TBSの新型“音感”バラエティとリトルプラネットがコラボ!「オトラクション」8月29日放送決定

プレスリリース発表元企業:株式会社プレースホルダ

  遊びが学びに変わる次世代型テーマパーク「リトルプラネット」(http://litpla.com/)などの企画開発・運営を手がける株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:後藤貴史)は、TBSで8月29日(土)午後2時から放送予定の新バラエティ番組「オトラクション」とリトルプラネットのコラボレーションが決定しましたのでお知らせいたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/28192/86/resize/d28192-86-541876-1.jpg ]

 「オトラクション」は、近年アーケードゲームを席捲する“音ゲー”をアトラクション化した新感覚の音感バラエティ番組です。ミュージシャンの西川貴教さんと“お笑い第7世代”霜降り明星が初タッグでMCを務め、出演者たちがチーム対抗で、サウンド、メロディ、リズムといった「音」をテーマにしたデジタルアトラクションに挑戦します。

 リトルプラネットでは今回、タッチセンサーなどリトルプラネットのアトラクションにも使われている最新のデジタル技術を活用し、番組オリジナルの“音ゲー”アトラクションを新たに開発。挑戦者は身体と五感をフル活用しながら、次々と登場するゲームに挑戦し勝利を目指します。
 まるで“音ゲー”世界に入り込んだかのような感覚で楽しめる、新たな音感バラエティの誕生です。

■アトラクションを実際に体験!期間限定でリトルプラネットに登場
 今回のコラボレーションを記念して、番組放送当日より首都圏5か所(お台場、横浜、新三郷、大宮、松戸)の「リトルプラネット」内に、「オトラクション」オリジナルアトラクションの一部が期間限定で登場します。出演者が挑戦した新感覚アトラクションを、視聴者の方々も実際に体験することができます。
 詳細は8月20日頃にリトルプラネット公式サイトにてお知らせいたします。

アトラクションは一般のお客様向けに内容を一部変更して稼働いたします。番組内とは遊び方が若干異なりますのでご了承ください。また現在リトルプラネットでは、新型コロナウイルス感染防止のため運営方法を大幅に変更しております。詳しくはこちらのページ(https://litpla.com/news/20200718_summer/)をご覧ください。


■「オトラクション」コラボアトラクション稼働予定パーク
・「リトルプラネット ダイバーシティ東京 プラザ」
http://litpla.com/space/litpla_divercity_tokyo/

・「リトルプラネット ららぽーと横浜」
http://litpla.com/space/litpla_lalaport_yokohama/

・「リトルプラネット ららぽーと新三郷」
http://litpla.com/space/litpla_lalaport_shinmisato/

・「リトルプラネット ステラタウン大宮」
http://litpla.com/space/litpla_stellar_omiya/

・「リトルプラネット KITE MITE MATSUDO」
http://litpla.com/space/litpla_matsudo/

※ご入場は17歳以下のお子様を含むグループに限らせていただいております。18歳以上のおとなの方のみではご入場いただけませんので何卒ご了承ください。


【次世代型テーマパーク「リトルプラネット」とは】
リトルプラネットは、最新のデジタル技術を駆使して子どもたちの探究心や創造力を刺激する、全く新しいタイプのファミリー向けテーマパークです。砂遊びや紙相撲、影絵遊びといった昔ながらの遊びにテクノロジーが融合したアトラクションを通じて、子どもたちに“未来のアソビ”を提供します。現在、首都圏のほか名古屋・大阪・福岡など全国11箇所に常設パークを展開しています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/28192/86/resize/d28192-86-351735-2.jpg ]


――――――――――――――――――――――
【株式会社プレースホルダ 会社概要】
代表者 :代表取締役CEO 後藤 貴史
住所 :東京都品川区西五反田七丁目22番17号 TOCビル4階
設立 :2016年9月
事業内容 :テーマパーク事業、空間演出事業、ライセンス事業、インターネットサービス事業
URL :http://placeholder.co.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース