体験型PDCAボードゲーム「フレスコ」~仕事のダンドリ達人~の販売開始

プレスリリース発表元企業:株式会社ヒップスターゲート



人材育成・社員研修を手がける株式会社ヒップスターゲート(代表取締役:渡邉良文、本社:東京都中央区)は、株式会社アークライト(代表取締役:福本皇祐、本社:東京都千代田区)と提携して若手社員向けに「PDCAサイクルに対する意識を醸成し、仕事のダンドリ術強化を」目的とした体験型PDCAボードゲーム「フレスコ」~仕事のダンドリ達人~を開発し、6月21日より販売を開始いたします。

1.開発背景
多くの若手社員は、自分の仕事を俯瞰して捉えることが出来ておらず、目的・目標が曖昧な中で闇雲に作業をこなしています。その結果、突発的な仕事の発生など、彼らの想定外の事態が起こると、納期が徹底できないという事態を招いてしまいます。その理由としては、彼らがそもそも仕事のダンドリを理解していないことが挙げられます。それゆえ、成果が上がらず、それに比例し社内評価は下がり、仕事へのモチベーション低下につながるといった、悪循環を生み出すこととなります。本研修は、納期の徹底をはかり確実に成果が上げられるように、業務過程のリスク回避や仕事のダンドリを決める意識を醸成するために開発されました。

2.体験型PDCAボードゲーム「フレスコ」の世界
階層別研修や社内勉強会などで、仕事のダンドリ術について習得できるボードゲームです。
受講者はフレスコ画家となり、大司教からの命令で、大聖堂の天井を飾るフレスコ画を修復します。フレスコ画家は、早起きをして顔料を購入し大聖堂のフレスコ画を完璧に修復するために、顔料を混合しなければなりません。決められた納期内に達成すべき課題が設定されており、受講者はまず計画を立て、実行を繰り返しながら課題達成に向けてポイントを積み重ねます。ライバルである他受講者の動向もあり、当初の計画どおりにゲームは進行しません。課題を達成するためには、ゲーム全体を俯瞰で見る目と適切に計画を立て直す判断力が必要となります。受講者はこのサイクルの中でPDCAに対する意識が自然と強化されていきます。

3.研修目的とねらい
■目 的/PDCAサイクルに対する意識を醸成し、仕事のダンドリ術を強化する
■ねらい/(1)PDCAサイクルの重要性と利用方法を理解する
(2)効果的なタスク管理のために、自分の仕事を俯瞰的に捉える必要性を理解する

4.研修の特長
(1)夢中で学べるボードゲームを活用した学習メソッド
(2)思考と行動の両面の強化  
■思考→自分の仕事を複眼的に捉える意識
■行動→目的達成に向けた、効率的な仕事のダンドリ

5.研修効果
(1)仕事のダンドリを体で覚え、仕事の質が高まる
(2)自分の仕事を俯瞰し、計画を立てることで、納期の徹底が図れる
(3)仕事への取り組み姿勢が変わり、周りからの信用度が変わる

6.研修(商品)スペック
■商品名 : 体験型PDCAボードゲーム「フレスコ」 ~仕事のダンドリ達人~          
■受講対象 : 若手社員(内定者~入社3年目)
■研修時間 : 8時間(9:00~17:00)
■推奨人数 : 最大20人/1グループ4人編成
■提供形態 : 講師派遣によるコンテンツの提供
■商品URL : http://www.hipstergate.jp/menu/boardgame/index.php

7.今後の展望
6月から民間企業を対象に営業を開始し、1年間で44社の導入を目指します。

【ヒップスターゲートについて】
2010年に代表取締役の渡邉良文が設立。主な事業内容は、答えのない課題に恐れず挑戦できる「実行型人材」の育成を目的とした人材育成・社員研修のコンサルティング。ビジネスゲームの開発を得意とし、「社員研修をもっと真面目に楽しむ」を提唱。

■名 称 :株式会社ヒップスターゲート (英文名称:Hipstergate inc.)
■本 社 :〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4-15-1 タカコービル3階
■代表者 :代表取締役 渡邉良文
■設 立 :2010年5月28日
■事業内容:人材育成・社員研修事業
■URL  :http://hipstergate.jp/

【お問い合わせ先】
株式会社ヒップスターゲート
担 当 :中農(なかの)・山並(やまなみ)
TEL  :03-6861-3884 FAX  :03-6861-3889
E-MAIL:ask@hipstergate.jp

リリース詳細へ
リリースプレスへ

スポンサードリンク

広告