「LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-」終演!晶(Vocal:小林太郎)from『ブラックスター -Theater Starless-』、Argonavis、土岐隼一、豊永利行、仲村宗悟がオーディエンスを魅了!

プレスリリース発表元企業:株式会社エムオン・エンタテインメント
メイン画像

Argonavis

豊永利行

株式会社エムオン・エンタテインメント(本社:東京都港区、代表取締役:中野 秀紀)は、9月26日(土)、パシフィコ横浜 国立大ホールにて「LisOeuf♪」がプロデュースするイベント「LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-」を開催いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_1.jpg

2017年の第2弾から久々の開催となった今回のイベントには、晶(Vocal:小林太郎)from『ブラックスター -Theater Starless-』、Argonavis、土岐隼一、豊永利行、仲村宗悟が登場。「LisOeuf♪ Party」初となるオンラインでの生配信も実施し、会場だけではなく多くのリスナーが本イベントへ参加した。

最初の登場は本誌でもお馴染みのArgonavis。まずは「ゴールライン」が響くと会場が青いペンライトの光に染められる。バンドの持つパワーがそのまま放たれたパフォーマンスを見せ会場の熱を上昇させると、自己紹介を挟みピアノとギターの絡み合う旋律が印象的な「星がはじまる」へ。アニメのオープニングと同じく青い輝きが揺れる会場は熱気に包まれた。ボーカル・七星 蓮を演じる伊藤昌弘が会場、そして配信で見守る観客へ「皆さん、今日は僕たちの音楽を聴いてくれて本当にありがとうございました。また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています」と告げると、ラストは煌めく音の粒子がグルーヴする「Starry Line」で締め括った。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_2.jpg

2番目に登場したのは豊永利行。真摯な言葉が真っ直ぐに届くミディアムチューン「花」を圧倒的な歌唱力で聴かせるも、軽やかでダンサブルな「光へ」で会場の空気をガラリと一変させ、ダンサーと共にドラマチックに、華麗に盛り上げる。「人がいる!嬉しいーっ!」と声をあげる豊永。「いろんなことがあるご時勢ですが、希望の想いを皆様と共有したいなと思って歌わせていただきました」と語ると、ラストの「ラクにいこうぜ!」へ。ダンサーと共に楽しさいっぱいで歌いながら軽快にクラップを誘い、すべてのオーディエンスを笑顔にした。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_3.jpg

豊永からのバトンを受け取った土岐隼一は軽やかにスイングするビートに彩られた「Party Jacker」を歌い上げて、会場、そして配信のオーディエンスを盛り上げると、「皆様がいる前でやらせていただくのは今年初めて。楽しく歌わせていただきました」と笑顔を見せる。どこか懐かしさも感じるような軽妙ハッピーチューン「Adolescence」ではクラップで会場と繋がった土岐。最後は「True Gazer」のアッパーで快活なロックンロールの熱気で観客を席捲した。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_5.jpg

会場を黒く染める『ブラックスター -Theater Starless-』からTeamWのシンガーの晶(小林太郎)が登場。銃声から幕を開ける荒々しいロックナンバー「BLACKSTAR」で観客の目の前の舞台をスターレスのステージへと変貌させれば、ラウドなヘビーロックの「雪花」では音像と対照的な艶ある歌声で会場を浸食する。「Theater Starlessのリニューアル1周年記念で、アルバムも発売したタイミングで、このイベントに出られてたくさんの人に聴いていただけて嬉しいです」と晶の歌声を担当する小林太郎。ラストは“TeamWとは”と示すようなアグレッシブで鋭いヘビーロック「Breakin’ it faster」でスターレスの熱を刻み付けた。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_4.jpg

トリを務めたのは仲村宗悟。登場するなりパシフィコ横浜がオレンジ色に染まる。アーティストとしての彼の“音楽”の名刺代わりでもあるデビューシングル「Here comes The SUN」の、軽快で颯爽としたサウンドとダイナミックな歌で会場を魅了すると、続く「カラフル」では鼓動のような力強いビートと共にパワフルなボーカルを聴かせた。曲が終わり「人がいる!人がいるよ!嬉しいねー!」と笑顔の仲村。久々に人前で歌っていることへの喜びを告げたMCに続いて披露されたのは、深い自然の中にあるグルーヴを思わせる存在感ある「Rain forecast」。雨模様のように上手くいかないときでも未来を信じて進む気持ちを力いっぱい歌い上げるナンバーのあとには「手を叩こうぜ!」と呼びかけながらラストナンバーの「ゆらゆら」へ。
作詞・作曲を仲村本人が手がけ、柔らかさと力強さとを内包する1曲。“会いたいね”というサビの言葉はきっと今日、配信で楽しんでいるファンへも投げかけられた想いであり、未来へと繋がる歌。
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_6.jpg

会場は音楽への愛と笑顔でいっぱいになり、「LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-」は幕を閉じた。
なお、今回のイベントのライブレポートが次号の「LisOeuf♪」に掲載!熱いステージの模様をライブ写真とともにたっぷりとお届けする予定なので、ぜひそちらも楽しみにしていてほしい!
PHOTOGRAPHY BY 能美潤一郎 TEXT BY えびさわなち

セットリストやライブ写真など、リスアニ!WEBでも公開中!:https://www.lisani.jp/0000155243/
“LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-”公式サイトはこちら:https://www.lisoeuf.com/party/

<「LisOeuf♪」(リスウフ)とはーー>
2016年5月にアニメ音楽誌「リスアニ!」から誕生した、女性が楽しめる新しいアニメ音楽誌「LisOeuf♪」(リスウフ)。『ディズニー ツイステッドワンダーランド』を表紙・巻頭特集に迎えた最新号「LisOeuf♪vol.18」が発売中。

●イベント情報
LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/228216/img_228216_7.jpg
2020年9月26日(土)開場16:30/開演18:00

会場
パシフィコ横浜 国立大ホール

出演者(※五十音順)
晶(Vocal:小林太郎)from『ブラックスター -Theater Starless-』/Argonavis/土岐隼一/豊永利行/仲村宗悟

【オンラインチケット】
販売期間:9月5日(土)10:00~9月27日(日)15:00まで
見逃し配信期間:9月28日(月)21:00まで
¥3,182(税抜)/¥3,500(税込)

オンラインチケットのご購入はこちら:https://stagecrowd.live/1547985089/
※ご購入や視聴に関する注意事項は受付画面でご確認ください。

【ライブチケット】
全席指定 ¥9,000(税抜)/¥9,900(税込)
※グッズ(マフラータオル)付き

お問い合わせ:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00~15:00)
主催:エムオン・エンタテインメント
企画:LisOeuf♪編集部
制作:バンダイナムコ ライブクリエイティブ

関連リンク
“LisOeuf♪ Party 2020 -AUTUMN-”公式サイト:https://www.lisoeuf.com/party/
LisOeuf♪公式サイト:https://www.lisoeuf.com/
LisOeuf♪公式Twitter:https://twitter.com/LisOeuf


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • マツダ・CX-3の特別仕様車「アーバンドレッサー」(画像:マツダ発表資料より)
  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース