先端巨大症の治療市場:疾患タイプ別、治療別、投与経路別、流通チャネル別-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年

プレスリリース発表元企業:Research Nester Private Limited
先端巨大症の治療市場:疾患タイプ別、治療別、投与経路別、流通チャネル別-グローバルな需要分析と機会の見通し2028年


Research Nester Private Limitedは調査レポート「先端巨大症の治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2028年」2020年9月 17日 に発刊しました。このレポートは、2020-2028年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

先端巨大症はまれなホルモン性疾患で、体内で成長ホルモンが過剰に産生されるために発生します。脳の下垂体は成長ホルモンを分泌し、先端巨大症では下垂体は過剰量の成長ホルモンを分泌します。 それは主に中年の成人で診断される珍しい病気の一つです。先端巨大症は、ほとんどの場合非常に効果的に治療されます。

先端巨大症治療市場は、2020-2028年の予測期間中に高いCAGRを観察することが期待されています。

ホルモン性疾患の有病率の増加
ホルモン性疾患の有病率の増加は、市場の成長を牽引すると予測される主要な要因の一つです。先端巨大症に対する意識の高まりと世界的なスクリーニング率の増加は、予測期間中の市場全体の成長を後押しすると予想されます。

技術的および医学的進歩
手術の進歩と、放射線療法、薬物療法などの代替手段の開発が市場の成長に貢献しています。磁気共鳴画像法や成長ホルモン抑制試験などの医学的診断法の進歩は、先端巨大症の検査に最も選択的な手段を提供します。拮抗薬(ソマトスタチン類似体、ドーパミン作動薬、GH受容体拮抗薬)の開発などの医学的進歩は、成長ホルモンの生成を制限する天然ホルモンの合成形態です。

先端巨大症の治療市場は疾患タイプ別(異所性先端巨大症および偽先端巨大症)、治療別(投薬、放射線療法、および手術)、投与経路別(経口および非経口)、流通チャネル別(病院の薬局、小売薬局、その他)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

先端巨大症の治療市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカなど地域によって分割されます。

主要企業
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の先端巨大症の治療市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。先端巨大症の治療市場における業界のリーダーはPfizer Inc.、Chiasma Inc.、Novartis AG、Ipsen Biopharmaceuticals Inc、Wockhardt.、Troikaa Pharmaceuticals Ltd、VHB Life Sciences Limited、GlaxoSmithKline plc.、Amryt Pharma plc、Antisense Therapeutics Limitedなどです。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-2696           

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/acromegaly-treatment-market/2696
**** Research Nester Private Limited会社概要*****
https://www.researchnester.com/
      
電話: US  +1 646 586 9123 
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール  : sales@researchnester.com


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース