さとふると岐阜県七宗町、人と野生動物の共存環境を整備する事業のため、寄付受け付けを開始

プレスリリース発表元企業:株式会社さとふる

~クラウドファンディング型ふるさと納税を活用し、2,500,000円を目標に寄付を募集~

ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、寄付金の使途に応じて事業を立ち上げ寄付を募る「さとふるクラウドファンディング」(https://www.satofull.jp/projects/top.php)にて、岐阜県七宗町の事業「【第4弾】里山を保全し野生動物の命を守る~未来のためにいま私たちにできること~」のため、2020年9月15日より寄付受け付けを開始します。



■イメージ

[画像: https://prtimes.jp/i/25119/230/resize/d25119-230-765939-1.png ]


「さとふるクラウドファンディング」は、ふるさと納税の仕組みを活用して、寄付金の使途に応じた事業を立ち上げ寄付を募る、クラウドファンディング型ふるさと納税サイトです。寄付者は「さとふるクラウドファンディング」上で具体的な寄付金の使途から寄付先を選択することができるほか、自治体への応援メッセージの投稿や集まった寄付金額を随時確認することもできます。

岐阜県七宗町は過疎・高齢化により里山が荒廃したことで、野生動物が農地へ侵入し作物を荒らすなどの被害が相次ぎ、増え過ぎた野生動物と人間の共存が課題となっています。このため、2017年から里山再生と野生動物との共存を目指し、森林の間伐や獣害防止柵の設置などに取り組んできました。
2020年も活動を継続するため、「さとふるクラウドファンディング」を通じて寄付を募集します。集まった寄付金は、これまで同様に森林の間伐や獣害防止柵設置などの森林整備のほか、林道の草刈りや清掃などの里山の景観整備にも活用されます。

■事業概要
事業名:【第4弾】里山を保全し野生動物の命を守る~未来のためにいま私たちにできること~
目標寄付額:2,500,000円
受付期間:2020年9月15日(火)~2020年12月15日(火)
URL:https://www.satofull.jp/projects/business_detail.php?crowdfunding_id=70
※ 岐阜県七宗町による本事業のクラウドファンディング型ふるさと納税の寄付募集は第4弾となります。
※ 受付期間や募集金額は、変更の可能性があります。

■岐阜県七宗町からのメッセージ
本プロジェクトは4年目となり、ご協力いただいております皆さまには、深く御礼申し上げます。今年も、昨年ご支援していただきました皆さまの御寄付をもとに、里山再生に向けて精一杯取り組んでいきます。昨年は、野生動物の餌場を確保することを目的とし、針葉樹を伐採し、獣害防止柵の設置などを行いました。今年は、昨年同様に針葉樹や広葉樹を伐採していく一方、美しい里山風景の再生にも焦点をあて、立ち寄る人々に里山の良さに触れていただけるような景観の整備にも力を入れていきたいと考えております。ご支援よろしくお願いいたします。

■株式会社さとふると株式会社CAMPFIREの取り組みについて
株式会社さとふると国内最大の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入 一真)は業務提携しており、両サイトにてふるさと納税制度を活用した自治体のクラウドファンディングプロジェクトへの寄付受け付けを行っているほか、協力して自治体へ事業の企画アドバイスや記事の制作支援を実施しています。本事業は「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」からも寄付申し込みが可能です。

株式会社さとふるは、今後もさまざまな取り組みを通じて地域の生産者や自治体に寄り添いながら、地域活性化を推進します。

■株式会社さとふるについて
株式会社さとふるは、ふるさと納税(自治体への寄付)を通して地域活性化を推進しています。「ふるさとの元気を“フル”にする、ふるさとの魅力が“フル”に集まる ふるさと応援、ふるさと納税ポータルサイト」をコンセプトに、寄付者向けに「さとふる」で寄付先の自治体やお礼品の選定、寄付の申し込み、寄付金の支払いなどができるサービスを提供しています。自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」(https://www.satofull.jp/koduchi/)を運営しています。

■株式会社CAMPFIREについて
株式会社CAMPFIREは、あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化”をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押ししております。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在(2020年9月9日時点)までに40,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ340万人以上、流通金額は300億円に達しました。1人でも・1円でも多くお金がなめらかに流通する世界を目指して、CAMPFIRE経済圏をつくってまいります。
詳細はこちら(https://camp-fire.jp/)をご覧ください。

以上

● この報道発表資料に記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
● この報道発表資料に記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース