第14回キッズデザイン賞※1「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で商品とサービスが高く評価 『ナチュラルムーニー』と『手ぶら登園』で受賞 2020年8月21日 NPO法人キッズデザイン協議会 公式サイトで発表

プレスリリース発表元企業:ユニ・チャーム株式会社
UC画像01

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、日本で唯一※2、ベビー用紙おむつ内側の表面シートにオーガニックコットンを配合した『ナチュラルムーニー』(新生児お誕生~3,000g、新生児お誕生~5,000g、Sサイズ)と、保護者の育児負担軽減につながる『手ぶら登園』(保育園向けベビー用紙おむつのサブスクリプションサービス)が、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会※3(後援:経済産業省、消費者庁、内閣府)が主催するキッズデザイン賞において「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」で評価され、第14回キッズデザイン賞※1を、受賞したことをお知らせいたします。

※1 子育て支援のための製品・空間・サービスで優れたものを選出し表彰するアワード
※2 日本国内の主要ベビー紙おむつにおいて2019年11月ユニ・チャーム調べ
※3 「キッズデザイン3つのデザインミッション」のもと、次世代を担う子供たちの健やかな成長発展につながる社会環境の創出のために、様々な企業・団体が業種を超えて集いあうNPO

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/222998/LL_img_222998_1.jpg
UC画像01

子育てをする保護者の多くは、新型コロナウイルスをきっかけに生活習慣や働き方を見直され、感染予防を意識した、新しい子育て商品やサービスを積極的に取り入れる傾向にあります。
こうした環境下において、『ナチュラルムーニー』は、お肌にやさしい素材に留まらず、赤ちゃんのおしっこによって浮かび上がるママやパパへのメッセージで、楽しみながら子育て出来る商品の提供を行っています。また、『手ぶら登園』では、保護者の買い物の頻度の減少や、各家庭と保育園間での紙おむつやお金のやり取りが不要となり、園内へのウイルスの侵入リスク軽減が期待できることから、保育園における新しい生活様式の一つと考えています。
子育て負担の軽減につながる環境整備を通じて、安心して子育てができる社会の実現や、少子化対策に貢献していきます。今後も、より一層赤ちゃんの健やかな成長を願い、子育てに携わるすべての方々に安心・信頼をお届けできるよう、更に進化を続けて参ります。


■会社概要
社名 :ユニ・チャーム株式会社
設立 :1961年2月10日
本店 :愛媛県四国中央市金生町下分182番地
本社 :東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館
社員数 :グループ合計16,207名(2018年12月)
事業内容:ベビーケア関連製品、フェミニンケア関連製品、
ヘルスケア関連製品、化粧パフ、ハウスホールド製品、
ペットケア関連製品、産業資材、食品包材等の販売


ユニ・チャーム株式会社 ホームページアドレス
http://www.unicharm.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース