2013-06-21 12:29:00

メディアスケープ/シグナルTVがSESとの提携を拡大

プレスリリース発表元企業:SES

フィリピンの大手DTH事業者がフィリピン諸島で50万人を超える加入者にサービスを提供

(シンガポール)- (ビジネスワイヤ) -- SES(NYSE Paris:SESG)(LuxX:SESG)は本日CommunicAsia2013(コミュニクアジア2013)において、フィリピン最大の顧客の1つであるメディアスケープとの東経108.2度にあるSES-7に関する新たな複数年・複数トランスポンダー契約を発表しました。

容量の拡大により、メディアスケープは系列直接受信(DTH)衛星テレビ局のシグナルデジタルTVを通じてフィリピンでのDTH衛星TVの提供を拡大できるようになります。シグナルデジタルTVは現在、フィリピン諸島の50万人を超える加入者に向けて、22チャンネルの高精細(HD)放送と65チャンネルの標準画質(SD)放送を提供しています。

SESアジア太平洋・中東商業事業担当上席副社長ディーパック・マサーは、次のように語っています。「SES-7はフィリピン向けの高性能衛星です。フィリピン諸島全体を包括的にカバーし、高いスループットを提供します。私たちはメディアスケープに追加容量を提供できることをうれしく思います。これは、増加する視聴者のニーズに応え、フィリピンのDTH衛星TVの分野での同社のリードを維持するために必要な容量です。」

メディアスケープの最高執行責任者(COO)兼マネジングディレクターであるアニー・ネイバル氏は、次のように語っています。「加入者数と高品質のHDコンテンツに対する需要は驚異的に伸びています。SESとの提携を拡大することで、当社はHDのラインアップを拡充して上質な番組を幅広く提供できるようになり、フィリピンのDTH衛星TVのリーダーとしての座を維持できると確信しています。」

以下のサイトでSESの情報を入手いただけます。

ツイッター:https://twitter.com/SES_Satellites

フェイスブック:https://www.facebook.com/SES.YourSatelliteCompany

ユーチューブ:http://www.youtube.com/SESVideoChannel

ブログ:http://en.ses.com/4243715/blog

画像と動画:http://www.ses.com/4245221/library

SESについて

SESは世界をリードする衛星事業者として、53基の静止衛星を運用しています。世界中の放送局、コンテンツプロバイダー、インターネットサービスプロバイダー、移動体・固定通信ネットワーク事業者、企業・政府組織に衛星通信サービスを提供しています。

SESは、放送業界において、長期にわたって継続できる業務関係、高品質のサービス、卓越さを目指して尽力しています。文化的多様性を持つチームを地域ごとに世界中に配し、顧客と密接に関わりながら業務を行うことで、衛星帯域幅やサービスに関する地域固有の要件に応えています。

SES(NYSE Paris:SESG、LuxX:SESG)は、カナダのシエルおよびメキシコのクウェッツサットに資本参加しているほか、衛星インフラの新興企業であるO3bネットワークスにも戦略的資本参加を行っています。詳細情報:www.ses.com

MediaScapeメディアスケープについて

メディアスケープは、メディアクエスト・ホールディングスのDTH衛星TV事業者です。

自社ブランドのシグナルデジタルTVを通じてフィリピン全体で50万人を超える加入者を抱える同国第1位のDTH事業者です。前払いと後払いの両方式により、87チャンネル(HDが22チャンネル、SDが65チャンネル)を放送しています。

PLDTベネフィシャル・トラスト・ファンド傘下のメディアクエスト・ホールディングスは、ラジオ、印刷物、地上波テレビなど、幅広いメディア資産に権利を有しています。メディアクエストは、フィリピンで第3位の規模の地上波ネットワークであるTV5と、24時間ニュース・スポーツ専門チャンネルのアクションTVを所有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。





連絡先
Markus Payer, SES
Market Communication & PR
Tel: +352 710 725 500
Markus.Payer@ses.com

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク