「てんしばi:na(イーナ)」はまもなく開業1周年!i:na(イーナ)にちなみ11月7日(土)からリーフ屋根をライトアップします

プレスリリース発表元企業:近鉄不動産株式会社
【リーフ屋根ライトアップ イメージ】

【リーフ屋根ライトアップ イメージ】

近鉄不動産株式会社(本社:大阪市天王寺区/取締役社長:倉橋孝壽)は、てんしばゲートエリア「てんしばi:na(イーナ)」が、2019年11月22日に開業してから1周年を迎えるにあたり、2020年11月7日(土)から「てんしばi:na(イーナ)」のシンボルであるリーフ屋根のライトアップを実施いたします。

全長約75mのリーフ屋根の縁に13個のLED投光器を設置し、「てんしばi:na(イーナ)」のロゴカラーでもある青、赤、黄、緑の4色と、それらを基調としたグラデーションの光を屋根の中央に向けて照射することで、幻想的な空間を作り出します。
また、天王寺公園エントランスエリア「てんしば」でも、昨年に引き続き、木々に取り付けられたライトが芝生エリアの外周を縁取るイルミネーションを実施し、「てんしば」、「てんしばi:na(イーナ)」の両施設が冬の天王寺公園を彩ります。

さらに、「てんしば」、「てんしばi:na(イーナ)」では、10月から開催し、ご好評いただいている「てんしば秋まつり」を11月の土・日・祝日にも延長して開催し、ふわふわ遊具やミニショベルカー体験のほか「てんしば」を1周するロンドンバスなどをお楽しみいただけます。

ぜひ、「てんしば」、「てんしばi:na(イーナ)」にお越しいただき、昼は「てんしば秋祭り」や芝生広場で遊び、夜はライトアップやイルミネーションに包まれた美しい空間をお楽しみいただくなど、天王寺公園を満喫していただければと考えています。

10月に開業5周年を迎えた「てんしば」、11月に開業1周年を迎える「てんしばi:na(イーナ)」では、新型コロナウイルス感染拡大防止に努めながら、今後も天王寺・あべのエリアの賑わい創出に貢献してまいります。
詳細については、別紙のとおりです。
https://www.atpress.ne.jp/releases/233252/att_233252_1.pdf

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/233252/img_233252_1.jpg
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/233252/img_233252_2.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告