「2020年全国ポピュラーステージ吹奏楽フェスティバル」2020年12月19日に昭和女子大学人見記念講堂で開催!

プレスリリース発表元企業:一般社団法人 日本吹奏楽普及協会
過去吹奏楽コンクール(ご参考)

過去吹奏楽コンクール(ご参考)

過去吹奏楽コンクール(ご参考)

一般社団法人日本吹奏楽普及協会では、2020年12月19日(土)に昭和女子大学人見記念講堂において、「2020年全国ポピュラーステージ吹奏楽フェスティバル」(実行委員長:天野 正道)を開催いたします。
本フェスティバルは、これまで5回にわたり「全国ポピュラーステージ吹奏楽コンクール」を開催してきましたが、今回はコロナ禍の中での状況を鑑みて、従来の順位を付けるコンクール形式ではなく、各校の吹奏楽部の演奏の場を提供するフェスティバル形式での開催といたします。

コロナ禍の取り巻く状況により、全国の中学生・高校生が参加する吹奏楽の演奏会やコンクールの全国大会の中止が相次いでおり、クラブ活動の中で部員全員が一つになって目標に向かう大会が失われてしまい、悔しい思いで一杯だと思います。当協会が各校にヒアリングしたなかには、演奏を続ける意義を見出せなくなってしまったという人もいます。また、卒業学年の3年生は学内・学外の演奏会・コンクール等の中止により、中学生・高校生生活のなかで最後となる出場のチャンスを失い引退しています。そこで、諦めずに挑戦できる機会をつくりたいという想いで、日本吹奏楽普及協会では、安全対策を実施した上で開催することにいたしました。本フェスティバルは生徒にとって、コロナ禍にある一つの希望でもあります。

開催にあたっては、国や東京都の方針を踏まえながら、状況に応じた感染予防対策を講じて参ります。政府などから発表されているイベントガイドラインに従い、ウイルス感染予防対策はもちろんのこと、安心してご来場いただける対策を講じての開催に務めます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/232658/LL_img_232658_1.jpg
過去吹奏楽コンクール(ご参考)

<参加団体募集>
2020年全国ポピュラーステージ吹奏楽フェスティバルでは、中学校、高等学校の出演団体の募集を開始いたました。参加規程および応募方法の詳細につきましては、公式サイトをご覧ください。
●公式サイト https://www.suisougaku.or.jp/


<新型コロナウイルス感染症対策に関して>
【ご入場に関して】
・新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の事前インストール、動作確認にご協力をお願いいたします。
・ご来場の際は常時マスクをご着用いただき、入場時の消毒・体温チェック、ご来場管理シート(名前/電話番号)のご記入にご協力お願いいたします。
・2部制として、入替制で実施いたします。(予定)
・検温にて37.5度以上の発熱のある方、体調のすぐれない方、また入場条件をお守りいただけない場合(体温チェックやマスクの着用にご協力いただけないなど)は、ご入場をお断りいたします。
・万が一、マスクをお持ちでない場合は入り口受付にてお渡しいたしますのでお近くのスタッフまでお申し付けください。
※その他、当日の感染予防対策におきましては、準備が出来次第、公式ホームページに掲載致します。
※やむを得ない事情により、内容が変更になる場合がございますので予めご了承ください。


<開催概要>
イベント名: 2020年全国ポピュラーステージ吹奏楽フェスティバル
日程 : 2020年12月19日(土)
開催場所 : 昭和女子大学人見記念講堂(東京都世田谷区太子堂)
主催 : 一般社団法人日本吹奏楽普及協会
公式サイト: https://www.suisougaku.or.jp/


<一般社団法人日本吹奏楽普及協会について>
ここまで技術的な進歩を遂げた「吹奏楽」というものを更に、広く一般聴衆に浸透させ、日本の音楽文化の一つとして成熟させようと考えております。クラシック音楽の編曲や吹奏楽のオリジナル楽曲、マーチの演奏に限らず、日本音楽・ジャズ・ポップスから日本演歌までレパートリーの拡大に努め、演奏者だけでなく、聴く側にとってもより楽しめるものとなり、ひいては日本の音楽文化向上・発展の為に寄与することを目的にしております。
また、吹奏楽部を皆が憧れる「華のある部活動」にすることを目的にしています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告