ヨネックス初の8角形断面による喰いつき 独自製法で強力なスピン性能が持続するテニスストリング 「ポリツアーレブ」2020年11月下旬より発売

プレスリリース発表元企業:ヨネックス







画像 : https://newscast.jp/attachments/usiPAjoocuddyrbapKgr.jpg


ヨネックス株式会社(代表取締役社長:林田草樹)は、8角形断面構造による喰いつきでスピンが掛かり、独自製法で性能が持続するテニスストリング「ポリツアーレブ」を2020年11月下旬より発売いたします。
展開が速い現代のテニスにおいて試合を有利に進めるためには、回転量が多く、高弾道を生み出すスピンボールが有効です。こうした流れを受け、プレーヤーからの「強力なスピンをかけたい」というご要望にお応えして、国内外で高評価を頂いているポリツアーシリーズから、弊社初の8角形断面でスピン性能に優れた「ポリツアーレブ」を開発しました。
8角形断面構造による喰いつきに加え、潤滑性の高いシリコーンオイルをストリング内部まで浸透させる弊社独自の技術「SIF製法」により、打球時にストリングが大きく動いて素早く復元する性能を維持。他社主力品との比較では、スピン量+5%※、スピード+6%※と、威力のあるスピンボールを繰り出します。
さらに、製造(紡糸)時の条件を厳密に管理することで分子配列を制御し、打球時の衝撃による性能劣化を抑制することで、高いパフォーマンスが持続します。
強力なスピンボールで試合を優位に進めたいハードヒッターのニーズにお応えするストリングです。
※弊社調べ


INNOVATION 


8角形断面と弊社独自の「SIF製法」でスピン性能向上&維持


画像 : https://newscast.jp/attachments/KpMeMPnnGzjDDdFF2ln0.jpg


引っ掛かりと喰いつきで高回転スピンを実現する8角形断面構造に加え、潤滑性の高いシリコーンオイルをストリング内部まで浸透させる弊社独自の技術「SIF製法」を採用。
ストリングの表面をシリコーンオイルで覆う一般的なコーティングは、シリコーンが剥がれると潤滑性を失うのに対して、SIF製法はシリコーンの浸透により、潤滑性を維持。打球時にストリングが大きく動いて素早く復元する性能が持続し、威力のあるスピンボールを繰り出します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ZQIkC7zGhjtWrlvEkqWu.png


製品情報


画像 : https://newscast.jp/attachments/SWzNTlCCeutR8D7g5Cxp.png


○お客様からのお問い合わせ 
ヨネックス株式会社 営業センター 03-3836-1221




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告