ワクチン技術の市場規模は2025年には578億米ドル到達予測 2020年から2025年はCAGR6.3%で成長が推測される

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ワクチン技術:世界市場」 (BCC Research ) の販売を11月24日より開始いたしました。

ワクチン技術の市場規模は2019年の401億米ドルから2020年には426億米ドルに成長し、さらに2025年に578億米ドルに達すると予測されています。2020年から2025年のCAGRは6.3%で増加することが推測されます。

ワクチンは、病気を予防するか、既存の病気を治療するかによって、予防ワクチンと治療ワクチンに分けることができます。また、動物用ワクチンは、豚、牛、家禽、卵、魚などの食料生産動物用と犬、猫、馬のコンパニオンアニマル用、およびその他の動物種のワクチンに分類されます。

ワクチン技術のシステムは、研究開発(R&D)支出、激化する競争、市場に方向性を与える新技術などの影響を受けます。 これらの進歩、新製品の発売、ライフスタイルの変化は、将来の市場成長に影響を与えています。

市場は現在のワクチンの用途に基づいて分析されています。髄膜炎球菌・肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン、小児用ポリオ・百日咳・Hibワクチン、成人・思春期用ブースターワクチン、旅行関連およびその他の風土病用ワクチン、HPVワクチン、ロタウイルスワクチン、その他のマイナーワクチンなどに分類されています。

ワクチンメーカーとエンドユーザーの間では市場成長を詳細に調査しています。ゲノム研究センター、学術機関、政府や民間の研究所、病院の現場、製薬、診断、バイオテクノロジー企業、および医師などにとって、この研究は興味深いものとなります。


市場をリードするプレイヤーには、Abbott Laboratories、アステラス製薬、AstraZeneca、Bayer Animal Health、GlaxoSmithKline (GSK) 、Merck & Co、Johnson & Johnson、Novartis、Pfizer、 Sanofi Pasteur 、Thermo Fisher Scientific、などがあります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bc955511-global-markets-vaccine-technologies.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク