2020-08-24 09:00:00

猛暑続きのコロナ禍!消費者が求める362%!「SAMURAI SLEEP」とは!?

プレスリリース発表元企業:Futonto 株式会社

オーダーメイド枕の店「まくらぼ」を運営するFutonto株式会社(東京都町田市 代表取締役社長 齊藤淨一 以下、まくらぼ)が販売している、高機能マットレス「SAMURAI SLEEP」。この夏、その販売数の増加が、都内や関東の店舗にて特に目立っている。



「SAMURAI SLEEP」とは、まくらぼが販売しているオリジナル高反発マットレスで、通気性が良い夏面と保温効果の高い冬面のリバーシブル使用ができ、シングルサイズの重さは3.8kgと軽量で取り扱いやすく、自宅のシャワーで丸洗い可能なことが特徴。値段はシングルサイズで148,000円(税抜)と、一般的なマットレスの中では高価格と言える敷寝具だ。

この夏、その「SAMURAI SLEEP」の需要が例年より高い傾向にある。
[画像1: https://prtimes.jp/i/19730/168/resize/d19730-168-524335-1.gif ]

まくらぼ南砂町SUNAMO店(東京都)では2019年7月の売上数9枚に対し、2020年7月は売上数26枚、売上前年比も288.9%と向上している。まくらぼイオンタウン守谷店(茨城県)では2019年7月の売上数8枚に対して2020年7月は売上数29枚、売上前年比362.5%と大幅に上がっている。

高価格な寝具の売上が伸びている背景には、リモートワークや外出自粛の影響により、自宅で過ごす時間が増えたことで睡眠時間が増え、睡眠や寝具に対しての意識が高くなってきてい流のではないかと考えられる。現在「SAMURAI SLEEP」は生産が追いつかず、一部店舗では2週間前後の入荷待ちとなっている。
[画像2: https://prtimes.jp/i/19730/168/resize/d19730-168-568649-0.jpg ]

コロナ禍によるお盆休みの帰省自粛が多かった今年の夏は、健康のため、快適に眠るために、本当に必要な寝具環境を見直す機会になっていると言えるのではないだろうか。

■SAMURAI SLEEP(まくらぼオンラインショップ)
https://www.makulab.jp/store/2018/01/17/samuraisleep/


■会社概要
会社名:Futonto 株式会社
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田4-18-8 武川ビル3F
代表者:齊藤淨一
設 立:2011年7月1日
まくらぼ 公式HP http://www.makulab.jp/
Futonto公式HP https://futonto.co.jp/

■お問い合わせ先
Futonto株式会社
広報部 担当:大砂  TEL:042-732-6667

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース