スマートホーム市場:グローバルな需要分析と機会の見通し2024年

プレスリリース発表元企業:Research Nester Private Limited
スマートホーム市場:グローバルな需要分析と機会の見通し2024年


Research Nester Private Limitedは調査レポート「スマートホーム市場:世界的な需要の分析及び機会展望2024年」2020年9月 21日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

スマートホームは、セキュリティの向上やその他の便利な機能などの機能により、消費者の間で人気が高まっています。また、スマートホームでは、エアコン、セキュリティシステム、冷蔵庫、ホームシアターなどの家電製品を所有者が制御でき、遠隔操作や音声操作も可能です。

市場の成長は、インターネットユーザーの増加、発展途上国における消費者の可処分所得の増加、遠隔地での家庭監視の重要性の増加など、さまざまな要因によって推進されています。省エネと低炭素排出指向のソリューションに対するニーズの高まり、スマートフォンとスマートガジェットの急速な普及、一般人口の間での安全性および利便性への関心の高まりも、市場の成長を加速させると予想されます。

グローバルスマートホーム市場は、2017年から2024年の予測期間中に15.1%の複合年間成長率(CAGR)で繁栄すると予想され、2024年末までに約1,310億米ドルの評価に達すると予想されています。

スマートホームは、インターネットに接続されたデバイスを使用して、アプライアンスとシステムのリモート監視と管理を可能にする住宅です。多くの場合、スマートフォンのスマートホームアプリでスマートデバイスを制御できるため、住宅所有者にセキュリティ、快適さ、利便性、エネルギー効率を提供します。スマートホームの利点には、安全性、アクセシビリティ、エネルギー効率、費用対効果、利便性、制御の容易さなどがあります。

レポートの主なハイライト     
・市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
 ・レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
 ・統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
 ・レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

主要企業
レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。スマートホーム市場における業界のリーダーはSiemen AG、United Technology Inc.、General Electric Company、Schneider Electric、Honeywell International Inc.、Ingersoll-rand PLC、Lutrons Electronics Co. Inc.、Samsung Electronics Co. Ltd.、Acuity Brends Inc.、ABB Ltd.、Johnson Controls Inc.などです。

市場セグメンテーション
スマートホーム市場は、照明制御別(スマートライト、リレー、昼光センサー、占有センサー、ワイヤレス照明、集中照明システム、外部照明、音声制御照明)、セキュリティとアクセス制御(ビデオ監視、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、アクセス制御、バイオメトリックアクセスコントロール、非生体認証アクセス制御、HVACコントロール、湿度および温度センサー、スマートベント)、エンターテインメントとその他のコントロール (スマートオーディオ/ビデオデバイス、スマートホームシアターシステム、その他のコントロール)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

スマートホーム市場へのCOVID-19の影響
COVID-19のパンデミックは、世界のスマートホーム産業の成長に深刻な影響を与えています。ウイルスの蔓延にもよるが、今年度の世界的な売上高は5-10%減少すると予想される。COVID-19は、中国のサプライチェーンの混乱によりスマートホームシステムの需要が減少したため、米国や中国などの主要市場に悪影響を及ぼしています。新規建設プロジェクトの数の減少と製造施設の一時的な閉鎖は、中国の市場成長を妨げているいくつかの要因です。アメリカの市場は、アメリカ大陸の他の国と比較してより高い成長を目撃することが期待されています。しかし、短期間のスマートホームシステムの限定的な採用と、中国との進行中の貿易戦争は、この地域のスマートホーム市場の成長に影響を与えると予想されます。

インターネットユーザーの増加とスマートデバイスの採用の増加
モノのインターネット(IoT)は、家庭用製品をインターネットに接続することによって得られる利点により、住宅消費者の間で人気を得ています。IoTは、データのスムーズな流れを可能にし、リアルタイムの意思決定を行うことにより、製品、ソフトウェアアルゴリズム、サービス、およびエンドユーザーを接続します。それはその効率を証明し、自動化システムの品質と一貫性を強化しました。世界中のいくつかの大規模、中規模、および小規模の企業がIoT業界に投資しています。ほとんどの企業が従来の慣行をIoTに移行しているため、照明、HVAC、セキュリティ、ヘルスケア、エンターテインメントなど、多くのアプリケーションエリアに到達することが期待されています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-403

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/
 
[調査レポートの詳細内容について]
https://www.researchnester.com/reports/smart-home-market-global-demand-analysis-opportunity-outlook-2024/403
      
電話: US  +1 646 586 9123 
電話: UK +44 203 608 5919
  Eメール  : sales@researchnester.com


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク