臨床検査情報システム市場、COVID-19の影響で縮小するも、2023年には23億3000万米ドル規模に回復予測 ラボでの作業自動化が成長を牽引

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「LIS (臨床検査情報システム) の世界市場 - COVID-19による成長と変化:2020年~2030年」 (The Business Research Company ) の販売を9月18日より開始いたしました。

臨床検査情報システム市場は、製品と関連サービスの売上で構成されています。同システムは、データの保存、処理、追跡のための臨床検査用途の管理ソフトウェアまたはデータベースであり、ワークフローの最適化を目的に病院、検査室、医師の事務所、診療所で使用されています。

臨床検査情報システムの市場規模は、2019年の16億2000万米ドルから2020年にはCAGR-2.42%で縮小し15億8000万米ドルになると予想されています。これは主にCOVID-19の封じ込め政策に起因しています。その後、2023年にはCAGR13.8%で回復し、23億3000万米ドルに達すると予想されています。

2019年の最大市場は北米地域でした。アジア太平洋地域は急成長すると予想されています。

検査室自動化の需要が、市場の成長を牽引する主な要因となっています。多くの人が一連の検査を受けており、検査室の負担が増加しています。臨床検査室では、機能の効率を高めることで検査員の負担を減らし、医療従事者の雇用を増やしてエラーを最小限に抑えようとしています。労働統計局によると、需要を満たすために必要な臨床検査専門家1万2000人のうち、現状ではその半分しか補えていません。この結果からも、作業を容易にするために検査室の自動化が必須となります。

臨床検査情報システムの導入とメンテナンスに関連する高額な費用が、市場の成長を制限すると予想されています。臨床検査情報システムの経費は4000米ドルから10万米ドルかかり、また追加の経費として1000米ドルから5000米ドルかかると報告されています。運用経費には、ソフトウェアライセンスに関連する費用、医療関係者のトレーニング、メンテナンス、およびサービスの費用が含まれます。検査室ではソフトウェアが高コストであるため、その他の経費を抑え運用が不安定になる可能性もあります。

クラウド型の検査室情報システムが、市場のトレンドとして期待されています。臨床検査情報システムにおけるクラウドシステムは、コスト効率、優れた結果、スペースの制約を受けないなど、様々なメリットを提供しています。このように、クラウド型の検査室情報システムは、市場の牽引力となることが期待されています。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tbrc951600-laboratory-information-system-global-market-report.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース