400Gbps 光トランシーバ製品が新たに3モデルの販売開始 10月28日から開催の光通信技術展(FOE)へ出展

プレスリリース発表元企業:株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパン
400G DR4/FR4/LR4 光トランシーバ

400G AOC

400G DAC

この度、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人である株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンでは、データセンターの高速化・広帯域化に対応するため、400Gbps 光トランシーバ製品を拡充し、新たに400G DR4(伝送距離500m)、400G FR4(伝送距離2km)、400G LR4(伝送距離10km)の3モデルを販売開始いたします。また、400G DR4を4分岐することで、各々100Gbpsで動作する4台の装置を接続することを可能にする、100G DR1 光トランシーバ製品も、あわせて販売開始いたします。また、10月28日~30日に幕張メッセで開催される光通信技術展(FOE)に出展し、光トランシーバ製品、AOC製品、DAC製品を展示いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/230877/LL_img_230877_1.jpg
400G DR4/FR4/LR4 光トランシーバ

【製品の概要】
http://www.wavesplitter.jp/index.php/services/wavesplitter-lineup


■400Gbps 光トランシーバ製品
モデル名 :WST-QD4-SR8-C
準拠標準 :QSFP-DD
伝送距離 :70m
対応ケーブル :MMF 16c
対応コネクタ :MPO-24
参考価格(外税):¥310,000

モデル名 :WST-QD4-DR4-C
準拠標準 :QSFP-DD
伝送距離 :500m
対応ケーブル :SMF 8c
対応コネクタ :MPO-12
参考価格(外税):¥430,000(新製品)

モデル名 :WST-QD4-FR4-C
準拠標準 :QSFP-DD
伝送距離 :2km
対応ケーブル :SMF 2c
対応コネクタ :LC duplex
参考価格(外税):¥871,000(新製品)

モデル名 :WST-QD4-LR4-C
準拠標準 :QSFP-DD
伝送距離 :10km
対応ケーブル :SMF 2c
対応コネクタ :LC duplex
参考価格(外税):¥980,000(新製品)


■400G DR4と組み合わせて使用できる100G DR1 光トランシーバ製品
モデル名 :WST-QS28-DR1-C
準拠標準 :QSFP28
伝送距離 :500m
対応ケーブル :SMF 2c
対応コネクタ :LC Duplex
参考価格(外税):¥125,000(新製品)


■400Gbps AOC製品(トランシーバが両端にセットされた光ファイバケーブル)
モデル名 :WS-OS4-AOCLCxx4
準拠標準 :OSFP
ケーブル長 :1m~70m
使用光ファイバ:MMF (OM4)
参考価格(外税):¥1,352,300

モデル名 :WS-QD4-AOCLCxx4
準拠標準 :QSFP-DD
ケーブル長 :1m~70m
使用光ファイバ:MMF (OM4)
参考価格(外税):¥377,000
(xxは01~70で、長さを指定します。)


■400Gbps DAC製品(トランシーバが両端にセットされた銅線ケーブル)
モデル名 :WS-QD4-DACP2-0H
準拠標準 :QSFP-DD
ケーブル長 :0.5m
使用ケーブル :32 AWG
参考価格(外税):¥28,000

モデル名 :WS-QD4-DACP2-01
準拠標準 :QSFP-DD
ケーブル長 :1.0m
使用ケーブル :32 AWG
参考価格(外税):¥32,500

モデル名 :WS-QD4-DACP2-1H
準拠標準 :QSFP-DD
ケーブル長 :1.5m
使用ケーブル :32 AWG
参考価格(外税):¥40,800

モデル名 :WS-QD4-DACP8-02
準拠標準 :QSFP-DD
ケーブル長 :2.0m
使用ケーブル :28 AWG
参考価格(外税):¥56,600

モデル名 :WS-QD4-DACP8-2H
準拠標準 :QSFP-DD
ケーブル長 :2.5m
使用ケーブル :28 AWG
参考価格(外税):¥59,800


【製品の特徴】
昨今の4K・8Kといった高解像度動画配信など、データセンターに対する高速化・広帯域化要求が高まってまいりました。そこで、データセンター・スイッチに装着するイーサネット・モジュールとして、より広帯域、かつ長距離伝送を可能にする光トランシーバ製品を求める声が強まってまいりました。そこで、最大伝送距離500mの400G DR4、2kmの400G FR4、そして10kmの400G LR4の3種類を販売開始いたします。
さらに、4台のサーバ、あるいは下層ネットワークスイッチを1つの400G DR4で収容することを可能にする、100G DR1 光トランシーバ製品も販売開始いたします。
用途に合わせてお選びいただける、各種400G製品を拡充することで、データセンター・ネットワーク帯域の400Gbps化を支援いたします。


【光通信技術展(FOE)出展】
10月28日~30日に幕張メッセで開催される「通信・放送Week 光通信技術展(FOE)」に出展し、光トランシーバ製品、AOC製品、DAC製品を展示いたします。

通信・放送Week 光通信技術展 ( https://www.foe.jp/ja-jp.html )
会期 :10月28日(水)~30日(金)
〔3日間〕 10:00 ~ 18:00(最終日は17:00まで)
会場 :幕張メッセ
当社出展ブース:光通信技術展(FOE)/小間番号64-37


【ウェーブスプリッタ・テクノロジー社について】
ウェーブスプリッタ・テクノロジー社は米国カリフォルニア州に本社を置く、データセンターや携帯通信のバックボーンネットワーク、あるいは携帯無線基地局のアクセス・ネットワークなどで使用される光イーサネットや、科学計算などで使用されるHPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)システムなどで必要不可欠となる、光通信モジュール製品を製造販売する企業です。


【株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンについて】
株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパンは、ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)の日本法人です。ウェーブスプリッタ・テクノロジー社(米国)製品の日本国内における輸入販売事業を行い、国内のお客様へ高品質で安定した、価値ある製品を提供してまいります。

会社名 : 株式会社ウェーブスプリッタ・ジャパン
所在地 : 〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-14 朝日神保町プラザ302
最高執行責任者: 櫻井 豊
URL : http://wavesplitter.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース