AfterShokzの次世代型骨伝導ヘッドセット「OpenComm」のクラウドファンディング、10月22日よりスタート!本日より事前メール登録者募集開始!

プレスリリース発表元企業:フォーカルポイント株式会社

GOOD DESIGN 2020受賞!耳を傷めず、ビデオ会議にも最適な骨伝導ヘッドセットを早期予約しよう

次世代型骨伝導ヘッドセット 「OpenComm(オープンコム)」ノイズキャンセリング・ブームマイク搭載。最大使用16時間、5分の急速充電にも対応。メールアドレスの事前登録で開始日にお知らせのリマインドメールをおこないます。

OpenComm クラウドファンディング・メールアドレス事前登録
https://forms.gle/PtnmTbsmZkJEpN2k8



[画像1: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-779108-17.jpg ]

フォーカルポイント株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 恩田英樹 以下弊社)は、AfterShokz(アフターショックス)社の最新機種・骨伝導ワイヤレスヘッドセット「OpenComm(オープンコム)」について、日本国内での一般販売に先駆け、2020年10月22日(木)より「GREEN FUNDING」にてクラウドファンディングを開始いたします。

今回、登場する最新機種「AfterShokz OpenComm(オープンコム)」は、従来のフラグシップモデルAeropex(エアロペクス)をベースとしながら、高品質のノイズキャンセリング・ブームマイクを搭載し、音質、バッテリー、マイク性能など、あらゆる面で強化。骨伝導ヘッドホンならではの「耳を塞がない安心感」はそのままに「通話」に特化。まさに現代のビジネス現場にふさわしいモデルとしての登場です。

このたび、クラウドファンディングの開始予告として、事前に下記Webフォームよりアンケートにお答えいただきますと、クラウドファンディング開始時刻にメールでご案内いたします。

OpenComm クラウドファンディング・メールアドレス事前登録
https://forms.gle/PtnmTbsmZkJEpN2k8
[画像2: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-217917-4.png ]



オープンイヤーデザインだから周囲の音が聞こえる安心感。高性能骨伝導トランスデューサ搭載。AfterShokz社の従来モデルより音質を強化。
ノイズキャンセリング・ブームマイク搭載。高性能デュアルマイクでクリアな会話を実現。
最大16時間の長持ちバッテリー。5分の急速チャージで2時間使用もOK。
NFCペアリングをサポート。機器を近づけるだけでペアリングOK。
手袋をつけていても利用可能なマルチファンクションボタン。配送や工事の現場でもすぐに通話に出られます。
耳を開放しているため汗などで蒸れることなく、耳の炎症リスクがありません。
GOOD DESIGN 2020 受賞


骨伝導ヘッドホンのパイオニアにして、飽くなきイノベーションを続けるブランド、AfterShokz(アフターショックス)の卓越したオーディオ品質、性能は世代を超えるごとに大きく前進しています。

[画像3: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=36256&t=animationGifImage&f=agd-36256-123-2.gif&img_id=1602651939 ]


高性能チップ搭載。音質はさらに高品質へ
OpenCommは、Qualcomm 3024を搭載。これまでのAfterShokzブランドの骨伝導ヘッドホンのなかで、最高音質となります。とくに中音域から高音域周波数の再生クオリティを向上させ、とくに通話で大切となる人間の声が、従来機種以上にクリアとなり、聞きとりやすくなっています。


角度調節可能なブームマイク
使用者に合わせて角度調節可能なブームマイクはコンパクトでありながら、ノイズキャンセリング機能をサポートし、クリアな通話を実現。ブームマイクを使用しないときは後ろ方向に折りたたんでおけば邪魔になりません。
[画像4: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=36256&t=animationGifImage&f=agd-36256-123-4.gif&img_id=1602651939 ]


耳を塞がない骨伝導ヘッドホン
私たちが「音」として聴いているのは「空気の振動で伝わる気導音」と「骨を通して伝わる骨導音」の2種類がありますが、最終的に振動を音としてとらえるのは、内耳にある聴覚神経です。OpenCommは「骨を通して伝わる骨導音」を利用しているため、耳を塞ぎません。そのため、自動車が近づく音や駅のアナウンスを聞き逃すこともなく、ジョギングや散歩、通勤中でも安心してご利用いただけます。
[画像5: https://prtimes.jp/api/file.php?c_id=36256&t=animationGifImage&f=agd-36256-123-1.gif&img_id=1602651939 ]

より小さな振動でしっかり聴こえる
OpenCommの振動は特殊構造により、小さな振動でもしっかりと音が聞こえるように設計されています。これまでの骨伝導ヘッドホンでは装着部分の皮膚の振動が気になるというご意見をいただくこともありましたが、そんなかたにこそ、このOpenCommはお試しいただきたいヘッドセットです。
[画像6: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-415250-8.jpg ]


イヤホンによる耳のトラブルリスクを軽減
OpenCommをはじめとする骨伝導ヘッドホンは、耳の穴にイヤープラグを入れたり、ヘッドホンで耳を覆い隠すようなことはありません。従来のヘッドホン(イヤホン)を長時間使用すると、耳への違和感が残ったり、汗や汚れなどに起因し、外耳炎などのトラブルに見舞われることもありました。しかし、AfterShokzの骨伝導ヘッドホンなら、このようなトラブルリスクを大幅に軽減できるとされています。
[画像7: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-708375-9.jpg ]


ボタンはひとつ。機能はマルチ。片手で操作OK
OpenCommは、マルチファンクションボタンひとつで、通話への着信、通話の終了、リダイヤルなど、さまざまな操作に対応します。押しやすいボタン構造で、手袋をしたままでもOK。従来のAfterShokzヘッドホンと異なり、マルチファンクションボタン、音量ボタンがすべて右側に集約。片手で操作が完了するので、手を離しにくい業務中でも簡単に操作できます。
[画像8: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-995177-10.jpg ]

最大16時間の長持ちバッテリー
OpenCommは使用時間「最大16時間」を実現(音楽再生は8時間、待機時間最大14日間)。業務での通話に特化したモデルとして、オフィスワークはもちろん、テレワーク、ビデオ会議、リモート授業にも最適。ハンズフリーで会話をしたい工場、倉庫、病院、店舗、ホテル、イベント会場など、さまざまな場面で活躍できます。
[画像9: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-665525-11.png ]


5分の急速充電で最大2時間の使用OK
OpenCommは、急速充電に対応。たった5分の充電時間で最大2時間の使用時間(通話を前提とした時間、音楽再生は含みません)を確保します。

NFCペアリング対応
NFC対応デバイスなら、OpenCommを近づけるだけでペアリングに対応します。
(従来通りのBluetoothペアリングもあります)
[画像10: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-205182-12.jpg ]


着脱簡単なマグネット式充電ポート
OpenCommの充電ポートは、AfterShokz Aeropexと同じマグネット式。ケーブルを近づけるだけで自然にポートと接合します。もしも、雨や汗などでポート部分が濡れている場合は、警告音が鳴って充電異常をお知らせするため、事故を防ぐことができます。
[画像11: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-852286-13.jpg ]


柔軟性と耐久性を両立のチタニウム製
OpenCommのネックバンドは柔軟性と耐久性を兼ね備えたチタニウム製です。どんな人にもフィットし、快適な装着感でご使用いただけます。また、サングラスや帽子と一緒に装着しても邪魔になりません。
[画像12: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-779930-14.jpg ]


防塵防水性能 IP55
OpenCommはIEC規格60529にもとづくIP55等級に適合。汗や、ホコリなどにも強い耐久性を誇ります。
[画像13: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-190840-15.jpg ]


GOOD DESIGN 2020 受賞
OpenCommは、日本国内での発売に先駆け、国内外で高い評価と大きな影響力を持つGOOD DESIGN 2020を受賞いたしました。

OpenCommとAeropexの比較

[画像14: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-252292-16.png ]



メールアドレスの事前登録で開始日にお知らせのリマインドメールをおこないます。
下記URLよりアクセスし、メールアドレスの事前登録をおこなってください。

OpenComm クラウドファンディング・メールアドレス事前登録
https://forms.gle/PtnmTbsmZkJEpN2k8

AfterShokz OpenComm オフィシャルページ
https://aftershokz.jp/products/bone-conduction-headphone-opencomm


[画像15: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-125302-6.png ]

AfterShokzについて
2011年10月にアメリカ・ニューヨークで誕生。特許を取得した骨伝導技術を取り入れたヘッドホンで「すべての人が使える」をテーマに、快適なオーディオライフを創る製品を目指しています。


[画像16: https://prtimes.jp/i/36256/123/resize/d36256-123-571797-5.jpg ]

フォーカルポイントについて
フォーカルポイント株式会社は、世界中の優れた製品を取り扱う輸入商社として、平成元年(1989年)に設立されました。現在では、iPhoneをはじめとする各種スマートフォン、タブレット用のアクセサリ、Mac、PC用の周辺機器、ライフスタイル雑貨などを中心に、米国、イタリア、台湾、香港など、非常に数多くの製品の輸入卸、一般小売をしています。「世界各地の製品を通じて社会に貢献する」ことを指針として、購入後の顧客対応まで一貫してサポートしています。米国の骨伝導ヘッドホンメーカーAfterShokzの日本国内総代理店として、家電量販店、雑貨店などでの販売促進


会社概要
会社名:フォーカルポイント株式会社
所在地:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町223-1 NU関内ビル6F
代表者:恩田英樹
設 立:1989年
URL:https://www.focal.co.jp/

※ iPhone、iPad、Macは、米国およびその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
※その他本製品に記載している会社名・製品名は各社の商標または登録商標です。
※価格、仕様は予告なく変更することがあります。
※弊社製品を使用したことによるスマートフォン本体、コンピュータ本体、 その他周辺機器の破損、 損傷、 故障、 紛失などに関しましては、 弊社は一切責任を負いかねますことを予めご了承くださいますようお願いいたします。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
  • 星間物質で満たされたオリオン座の大星雲M42の内部 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース