2020-10-28 22:27:00

メアリー・ケイがウェンディ・ワンをアジア太平洋地域最高商業責任者に任命

プレスリリース発表元企業:Mary Kay Inc.
メアリー・ケイがウェンディ・ワンをアジア太平洋地域最高商業責任者に任命

世界的美容ブランドとして女性のエンパワメントを提唱する企業が、アジア太平洋事業の運営をサポートする新たな幹部職を発表

(ダラス)-(ビジネスワイヤ) -- 女性のエンパワメントと起業家精神の主要な提唱企業のメアリー・ケイは、ウェンディ・ワンを米テキサス州アディソンにある当社の世界本社のアジア太平洋地域最高商業責任者に任命することで、世界中で女性の幹部登用を推進する取り組みを強化します。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20201028005722/ja/

The appointment of Wang is the latest in Mary Kay Inc.’s decades-long commitment to empowering women to serve in leadership positions. (Photo: Mary Kay Inc.)The appointment of Wang is the latest in Mary Kay Inc.’s decades-long commitment to empowering women to serve in leadership positions. (Photo: Mary Kay Inc.)

メアリー・ケイのアジア太平洋地域プレジデントのKK・チュアは、次のように述べています。「ウェンディ・ワンをこの上級幹部職に任命したことを発表できて光栄に思います。当社がアジア太平洋地域で女性の生活を豊かにするという確固たる使命を継続する中で、アジア全域で女性の生活が豊かにすることへのその情熱と専門知識は非常に貴重になるでしょう。ワンは、世界的な戦略的ビジネス手腕と、今日の絶え間なく変化する美容業界の状況を効果的に切り抜けてきた確かな実績を持つ先見性を備えたリーダーです。女性のエンパワメントに取り組む世界的美容ブランドとして、メアリー・ケイで指導的立場に立つ女性は当社の世界中での継続的成功を後押しする原動力であると認識しています。」

最高商業責任者に就任するワンは、アジア太平洋地域の商業戦略の実施を開発・推進します。地域の指導層と協力して、全体的な企業目標の整合性を確保し、地域チームを率いてアジア太平洋の各子会社の販売、マーケティング、ビジネス技術、業務をサポートします。ワンは、2002年に企業法務部のアジア太平洋地域担当カウンセルとしてメアリー・ケイ中国に入社しました。メアリー・ケイの副社長兼アソシエート・ゼネラル・カウンセルとしての直近の役割で、ワンはメアリー・ケイのアジア太平洋、欧州、中南米、北米地域のすべての法律問題の処理を担当する法律専門家チームを率いました。加えて、ワンはメアリー・ケイの世界的な腐敗防止プログラムの継続的な開発と強化を主導し、当社の戦略的リスク管理部門の責任者を務めました。

ワンは、次のように述べています。「アジア太平洋地域の女性とその家族を継続して支援できることを非常にうれしく思います。女性の生活を豊かにすることに注力する会社で働くことは大きな特権であり、私は独立美容コンサルタントのための実行可能なビジネス機会を確実にするあらゆる努力を行う決意です。私たちは、メアリー・ケイが企業文化と使命の基礎として支持する価値観に基づいて、最高のビジネス機会を提供することに特に焦点を当てています。数十年にわたり、当社は女性が仕事と私生活の両方で潜在能力を最大限に発揮できるよう支援すべく、伝統的な障壁を克服することに努力してきました。私は、この使命を継続して果たせることを光栄に思います。」

ワンの任命は、メアリー・ケイが数十年にわたり世界中で取り組んできた女性が幹部職に就けるよう支援する活動の最新のものです。メアリー・ケイは、女性が女性のために設立した会社であり、その中核的価値はメアリー・ケイの世界と地域の従業員の性別多様性データに反映されています(2020年9月時点)。

メアリー・ケイの世界の従業員の61%が女性取締役以上の59%が女性世界の副社長以上の51%が女性メアリー・ケイの世界の経営幹部チームの50%が女性アジア太平洋地域でも、あらゆるレベルの指導層で女性が過半数を占めています。2019年8月に、キャサリン・ウェンがメアリー・ケイ中国のゼネラルマネジャーに任命され、メアリー・ケイのアジア太平洋地域のゼネラルマネジャーは100%女性になりました。地域の従業員の性別多様性データの一部は、次の通りです(2020年9月時点)。

メアリー・ケイのアジア太平洋地域の従業員の57%が女性地域の幹部職(取締役以上)の69%が女性アジア太平洋地域の市場リーダーは100%女性女性のエンパワメントの世界的な提唱企業として、また57周年を記念して、当社はアジア太平洋地域でのメアリー・ケイ・ピンク・パワー・キャンペーンの開始を発表しました。パンデミックが世界にもたらした課題を認識したこのキャンペーンは、社内の管理部門と社外のメアリー・ケイ独立美容コンサルタントにおける女性のエンパワメントとリーダーシップへの賛辞となっています。これまで以上に、女性が団結して互いに励まし、力を与え、支えて、最大の可能性に到達することが重要です。今後数カ月以内に、このキャンペーンは当社の象徴的な創業者のメアリー・ケイ・アッシュに焦点を当て、ハッシュタグ#MKPinkPowerを使用して、あらゆる背景と人生のあらゆる段階の女性リーダーのエンパワメントの物語を特集します。

メアリー・ケイについて

ガラスの天井を打ち破った女性の先駆者の一人として知られるメアリー・ケイ・アッシュは、57年前に次の3つの目標を掲げて自ら化粧品会社を起業しました。その目標とは、女性にやりがいのある機会を作ること、魅力的な製品を提供すること、世界をより良い場所にすることです。彼女の夢は、約40カ国に数百万人の独立したセールス担当者を擁する数十億ドル規模の会社へと発展しました。メアリー・ケイは、美容の背後にある科学への投資と、最先端のスキンケア、カラー化粧品、栄養補助食品、フレグランスの製造に注力しています。当社は世界中の機関との提携により女性とその家族のエンパワメントを実現し、がん研究を重点的に支援し、家庭内虐待の被害者を保護し、私たちの社会を美化し、子供たちが夢を追求するよう奨励する取り組みを行っています。メアリー・ケイ・アッシュが抱いていたビジョンは、口紅を1本ずつ売るごとに、さらに輝きを増しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20201028005722/ja/

連絡先
Mary Kay Inc. Corporate Communications
Marykay.com/newsroom
(+1) 972.687.5332 or media@mkcorp.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
 

広告

ピックアップ 注目ニュース