DJ Fourd Nkayが初の韓国人アーティストとコラボ「Don't Wanna Come Home」新曲リリース。

プレスリリース発表元企業:株式会社ローズクリエイト
DJ Fourd Nkayが初の韓国人アーティストとコラボ「Don't Wanna Come Home」新曲リリース。


音楽やDJシーンの世界を広げたい。2020年9月25日(金)に配信開始される待望の4thシングル。

米R&BとK-Popを融合させた<anthemic>


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyNTIyNTAjNTY0NTFfZk1ybWdXQUp4TC5qcGVn.jpeg ]
10年以上アメリカで活躍してきたヒップホップDJ・DJ Fourd Nkay(ディージェイ・フォード・エヌケー)が、韓国人アーティストDayday、Baesuyongをフューチャーした新曲「Don't Wanna Come Home」をリリース。

「Don't Wanna Come Home」DJ Fourd Nkay
https://linkco.re/pv5DBDEb

YouTube
https:/www.youtube.com/hiphopandtheculture

これまで米アーティストとのコラボ中心だったが、88Risingや映画”クレイジーリッチ”の成功をうけ、世界からアジアの音楽・カルチャーに注目が集まる中、初の韓国人アーティストとのコラボとなる。

サウンドに込められた想い

DaydayはK-Popグループ「ダルメシアン(DMTN)」のメンバーで、ソロでも韓国人気ヒップホップ番組"Show Me The Money"への出演、韓国トップアーティストJay Park, Grayと共にリリースした曲"Call Me"なども話題のアーティスト。BaesuyongもDaydayのクルーでありながら、着実なリリースで今後が楽しみな若手アーティストだ。この待望の4thシングルは、ロサンゼルスでのマスタリング、インドのクリエイターによるリリックビデオなど、オンラインを活用した新時代を象徴するインターナショナルプロジェクト。日本、アジアから世界に向けてというコンセプトで、全て英語の歌詞になっており、夏の終わりの新たな恋を予感させる、甘くメロウなサウンドの<anthemic>だ。
今年DJ Fourd Nkayは楽曲リリースと合わせ、ロンドンと中国を中心とした世界ツアーも計画されていたが、新型コロナウィルスの影響で延期。だが今回の楽曲先行リリースに踏み切り、さらにYouTubeチャンネル「Hiphop And The Culture」もスタート。世界と日本の違い、音楽やDJシーンのグローバル化を促進したい、皆の世界を広げたい、という想いを発信していく。

DJ Fourd NkayのMusic Style


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyNTIyNTAjNTY0NTFfZElSQ1dNbEFvZi5qcGVn.jpeg ]

ー晩のパーティーで主要ブラックミュージックを全て網羅する。それがニューヨークスタイルだと語るDJ Fourd Nkay。彼はヒップホップのスペシャリストであると同時にレゲエ、ソカ、オールドスクール、ラテンミュージックは勿論の事、今トレンドのアフロビーツ、EDMや最新ヒットソングを織り交ぜた選曲で、どんな客層や人種でも盛り上げる。その実力は、世界中のDJの憧れである週末のニューヨーク・マンハッタンのクラブでDJをしていた経験に裏付けされている。同時にアメリカのヒップホップDJ特有の"マイクを握って自らMCをしながらDJするスタイル“においても、日本では数少ない実力を持つ一人だ。
そんな彼のニューシングルは、2020年9月25日(金)に各配信サイトからリリース。YouTubeチャンネル「Hiphop And The Culture」ではHiphopや世界の音楽事情、アメリカと日本の音楽や文化の違いなどを発信される。
DJ Fourd Nkayのサウンドや生き様が、これからの<未来>を広げてくれるだろう。

◼︎DJ Fourd Nkay
Hiphop DJ、トラックメイカーである実力派ニューヨークスタイルDJ。
2000年代中盤より渡米し、アメリカで10年以上にわたりニューヨークからマイアミ、ロサンゼルス、アトランタなど全米のクラプにてプレイ。トラックメイカーとしては"MillyRock"のヒットで知られる2Milly、大御所R&BシンガーBobbyV、そしてViceのドキュメンタリーへの出演をきっかけに、今一番勢いに乗るアジア系アメリカ人アーティストStupid Young他多数アーティストをプロデュース。2018年日本に帰国後も、ヒップホップとアフロピーツを軸に全てのジャンルを網羅したプレイを展開。Hot7(アメリカで最も人気のHiphopラジオ局)のDJがゲストで訪れるパーティーのオープンDJをしていた経験から、英語でMCをしながらDJをするスタイルを得意とする。日本ではラッパーSIMONJAPのバックDJ、プロデュー
サーも担当。新たな試みとしてYouTube チャンネル" Hiphop And The Culture"をスタート。
国内トップクラスの知識と経験から、国内の大御所DJやアーティスト達からも注目を集める存在。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NjQ1MSMyNTIyNTAjNTY0NTFfY2JpZWZhV1h1Qi5qcGVn.jpeg ]

◼︎「Don't Wanna Come Home」DJ Fourd Nkay
(フィーチャーリング・アーティストDayday、Baesuyong)
2020年9月25日(金)配信
https://linkco.re/pv5DBDEb

Official Website
http://fourdnkay.com/

YouTube
https:/www.youtube.com/hiphopandtheculture

Twitter
@fourd_nkay

Instagram 
@fourdnkay/

Facebook
https://www.facebook.com/FourdNkay

Blog
http://hiphopandtheculture.com/


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク