ペットとずっと一緒にいたい、だから知っておきたい『大切なペットの防災対策』 災害時、ペットを連れた避難方法や避難場所での注意点を紹介

プレスリリース発表元企業:ユニ・チャーム株式会社
UC画像01

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、近年多発している自然災害に備えて、ペットを連れた避難方法や避難場所での注意点など、『ペットの防災』についてご紹介します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/223384/LL_img_223384_1.jpg
UC画像01
■背景
近年は自然災害が頻発しており、今年も、新型コロナウイルスの感染が収まらない中、「令和2年7月豪雨」など、数々の災害が起こっています。
災害はいつどこで発生するかわかりません。特に避難所では、ペットを飼っている人は飼っていない人への配慮、飼っていない人は飼っている人への理解が必要です。
そこで今回は、ペットを連れた避難方法や避難場所での注意点など、『ペットの防災』についてご紹介します。


■ユニ・チャーム ペットのウェブマガジン『ペットと、ずっと。』
※記事監修:平井潤子(NPO法人アナイス)
(1) ペットの防災対策
http://pet.unicharm.co.jp/web-magazine/pet-000008.html
災害が起こった時、ペットを連れて速やかに避難するために、日頃から防災意識を高めておくことが大切です。いざという時のために、今からしっかり備えておきましょう。

(2) もしも災害が起きたらどうする?
http://pet.unicharm.co.jp/web-magazine/pet-000009.html
災害時にスムーズなペット同行避難を行うために心掛けたいことを紹介します。さらなる防災力を身に着けるために、ぜひともチェックしておきましょう。

(3) 避難所での心構え
http://pet.unicharm.co.jp/web-magazine/pet-000010.html
避難所では他者との共同生活になるため、いつも以上に配慮が必要となります。動物が苦手な人だけでなく、好きな人に向けた対策など、避難所でのトラブルを減らすための工夫についてご紹介します。
※飼い主さまとペットが、ずっと一緒に健康で幸せな毎日を送るための様々なお役立ち情報を発信しています。

その他関連情報:赤ちゃん、女性、シニアもペットも 災害に備える衛生情報「マイスタイル防災」
http://www.unicharm.co.jp/csr-eco/mystylebosai/


■ウェブマガジン 『ペットと、ずっと。』を通じて貢献する「SDGs 17の目標」
ウェブマガジン 『ペットと、ずっと。』を発信することは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs:Sustainable Development Goals)で定めた17の目標のうち、「11.住み続けられるまちづくりを」に貢献するとユニ・チャームでは考えています。

ユニ・チャームは商品やサービスの提供といった事業活動を通じて、SDGsの目標達成に貢献することを目指しています。これからも事業展開を通じて、環境保護や社会課題の解決に貢献します。



■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計16,207名(2018年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売

ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス
http://www.unicharm.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース