「子育て環境」に関する調査結果を発表 子どもを持つ動機となりうる支援として「子どもの教育費に対する助成」と回答した人が最も多い(38.5%)結果に

プレスリリース発表元企業:PwC Japanグループ

PwC Japanグループは、少子化対策が日本経済の持続的発展や社会の安定を図る上での重要な課題の一つであるととらえ、結婚観や家族観の変化を明らかにする「結婚観・家族観に関するアンケート」を実施しました。その中から、5月25日に「結婚観について」、7月27日に「家族観について」、8月18日に「夫婦間の役割分担について」の調査結果を公表しました。今回は、「子育て環境について」の調査結果を公表します。

調査では、全員を対象に子どもを持つ動機となりうる支援について尋ねたところ、「子どもの教育費に対する助成」と回答した人が最も多く(38.5%)、次いで多かったのは「育児手当、児童手当等子育てに対する公的助成」(33.6%)となりました。しかし、子どもがいない男性で最も多い回答は、「いずれのサービスがあっても子どもが欲しいと思わない」(22.7%)となりました。

一方、子育て支援について、「利用している・したことがある」、「知っているが利用したことはない」、「よく知らない」の3段階で同じく全員を対象に尋ねたところ、「教育費対する助成」について56.3%が「よく知らない」と回答し、40.0%が「育児手当、児童手当等子育てに対する公的助成」について「よく知らない」と回答しました。

詳しくは以下よりご参照ください。
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/marriage-and-family-views2020-04.html

関連する調査結果はこちら:
【プレスリリース】結婚観・家族観に関する調査結果を公表
https://www.pwc.com/jp/ja/press-room/marriage-and-family-views200525.html
【調査結果速報・第1弾】結婚観・家族観に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える):結婚観について
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/marriage-and-family-views2020-01.html
【調査結果速報・第2弾】結婚観・家族観に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える):家族観について
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/marriage-and-family-views2020-02.html
【調査結果速報・第3弾】夫婦間の役割分担に関するアンケート(個人の価値観から少子化の原因を考える):夫婦間の役割分担について
https://www.pwc.com/jp/ja/knowledge/thoughtleadership/marriage-and-family-views2020-03.html

プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース