第一園芸の保屋松千亜紀、新井光史ペア Flower Art Award 2020 in TOKYO MIDTOWNでグランプリを受賞!!

プレスリリース発表元企業:第一園芸株式会社






~アート・フローラル国際コンクール日本代表出場決定~

花と緑に関する事業を展開する第一園芸株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:伊藤昇、三井不動産グループ)より代表出場した保屋松(ほやまつ) 千亜紀・新井 光史ペアが9月30日から10月4日まで開催されたFlower Art Award 2020 in TOKYO MIDTOWNにてグランプリを受賞しました。



[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/1798/42439/600_422_202010222101235f9174931ca90.jpg


コロナ禍で4ヶ月の延期となった本大会のテーマは「Message to the World」。
参加者は新型コロナウイルスと対峙する世界へのメッセージを作品にのせて届けました。

保屋松・新井ペアの作品テーマは「The Rose Moon」。
「ある生産者を訪ねこのバラに出会い、月に見立ててみたいと思いました。
蕾から咲き誇り、やがて枯れていくバラの刹那を、欠けては満ちる月にうつして永遠のものに。
この作品がみなさんの記憶に残る月になりますように。」というメッセージが込められています。

美しいバラを月に見立てた作品は、秋にふさわしく、2人のメッセージを感じる仕上がりとなりました。
テーマを見事に作品として具現化し、情景が伝わる点、そして細部まで丁寧に仕上げ、花に対する思いが伝わる点がグランプリ受賞に際し高く評価されました。



[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/1798/42439/600_271_202010222101255f9174955357f.jpg


気鋭のフラワーアーティストを発見、支援しフラワーアートの才能を世界の舞台へ送り出すことを目的とした当大会のグランプリを受賞した二人は、来年7月にフランスにて開催されるアート・フローラル国際コンクールへ日本代表として参加します。今後の活躍にぜひご注目ください。


■プロフィール
・保屋松千亜紀(右)
フラワーコーディネーター。2006年に第一園芸入社以来、1万を超えるウェディングブーケを花嫁のもとに届けてきた。ウェディングを中心に幅広く活躍中。

・新井光史(左)
フラワーデザイナー。1988年に第一園芸入社以来、ウェディングやパーティ装飾の依頼のほか、様々なイベントに招致される機会も多い。



[画像3]https://user.pr-automation.jp/simg/1798/42439/200_192_202010222101275f917497c1836.jpg


■Flower Art Award 2020 in TOKYO MIDTOWN
WEB:https://faa-tokyo.com/

■第一園芸株式会社 概要
所在地:東京都品川区勝島1丁目5番21号 三井物産グローバルロジスティクス勝島20号館
代表者:代表取締役社長 伊藤昇
創業:1898年(設立1951年)
資本金:4億8千万円
株主:三井不動産株式会社(100%)
URL: https://www.daiichi-engei.jp/



関連リンク
Flower Art Award 2020 in TOKYO MIDTOWN
https://faa-tokyo.com/

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告