服薬アドヒアランスの市場規模、2023年には35億7970万米ドルに到達予測 個別化医療への需要が投資を奨励し市場を牽引

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「服薬遵守の世界市場:Covid 19パンデミック下での成長と変化」 (The Business Research Company ) の販売を9月18日より開始いたしました。

服薬アドヒアランス市場は、服薬アドヒアランスハードウェアシステムやソフトウェアアプリケーションの売上で構成されています。

服薬アドヒアランスは、医療従事者が推奨する服薬スケジュールに対して患者の注意を促し、処方された通りに服薬しているかどうかをチェックします。服薬アドヒアランスシステムは、患者の服薬行動が、タイミング、用量、頻度など服薬計画に適合しているかどうかをチェックします。このハードウェアとソフトウェアにより患者の服薬を支援し、病気の悪化や死亡例を減らし、医療費の削減につなげます。

服薬アドヒアランス市場規模

服薬アドヒアランスの市場規模は、2015年からCAGR13.4%で増加し2019年には25億2960万米ドルに達しました。しかし、COVID-19の影響により、2019年の25億2960万米ドルから、2020年には24億8230万米ドルに-1.9%のCAGRで減少すると予想されています。その後、2021年から回復に転じ、2030年には72億7740万米ドルに達すると予想されています。

この成長は、高齢者人口の急増、新興国市場の力強い経済成長、医療費の増加、医薬品使用量の増加に起因しています。また、マイナス要因としては、医療インフラの不足、医療以外のアプリやリマインダーの利用が挙げられます。

今後は、慢性疾患の有病率の増加、スマートフォンの採用の増加、パーソナライズされたヘルスケア技術への需要、医療の進歩が成長を牽引すると考えられます。また、市場の成長を妨げる要因としては、プライバシーへの懸念、在宅医療サービスの存在などが挙げられます。

服薬アドヒアランス市場の推進要因

個別化医療のヘルスケア技術に対する需要は、市場の成長に寄与すると予想されます。個別化医療では、患者の遺伝的・生物学的プロフィールを考慮した上で、治療計画や投薬を決定します。ウェアラブルデバイスやDNAシーケンシングなど、個別化医療技術で使用されるいくつかのツールは、医師が病気を早期に発見し、病気の影響を軽減するために薬を処方するのに役立ちます。GSK、Teva Pharmaceuticals、AstraZenecaなどの大手製薬会社が個別化医療の開発に投資しています。個別化医療モデルとは、服薬アドヒアランスから取得した医療記録を利用して、患者の健康状態を個別化モデルで構築し、その人に合った治療計画を提供するものです。疾患管理の改善による個別化医療への需要は、服薬アドヒアランスシステムへの投資を奨励し市場を牽引します。

服薬アドヒアランス市場の制約要因

服薬アドヒアランスシステムに関連するプライバシーの問題は、市場の成長を抑制すると予想されています。服薬遵守システムは、患者の服薬量を継続的に監視します。これらのシステムは、患者の個人的な医療記録にアクセスすることができ、プライバシーの侵害への懸念が高まっています。スマートアプリのセキュリティが侵害されると、攻撃者が偽のリマインダーを送信したり、患者の服薬量を操作したりする可能性があります。このようなセキュリティ上の懸念は市場の成長を制限する可能性があります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc951599-medication-adherence-global-market-report-30-covid.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク