京阪電鉄不動産×ショウタイム24がIoTを活用した接客・販売スキームを共同開発。スマートロックを採用した「無人内見システム」を賃貸マンション・戸建住宅で本格的に導入。

プレスリリース発表元企業:京阪電鉄不動産株式会社
無人内見システム

京阪電鉄不動産株式会社(本社:大阪市中央区 代表取締役社長:道本 能久)は、IoTを活用した不動産案内システムを開発するショウタイム24株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:市川 達也)と包括業務提携を行い、住宅・事務所等へのスマートロック導入に関する商品企画及びスマートロックを活用したお客様への案内・販売方法につき、共同開発を進めています。
その一環として、社会的環境の変化とニーズを鑑み、住戸の内見を非対面で行える「無人内見システム」を開発、加えて「WEB申込」、「IT重要事項説明」まで全て非対面で行えるスキームを構築し、名古屋市内の賃貸マンションへの導入を端緒に賃貸事業への本格的な展開をスタートさせました。
さらに2020年5月には「沿線再耕」をテーマに京阪沿線都市部エリアで事業を展開している「まちなかホーム」にも導入、賃貸マンションから戸建住宅まで総合的に「無人内見システム」を拡大展開するに至りました。市街地やまちなかに点在する戸建住宅への導入は、全国的にも事例が少ない先駆的な取り組みであり、感染症拡大防止と柔軟な時間対応の両面から効果を発揮する先進的接客スキームであると自負しております。
導入以降お客様にも好評で、無人内見の活用機会が増加しており、今後「内見予約」から「契約」までを非対面で完結できる次世代の接客・販売システムの拡大を目指していきます。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233318/img_233318_1.jpg


「無人内見システム」の概要
HP上で、ご希望の物件、ご希望の時間に「内見」の予約を入れます。予約した日時に直接現地を訪問、スマートフォンに表示される開錠ボタンをタップし、物件ドアのスマートロックを開錠するといった非対面で内見できるシステム。その後、「入居の申込」から「IT重要事項説明」まで全てオンラインで手続きが可能となります。

「無人内見システム」導入の社会的背景
IoTやAI、ブロックチェーンといったテクノロジーの進化による超スマート社会(Society5.0)への変化に対応し、不動産売買においても、既存の取り組みを見直し不動産テックによる新しい価値やサービスを提供。また、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う非対面接客に対する社会的ニーズの拡大に応えるという側面から導入を目指します。

【共同事業者】ショウタイム24株式会社
■代表者 : 代表取締役社長 市川達也
■本社所在地 : 東京都港区南青山1丁目15-40
■主な事業内容 : IoTを活用した不動産管理のシステム開発
■資本金 : 3,000万円
■設立 : 2018年5月11日

京阪電鉄不動産株式会社 https://www.keihan-kiss.co.jp
■代表者 : 代表取締役社長 道本 能久
■本社所在地 : 大阪市中央区大手前1-7-31 OMM15F
■主な事業内容 :
(1)土地建物の売買、賃貸、仲介、管理
(2)土木、建築工事の設計、施工、監理および請負業務
(3)建設資材、設備機器、家具ならびに室内外装飾用品等の販売、斡旋
■資本金 : 33億9,480万円


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告