉はバズワードとなりました。しかしブロックチェーン技術が社会に浸透するには、まだまだインフラ設備も不十分なため、ブロックチェーン技術に関する多くのアプリケーションは社会実装できずにいます。アプリケーションの質や実現可能な数において、いずれも向上する余地があります。

そこで最初に期待されるのが個人間取引です。本サービスは、Security TokenとSmart Contractとを組み合わせ、また将来的に社会実装が見込まれる外部のProgrammable Moneyとの連携により個人間取引をプログラムベースで稼動可能にすることで、1つのプラットフォーム上で“様々な商品”を取扱います。それにより「24時間365日」「いつでも柔軟に」、「どこからでも」「専用端末が不要」で、小口のバイヤーや海外商事を含めた「誰とでも」、取引を可能としていくことを目指します。
 併せて、現行のトークン化の課題の1つである、カウンターパーティリスクを極小化できるよう、ブロックチェーン基盤に信託を組み合わせ、投資家の権利を保全できる仕組みも構築します。具体的には、現行の物品、または裏付資産に係る信託受益権の権利保有者についての原簿情報をブロックチェーン上に保持し、物品の権利の移転が生じるごとに、原簿情報が自動で更新され、法的にも権利を主張可能な状態になります。発行時に各物品に関する情報は全てプログラム化され、期中利払や償還に伴う資金の移動も自動で実行されます。物品の権利移転と同時、かつ自動で決済を行うために、本サービスは異なるブロックチェーン上のトークン同士を、第三者を介すことなく交換可能にすることを目指します。

■プラットフォームについて
BATTLE CHOICEは、当サービスオリジナルキャラクターを 個人間取引するP2Pマッチングサービスです。キャラクターを売買することによってユーザーは利益を獲得します。 当サービス自動AIによる抽選機能で簡易的な取引を可能にしました。 運営会社は、ユーザー同士のマッチング手数料を収益源として運営されています。 ユーザー同士が流動的にマッチングするように管理運営されています。
■会社概要
会社名 :W.L Ltd
代表者 :代表取締役 Mark Twin
所在地 :19325 Bollinger Rd, Cupertino, CA 95014 , USA
設立  :2017年8月4日
事業内容:ブロックチェーンを用いたソフトウェア開発・研究
資本金 :1000万円 (資本準備金も含む)
URL  :https://wlltd.info/
  
■W.L Ltdについて
ブロックチェーン技術をもとに、「新たな取引基盤」をつくりだし、取引に関わる信用や評価のあり方を改善し、個人間の経済生産活動のトラブルを解消し、太古から行われてる取引という課題の生産性向上を目指します。それがW.L Ltdです。我々、ブロックチェーンが実装された社会に向けてチーム一丸となって開発を続けてまいります。「新しい世の中を作る」。それがW.L Ltdのミッションです。

■W.L Ltdが提供しているサービスについて
バトルチョイス以外にも弊社は全世界で下記のような活動を行なっております。
・コミュニティでの交流・情報収集
オンラインコミュニティや同じ領域に興味のあるメンバーと意見を交わしたり、コラボレーションする機会があります。ブロックチェーン分野を活発にするエンジニアの夢追い場となっております。
   
・税務と法務の相談やビジネスや技術面でのサポート
ブロックチェーン関連のプロダクトを作る際に気になったことをチャットなどで弁護士や税理士に質問できる環境があります。またビジネスや技術開発についてもサポートします

・イベント
定期的に勉強会や技術に関するワークショップ、コミュニティの交流会等を開催。また、外部のコミュニティやスタジオ入居者が企画するイベントの開催も推進します。

■自社URL
https://wlltd.info/




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース