「ドライバーの日」に、すべてのドライバーへありがとうを伝え優しい気持ちを増やして交通事故を減らす「THANKS DRIVING」キャンペーンを開始

プレスリリース発表元企業:NPO法人日本スマートドライバー機構、物流ウィークリー
ドライバーズデータ

JAPAN SMART DRIVER

物流ウィークリー

思いやりの力で交通事故を減らすプロジェクト「JAPAN SMART DRIVER」と、物流業界専門紙「物流ウィークリー」は、10月18日(ドライバーの日)を皮切りに、11月23日(勤労感謝の日)までの約1ヶ月間、運転をしてくれる全てのドライバーにありがとうと伝えるアクションの呼びかけ運動として「THANKS DRIVING」キャンペーンをスタートいたします。


■概要
2020年、新型コロナウイルスに見舞われ誰もが変化することを余儀なくされました。そんな中、各分野で皆が変わらず生活を送れるよう、社会のために走り続けてくれたプロドライバーたちの存在が際立ちました。さらに、移動の仕方の変化も大きく、車移動を選ぶ人、再び車に乗る人も増えています。一方で、昨今の状況変化により新たな不安や悩み、イライラを感じているドライバーも少なくありません。そこで、プロドライバーから身近なお父さんお母さんまで。新時代の便利で豊かな生活を支える「あらゆるドライバーへの感謝」をテーマにキャンペーンを実施。運転をしてくれる人にありがとうと伝える機会を増やすことでドライバー達の心を和らげ、ひいてはストレスやイライラによる事故削減を目指します。
ハッシュタグキャンペーン他、様々な企業や団体と連携しアクションを発信してまいります。


■実施期間
2020年10月18日(ドライバーの日)~11月23日(勤労感謝の日)予定


■キャンペーンサイト
https://www.smartdriver.jp/project/thanks-driving/


■#Thanksdriving で感謝の気持ちや気付きを募集し1本のムービーにして発信!
プロドライバーから身近なお父さんお母さんまで。あらゆるドライバーへの「ありがとう」のメッセージやエピソード、車・運転・ドライバーにまつわるポジティブな工夫や気付きを募集します。今年の出来事を振り返りながら、社会のため誰かのために走ってくれたドライバーさん達へ少しだけ想いを馳せてみませんか?目にしたドライバーさんの心が少しでも和らぎ優しい気持ちでハンドルを握れるように、集まったメッセージでムービーを制作し発信します。(11月中旬公開予定)

<投稿方法>
・Twitter、Instagram、Facebookで#Thanksdrivingをつけメッセージやエピソードを投稿
・投稿の一部をムービーに掲載、JAPAN SMART DRIVER公式ホームページやSNSでもご紹介させていただきます

<投稿内容>
・プロドライバーから身近なお父さんお母さんまで。あらゆるドライバーへの「ありがとう」のメッセージやエピソード
・車、運転、ドライバーにまつわるコロナ禍の今だからこそ気がついた事、ネガティブになりがちな昨今の気持ちの切り替え方や工夫

例)
・楽しみにしていた荷物を置き配で届けてくれたドライバーさんありがとうございました。直接言えないから、玄関にイラスト付きで手紙を貼ってみました。気づいてくれたかな?
・外出しづらい時期、気分転換にと久しぶりにハンドルを握りドライブに連れて行ってくれたお父さん。ありがとう!


■ドライバーズデータ
<Withコロナのプロドライバーの状況や心情やストレス対策は?>
多くのドライバーの活躍が際立った一方で、トラックドライバーを中心にしたアンケートによると、新型コロナの影響によるストレスを感じた人は全体の47.4% 。業種によって影響の度合いは様々ですが、道路状況や業務内容の変化だけでなく、感染リスクの心配、不安からくる心無い一言、配慮にかけた他者の行動など心理的・人的なストレス原因が多くあげられました。(トラックドライバー求人情報サイト「ブルル」より)

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/231033/LL_img_231033_1.jpg
ドライバーズデータ

※トラックドライバー求人情報サイト「ブルル」による2020年アンケート。Date01/190名のドライバーが回答、Date02/144名のドライバーが回答、Date03/577名のドライバーが回答

感染リスクの不安、新ルールや制限に対するイライラ、配慮不足による他車・対人のストレスが多く意見として挙げられた他、物流関係では業種により急な業務内容の増減など変化が見受けられましたが、そんな中で「全て水に流そう!と洗車に励む」「綺麗な景色を見て忘れる」などドライバーならではのポジティブなストレス解消方法も寄せられました。

今後、「THANKS DRIVING」キャンペーン実施中に運転中のストレスを減らしたり、ドライブに役立つデータを随時キャンペーンサイトにて公開予定です。


■ドライバーの日について
トラック、バス、タクシーなどに乗務するすべてのプロドライバーに感謝するとともに、プロドライバーの地位向上を目指す日にと、物流業界専門紙「物流ウィークリー」を発行する株式会社物流産業新聞社が制定した記念日です。

物流業界専門紙「物流ウィークリー」: https://weekly-net.co.jp
トラックドライバー求人情報サイト「ブルル」: https://www.bruru.jp


■JAPAN SMART DRIVERについて
「思いやりを増やす。交通事故を減らす。」をスローガンに掲げる市民主体型の交通安全プロジェクトJAPAN SMART DRIVER
2007年首都高速道路の交通事故削減を目的に、放送作家/脚本家の小山薫堂が発起人となり生まれた東京スマートドライバープロジェクト。悪い運転を叱るのではなく、良い運転を褒める。というポジティブなメッセージが共感を生み、様々なコラボレーションやご当地版スマートドライバーも誕生しました。現在はNPO化し、ジャパンスマートドライバーとして首都高速道路の枠を出て、進化する技術や移動手段など時代に合わせ活動の幅を広げています。

公式ホームページ: https://www.smartdriver.jp
Instagram : @japansmartdriver2020
Facebook : @japansmartdriver
Twitter : @_smartdriver


■本件に関するお問い合わせやコラボレーションについてはコチラから
JAPAN SMART DRIVER事務局: contact@smartdriver.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告