バス車内の「密」を防ぐ、最適なダイヤ編成情報提供サービスを開始~子会社ユニ・トランドの収集データをユニリタが解析、「密」防止のための路線バス・ダイヤ編成を提案~

プレスリリース発表元企業:株式会社ユニリタ
バス車内の「密」を防ぐ、最適なダイヤ編成情報提供サービスを開始~子会社ユニ・トランドの収集データをユニリタが解析、「密」防止のための路線バス・ダイヤ編成を提案~


 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 北野裕行、以下、ユニリタ)は、子会社である株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長:高野 元、以下 ユニ・トランド)と共同で、路線バス事業者を対象に「密」になりにくい最適なダイヤ編成や路線作成のための情報提供、運行計画を提案するサービスを開始しました。



 株式会社ユニリタ(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 北野裕行、以下、ユニリタ)は、子会社である株式会社ユニ・トランド(本社:東京都港区、代表取締役社長:高野 元、以下 ユニ・トランド)と共同で、路線バス事業者を対象に「密」になりにくい最適なダイヤ編成や路線作成のための情報提供、運行計画を提案するサービスを開始しました。

 路線バスの経営において、適切なダイヤ(時刻表)の作成や路線の策定は重要です。さらに今は、コロナ禍における感染拡大予防のためにも「密」にならないよう配慮したバスのダイヤや路線の策定が求められています。このことはwithコロナの環境下、バス事業者、利用者ともに喫緊のニーズとなっています。

 現在、当社グループでは、ITによる社会課題の解決を事業方針に掲げ、「地方創生(二次交通活性化)」「一次産業(農業)活性化」などのテーマに取り組んでいます。この度提供するサービスも、ニューノーマル(新しい常態)の社会環境にあって、公共交通機関(二次交通)の抱える課題と利用者の不安解決を、ITとデータ解析の技術により支援しようとするものです。

 本サービスは、①バス車内の混雑状況(データ)のリアルタイム把握、②混雑データの解析と提案、から構成されます。まず、①バスに設置されているドライブレコーダーに記録された画像をもとに乗降者数を把握し、即時サーバへ情報を転送する(※)ことで、バス車内の混雑具合をリアルタイムにバス事業者と利用者双方向に知らせます。ドライブレコーダーからの画像解析には、(株)日立国際電気の画像解析技術を活用しており、正確性の高いデータの取得を実現します。そして、②集積した路線情報や便ごとの乗降者数データをユニリタのソサエティーデータサイエンス部が解析し、「密」になりにくい最適なダイヤ編成や路線作成のための情報提供、運行計画をバス事業者に対し提案するものです。

(※)(株)日立国際電気の画像解析技術を活用した本サービスは、同社とユニ・トランドが共同で特許出願中です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxNTAwMCMyNTI2NTMjMTUwMDBfeWN5bEl3UndnSy5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMxNTAwMCMyNTI2NTMjMTUwMDBfZGJCeVBHZlhHRC5wbmc.png ]
※本プレスリリースに記載の会社名、製品名・サービス名は商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。
 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク