withコロナ時代の新たな働き方!“副業・兼業”人材を活用するジョブ型チーム「事業企画室」が、富士市の冷熱機器メーカーに誕生、年度内に複数名を採用予定

プレスリリース発表元企業:西山工業株式会社
withコロナ時代の新たな働き方!“副業・兼業”人材を活用するジョブ型チーム「事業企画室」が、富士市の冷熱機器メーカーに誕生、年度内に複数名を採用予定


静岡県富士市にある西山工業株式会社は、外部人材を中心に構成するジョブ型雇用による「事業企画室」を立ち上げます。これは、関東経済産業局よりパソナJOB HUBが受託した、地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業「#複活(ふくかつ)プロジェクト」参加を契機に設立。単なる業務委託や外注ではなく、部署というひとつのチームとして、副業・兼業人材と地域企業が新規事業の開発に取り組んでまいります。


冷熱機器や加熱機器等の開発・製造を手掛ける西山工業株式会社(本社:静岡県富士市、代表取締役社長:小林公一)は、2020年11月1日(日)、地域製造業としては初となる、外部人材を活用した新規部署「事業企画室」を設立。事業企画室のマネージャーも、副業・兼業人材を採用いたしました。新たな事業や商品の企画を推進するとともに、多様な人材が活躍できる企業文化・風土を醸成してまいります。

▼ 事業企画室新設についてのご案内:http://nishi.co.jp/information/bpo.html


■地方の中小企業を悩ませる人材不足の解消に向け、関東経済産業局の支援事業に参加

近年、後継者問題や経営者の高齢化などの問題を抱える中小企業が増加。特に地方ではその傾向が顕著で、多くの企業にとって、人材確保は喫緊の課題となっています。また、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、パラダイムシフトにも直面。20年後にも社会に必要とされる企業であるためには、時代をしっかりと見極めた経営戦略の再構築こそが必須と言えます。

そのような中、西山工業は、パソナグループの株式会社パソナJOB HUBが関東経済産業局より受託した、地域中小企業・小規模事業者の人材確保支援等事業「#複活(ふくかつ)プロジェクト」への参加を決定しました。

■副業・兼業人材と地域企業が、“ひとつのチーム”として結束し事業を推進

新たに立ち上げた「事業企画室」は、「#複活プロジェクト」への参加を機に誕生。地方では不足しがちな、専門的な知識やノウハウを有する人材を、外部から確保することにいたしました。単なる業務委託や外注ではなく、部署を設立した理由は、副業・兼業人材と地域企業が、ひとつのチームとして事業に取り組んでいってもらいたいという決意を表しています。

「事業企画室」が手掛けるのは、新事業・新商品の企画とマーケティングです。静岡県富士市という地方から、日本における新たなジョブ型の働き方を通して、地域活性化に向けた取り組みを牽引することをミッションに掲げています。

2020年度内の目標は、複数名の副業・兼業人材との契約。まずは営業マーケティング戦略の見直しをおこない、その後、新事業を生み出すべくプロダクトデザインを進めていきます。ワクチン開発も世界各国で進められている今、コロナ後の新時代を見据え、外部の力を大胆かつ柔軟に取り入れながら、企業の変革を目指してまいります。


【西山工業株式会社について】
本社:〒419-0205 静岡県富士市天間177-2
代表者:代表取締役社長 小林公一
設立:1960年5月
電話番号:0545-71-1340(代)
URL:http://www.nishi.co.jp
事業内容:
冷熱機器、加熱機器及びその応用製品の開発・製造
電気機器その他のプレス板金加工及び金型の設計・製作
電気機器の印刷基板の設計開発・組立加工


【一般の方向けのお問い合わせ先】
HPより、お問い合わせください。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク